能登猫救出大作戦 決行中
シンバ将軍
シンバ将軍
チャレンジ中
里親募集508日目
宮城県
シンバ将軍
チャンレンジID: wc444520
ボランティア ねこ活

シニア、原因不明の眼振、首の傾きという困難を上回る個性。

シンバ将軍は、2022年10月に宮城県岩沼保健所から救出されたシニアの猫です。年齢、原因不明の眼振と首の傾きがあることから長らく里親が見つかっていないシンバ将軍ですが、お顔立ちも性格もなんだか独特。日課のナンパ、ごはんを慎重に選ぶ様子、なぜかこっそり隠れて寝る癖…マイルールに則ってマイペースに過ごす彼の姿は、保護主さんをほっこりさせています。シンバ将軍の日々の生活を支援し、彼の幸せな未来を共に築くためにご支援をお願いします。

シンバ将軍の支援に参加しませんか?

シンバ将軍への支援は、チャレンジ基金への寄付により実現しております。改めまして、皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

眼振のあるシンバ将軍、ナンパが日課

シンバ将軍は、不安になると眼振がひどくなるという特徴がありますが、保護されてからは徐々に落ち着いてきました。原因不明の症状で現状治療等できることはないので、過度な通院は必要ありません。シンバ将軍は猫が好きで特に女の子に優しく接し、毎日数回鳴きながらナンパして歩いています。

保護時のシンバ将軍。当時は保護主さんが見つめると不安や緊張からくる眼振がひどかったそうです.jpg

保護時のシンバ将軍。当時は保護主さんが見つめると不安や緊張からくる眼振がひどかったそうです

原因不明の眼振、首の傾きがあるせいか、なかなか里親希望がありません.jpg

原因不明の眼振、首の傾きがあるせいか、なかなか里親希望がありません

特にシニアの女の子が大好きだそうで....jpg

特にシニアの女の子が大好きだそうで...

ユニークなシンバ将軍の日常

濃いグレーの毛並みに白い毛根が特徴のシンバ将軍は、その特徴的な顔立ちだけでなく、ユニークな性格でも愛されています。食べるものは慎重に慎重に選び、女の子をナンパして歩き、よく隠れて寝ているそう。シンバ将軍にしか分からない独自のルールで、マイペースにゆったりとした時間を過ごしています。

隠れて寝ているところをこっそり撮らせてもらいました.jpg

隠れて寝ているところをこっそり撮らせてもらいました

新しいお家でものびのびと

シンバ将軍の生活には、リラックスできる環境が必要です。自分のペースで日々を過ごし、特に好きな女の子の猫との穏やかな時間を楽しんでいます。シンバ将軍にとっての小さな幸せを大切にし、安心して生活できる場所を見つけることがシンバ将軍の幸せに繋がります。どうか、温かいサポートをお願いします。

おすそ分けプロジェクト」を通じて
シンバ将軍を支援してくださっている
ペットのおうち®︎ 公式スポンサーからの応援メッセージ

シニアでも、まだまだナンパができるくらい元気なシンバ将軍。眼振や首の傾きはありますが、現在は落ち着いているとのこと。シンバ将軍が穏やかに過ごせるご家族と出会えますように。
PS保険 山本
宮城県岩沼保健所から救出されたユニークな毛色と顔立ちのシンバくん。保護直後に見られた眼振は穏やかな時間を過ごすと共に落ち着いてきたそう。シニアということで、なかなかご縁が見つからないようですが、ナンパが日課?!なシンバくんは、まだまだ元気ですね♪素敵なご縁がありますように!
PS保険 山本
ピュリナ 太期

健康上の理由、経済的な理由、災害などにより、止むを得ずペットを飼育できなくなるという事態は、誰にでも起こり得ます。その時、ペットが高齢であったり持病を持っていたら、里親はなかなか見つからず、飼い主もペットも途方に暮れることになるでしょう。

ですから、難しい状況のペットでも温かく引き受けてくださる保護団体を「みんなで支えること」。また、不遇のペットを愛情を持って迎え入れてくださるご家庭が増えるように「みんなで里親文化を育くむこと」。ペットを犠牲にすることのない、持続可能なペット文化を実現するには、これらの取り組みが欠かせません。

私たちの目標は、保護をしてくださっているボランティア ねこ活の負担を軽減し、シンバ将軍が必要とするケアを続けながら、シンバ将軍に新しい家族を見つけることです。皆さまのサポートに心より感謝申し上げます。

チャレンジ運営事務局

Welcome Challenge

Powered by SAP
支援中の保護犬・猫9団体20
2023年8月からの累計寄付5,349,391
支援要請中の保護犬・保護猫12います。
支援実行にはあと712,800の基金積立が必要です。
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうち®︎ は活動に賛同いただいているサポートメンバーの皆様と
公式スポンサー各社様のサポートにより実現しております。