能登猫救出大作戦 決行中

保健福祉センター(保健所)の皆様に視察いただきました

令和6年 能登半島地震 被災地支援プロジェクト

保健福祉センター(保健所)の方々にペットのおうち®︎ 野々市シェルターを視察いただきました。

レポート ペットのおうち®︎ 編集部

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240216_1.jpg

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240214_2.jpg

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240214_3.jpg

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240214_4.jpg

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240214_5.jpg

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240214_6.jpg

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240214_7.jpg

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240214_1.jpg

LINE_ALBUM_2024213石川県獣医師会会長 宮野先生の視察_240214_8.jpg

ペットのおうち®︎ とNPO SAP(特定非営利活動法人日本動物保護取扱環境支援機構)は、野々市シェルターを運営いただいている認定特定非営利活動法人こねこサポーター の皆様と共に、継続的に石川県自治体の皆様のご指導を受けながら、法令準拠の観点からも適切な運営となるよう努力して参ります。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

被災ペット支援は皆様からお預かりしている支援金により実現しております。改めまして、皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

被災地支援はこちら:
https://www.pet-home.jp/ishikawa_noto/

レポート ペットのおうち®︎ 編集部

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうち®︎ は活動に賛同いただいているサポートメンバーの皆様と
公式スポンサー各社様のサポートにより実現しております。