能登猫救出大作戦 決行中

俳優 常盤貴子さんと音楽家 朱花さんが訪問してくださいました

令和6年 能登半島地震 被災地支援プロジェクト

石川県輪島市で猫の保護活動を行う漆芸家 桐本滉平さんのご紹介で、俳優の常盤貴子さんと音楽家の朱花さんが、4月13日にペットのおうち®︎ 野々市シェルター(石川県野々市市)へ訪問してくださいました。何かお手伝いできることはないかとお声をかけてくださったそうです。

レポート ペットのおうち®︎ 編集部

猫さんたちと全力で遊び、譲渡会など運営に関わるお話も熱心に聞いてくださった常盤さんと朱花さん。当日の様子を共有いただいたのでご紹介いたします。

stories_2.jpg

左手前から朱花さん、常盤さん、こねこサポーターの皆さん

猫さんとご挨拶.jpg

猫さんとご挨拶

stories.jpg

朱花さん(左)、常盤さん(真ん中)、こねこサポーター代表角谷さん(右)

真剣に猫さんのプロフィールを読む常盤さん.jpg

真剣に猫さんのプロフィールを読む常盤さん

ウェルカムチャレンジ中の骨折していたキジトラさん、つよし(仮名)もたくさん遊んでもらいました

LINE_ALBUM_2024-4-13常盤貴子さん、朱花さん、北國新聞取材_240426_1.jpg

お二人に抱っこされて猫さんたちもリラックス

LINE_ALBUM_2024-4-13常盤貴子さん、朱花さん、北國新聞取材_240426_5.jpg

常盤さんに甘えるつよし(仮名)

こねこサポーターのスタッフさんが素敵な動画を作ってくださいました

つよし(仮名)のウェルカムチャレンジの様子はこちらから:
https://www.pet-home.jp/challenge/wc485648/

2024/4/21追記:
つよし(仮名)に里親が見つかりました!
https://www.pet-home.jp/stories/post-8973.php

常盤さん、朱花さん、こねこサポーターの皆さん.jpg

震災から時間が経った今でも、多くの猫が被災地に取り残され、過酷な環境での生活を余儀なくされています。ペットのおうち®︎ 野々市シェルターが、1頭でも多くの被災ペットを助ける拠点となればと考えております。

レポート ペットのおうち®︎ 編集部

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうち®︎ は活動に賛同いただいているサポートメンバーの皆様と
公式スポンサー各社様のサポートにより実現しております。