ミルク
ミルク
支援待ち
里親募集821日目
千葉県
ミルク
チャンレンジID: wc400989
NPO法人 猫の森

すぐに逃げ出していたミルクに安心できる場所を

2021年7月、多頭飼育崩壊現場から救出されたミルクは、おとなしく控えめな女の子です。初めは警戒心マックスで触ろうとするとすぐに逃げていましたが、保護主さんの愛情深さでなでなでもできるようになってきています。おとなしく目立たないためこれまでご縁のなかったミルクに、毎日優しく接してくれる家族が見つかるよう、支援をお待ちしております。

ミルクの保護支援が実現できていません。

チャレンジ基金に余裕ができ次第、優先順位を考慮した上でミルクの保護支援を開始したいと考えておりますが、現時点では予算を割り当てられておりません。

ミルクの救出と成長

ミルクは、多頭飼育崩壊現場から保護されました。当初はケージの1番下のスペースに一人でいることが多かったのですが、今ではおもちゃで誘うと元気よく遊び、人の手からおやつを食べられるようになりました。ミルクのペースで徐々に人との距離を縮めています。

保護当初のミルク.jpg

保護当初のミルク

人馴れ訓練中かつ、おとなしく控えめな性格で目立たないタイプなので、里親が見つかりづらいのかも...と保護主さん。.jpg

人馴れ訓練中かつ、おとなしく控えめな性格で目立たないタイプなので、里親が見つかりづらいのかも...と保護主さん。

ミルクの個性

ミルクは猫じゃらしで遊ぶ際にも走り回らず、目の前で激しく振り回してもらうのが好きです。人に対してはまだ警戒心はありますが、ビクビクしながらも我慢してなでなでさせてくれるようになりました。なでられているときにガブガブ甘噛みをしますが、これもミルクの個性と言えるでしょう。

普段はおとなしいミルクですが、猫じゃらしで誘うとこの表情!目の前でぶんぶん振り回してもらうのがお好みです.jpg

普段はおとなしいミルクですが、猫じゃらしで誘うとこの表情!目の前でぶんぶん振り回してもらうのがお好みです

ナデナデは練習中。触ろうとすると一目散に逃げていたのに、最近はじっと待ってくれるようになりました.jpg

なでなでは練習中。触ろうとすると一目散に逃げていたのに、最近はじっと待ってくれるようになりました

穏やかで安心できるおうちを

ミルクは、まだ人の行動に怖がる様子があるので、賑やかなおうちよりも、静かな環境が合っています。毎日優しく接してくれる家族を希望しています。またフードの選り好みがあるので、食にも気を配りつつ、ミルクが安心して過ごせるような環境を整えてあげることが大切です。

フードの選り好みがあるミルク。食が進まない時にはウェットフードを追加するなど、保護主さんが工夫してくれています.jpg

フードの選り好みがあるミルク。食が進まない時にはウェットフードを追加するなど、保護主さんが工夫してくれています

健康上の理由、経済的な理由、災害などにより、止むを得ずペットを飼育できなくなるという事態は、誰にでも起こり得ます。その時、ペットが高齢であったり持病を持っていたら、里親はなかなか見つからず、飼い主もペットも途方に暮れることになるでしょう。

ですから、難しい状況のペットでも温かく引き受けてくださる保護団体を「みんなで支えること」。また、不遇のペットを愛情を持って迎え入れてくださるご家庭が増えるように「みんなで里親文化を育くむこと」。ペットを犠牲にすることのない、持続可能なペット文化を実現するには、これらの取り組みが欠かせません。

私たちの目標は、保護をしてくださっているNPO法人 猫の森の負担を軽減し、ミルクが必要とするケアを続けながら、ミルクに新しい家族を見つけることです。皆さまのサポートに心より感謝申し上げます。

チャレンジ運営事務局

Welcome Challenge

Powered by SAP
支援中の保護犬・猫6団体18
2023年8月からの累計寄付4,353,490
支援要請中の保護犬・保護猫13います。
支援実行にはあと1,798,800の基金積立が必要です。
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうち®︎ は活動に賛同いただいているサポートメンバーの皆様と
公式スポンサー各社様のサポートにより実現しております。