コトシロ
コトシロ
支援待ち
里親募集928日目
千葉県
コトシロ
チャンレンジID: wc386057
NPO法人 猫の森

スキンシップはまだ苦手でも、大きな体で小さな一歩を踏み出しています。

コトシロは、2021年7月に多頭飼育崩壊現場から救い出された、ぽっちゃりでのんびりな猫です。少し怖がりですが、おもちゃで遊んだり、おやつを食べるときはそのガードが崩れ、愛らしい一面が見えます。少しずつですが成長しているコトシロをのんびり見守ってくれるおうちが見つかるまで、支援をお願いします。

コトシロの保護支援が実現できていません。

チャレンジ基金に余裕ができ次第、優先順位を考慮した上でコトシロの保護支援を開始したいと考えておりますが、現時点では予算を割り当てられておりません。

コトシロの新しいスタート

コトシロは、多頭飼育崩壊の現場から「NPO法人 猫の森」によってレスキューされました。初めましての人には少し警戒して緊張してしまいますが、人を拒絶するわけではなく、時間が経つと自ら人の側に寄って来ることもあります。スキンシップはとても苦手ですが、おもちゃが大好き。人の手からごはんやおやつも食べられるようになりました。

保護当時のコトシロ.jpg

保護当時のコトシロ。今では豪華な毛並みを取り戻しました。

おもちゃ遊びを覚えました!.jpg

おもちゃ遊びを覚えました!

猫との関わり方は少し不器用

コトシロは、少しビビりな性格です。他の猫たちにはクンクンしすぎたり少し空気が読めないところがありますが、攻撃性はなく遊びたくて鳴いて呼んだりお腹を出してアピールしたりします。また、彼はぶつぶつと独り言を言うことがあり、それも彼の魅力の一つです。

ぶつぶつお喋りすることがあります.jpg

ぶつぶつお喋りすることがあります

ぽっちゃりのんびり屋さんです.jpg

ぽっちゃりのんびり屋さんです

コトシロとのんびり暮らしませんか

コトシロは、人馴れに時間がかかるタイプですが、コトシロののんびりなペースでゆっくり関わっていくことが大切です。触られることは苦手ですが、洗濯ネットに入れて爪切りをする際に少しの時間抱っこをしたり、なでなでを練習中です。コトシロのペースでゆっくり信頼関係を築いてくれる優しい家族が見つかるまで応援しませんか?

健康上の理由、経済的な理由、災害などにより、止むを得ずペットを飼育できなくなるという事態は、誰にでも起こり得ます。その時、ペットが高齢であったり持病を持っていたら、里親はなかなか見つからず、飼い主もペットも途方に暮れることになるでしょう。

ですから、難しい状況のペットでも温かく引き受けてくださる保護団体を「みんなで支えること」。また、不遇のペットを愛情を持って迎え入れてくださるご家庭が増えるように「みんなで里親文化を育くむこと」。ペットを犠牲にすることのない、持続可能なペット文化を実現するには、これらの取り組みが欠かせません。

私たちの目標は、保護をしてくださっているNPO法人 猫の森の負担を軽減し、コトシロが必要とするケアを続けながら、コトシロに新しい家族を見つけることです。皆さまのサポートに心より感謝申し上げます。

チャレンジ運営事務局

Welcome Challenge

Powered by SAP
支援中の保護犬・猫6団体18
2023年8月からの累計寄付4,372,490
支援要請中の保護犬・保護猫14います。
支援実行にはあと2,968,800の基金積立が必要です。
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうち®︎ は活動に賛同いただいているサポートメンバーの皆様と
公式スポンサー各社様のサポートにより実現しております。