能登猫救出大作戦 決行中
  • 日常
  • 2024年04月22日 | view 187
  • Ribbon Bookmark

大胆な侵入者に猫ども騒ぐ!

 昨日。もう陽が傾いた夕刻に猫どもが揃ってバタバタ騒ぎ始めるので、なにかと思って外を見ると、なんと大胆にもテラスの育苗カップのトレイにどこぞのニャンが横になっているではありませんか。

 別に死んでいるわけではなく、この日最高気温(14.8度)を記録して陽の当たる場所が心地よかったのかこの場所で昼寝を決め込んでいたようなのです。

 顔はよく見えませんが、おそらくこいつはうちの庭も縄張りにしているコードネーム「顔シロ」。

 いくら自分の縄張りにしているとしても内側から猫2匹と人間一人に睨まれているのにまったく気づく様子も気にする様子もなく昼寝続行中。

 うちの猫どももそわそわバタバタ騒ぎはすれども、威嚇して追い払おうという気配もありません。

 TV画面で動物を見ているような感覚と同じなのかしら?

 そのコードネーム・顔シロですが、昨年は夜中に2階の屋根に登ってバタバタ走り回っているところを人間に発見され、目と目があった瞬間に2階から飛び降りるという大胆不敵な行動をしたこともありましたが、性別はメス。昨年まったく同じ配色のミニ顔シロを連れていました。

 しかし、これから鉢物がどんどん外に出されて行く予定なのですが、昨年もそうだったように猫に鉢物やプランターを倒されないように何か対策をしなければいけません。

 何かいい方法ないでしょうか?

 特にマタタビの鉢をどうするか?ハンギングバスケットに仕立てるしか猫よけの方法ないかしら?

 今年はマタタビも地植えにしたかったのですけどもね。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

じぇいかん さん じぇいかん さん

じぇいかん さん

ユーザーID:214235

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる