能登猫救出大作戦 決行中

被災猫 須曽のサバ白さん、目の手術について経過報告です。

「こねこサポーター」より、経過報告およびお写真を共有いただきました。

保護当初の診断では、須曽のサバ白さんは角膜潰瘍を患い、眼球の摘出手術が必要とされていました。しかし、現在は目薬にて目の状態が安定しているので、今後は眼圧を測定しながら経過観察することになったそうです。

レポート ペットのおうち®︎ 編集部

32495_0.jpg

人が大好きで性格のいい須曽のサバ白さんに新しい家族が見つかるまで、引き続き応援をよろしくお願いいたします。

須曽のサバ白さんのチャレンジ
https://www.pet-home.jp/challenge/wc485657/

Welcome Challenge マロ こまめ さんご コウタ シンバ将軍
Powered by SAP

健康上の理由、経済的な理由により、止むを得ずペットを飼育できなくなるという事態は、誰にでも起こり得ます。その時、ペットが高齢であったり、病を持っていたら、里親はなかなか見つからず、飼い主もペットも途方に暮れることになります。

ですから、持続可能なペット文化を実現するには、難しい状況のペットでも温かく引き受けてくださる保護団体を「みんなで支える」仕組みが必要です。

ペットのおうち®はウェルカムチャレンジを通じてこれを実現し、保護団体の負担を軽減しながら、保護犬・保護猫たちが早期に新しい家族を見つけることができるよう、皆様からお預かりした寄付金を、物資支援、医療費支援などにより保護犬・保護猫たちに直接お届けしています。

レポート ペットのおうち®︎ 編集部

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうち®︎ は活動に賛同いただいているサポートメンバーの皆様と
公式スポンサー各社様のサポートにより実現しております。