能登猫救出大作戦 決行中
  • 病気・怪我
  • 2024年05月14日 | view 13
  • Ribbon Bookmark

【凪君】と【ちゃたん君】の投薬と今後の予定

いつも応援ありがとうございます。

ご報告が頻繁になりお忙しい方には申し訳ありません。

 

昨日、【凪君】【ちゃたん君】の投薬をいただきに、また今後について動物病院に相談してきました。

 

【凪君】ですが引き続きステロイドを継続になります。

何度もお伝えはしていますが今はアレルギーの可能性を排除するたもアレルギー改善する目的の療法食を与えています。

アレルギーかはまだ確定ではないですがやはり何かには反応はあるなと思っています。

今のところ米、ツナ(赤身)が怪しいかなと思っています。

今月末にはまた新たなアレルギー対応療法食に変更する予定です。

あと4か月半の間に2、3種類試す予定です。

アレルギーの可能性が少ない、又は可能性がない。場合は次は免疫異常を疑い別の投薬にする予定です。

 

【ちゃたん君】ですが目の上の腫瘍の腫れはそのままですが浸潤液はなくなりました。

投薬は1種類に減数です。

ただ投薬に関してですが飲める時と飲めない時があるのでやはり手術ができないかと相談してきました。

写真をとっていただき外科の先生と話合ってくれるということで次回の病院のときには見通しが明らかになるのかなと思っています。

 

まだ里親募集を諦めて自身で迎えるか、いつになるか分からないですが手術ができる時に手術をして新しい飼い主さんに繋ぐかを悩んでます。

 

今ではないものの手術のできる可能性があるのでそこを諦めたくない気持ちもあります。

きっと新しい飼い主に繋ぐことが【ちゃたん】の幸せにつながるだろう。そんな気持ちが拭えません。

 

もうしばらく悩みます。

どうぞよろしくお願いいたします。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

ボランティア ねこ活(保護活動者) ボランティアねこ活(保護活動者)

ボランティア ねこ活

ユーザーID:942504

保護活動者(非法人)・宮城県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる