能登猫救出大作戦 決行中
  • 日常
  • 2024年05月24日 | view 667
  • Ribbon Bookmark

おうち記念日


「ゆづ樹は甘えになったなぁ〜」とパパッチの目尻は下がりっぱなしです。


8歳を越えて赤ちゃん帰りなのか、赤ちゃんの頃もツンデレさんだったから、初めて甘えることを覚えたのか、ゆっちゃんがどんどん可愛くなっていきます。



我が家にやってきてちょうど丸々8年、暑い5月の日でした。


出会いの場となった動物病院で待っていた時、ケージを持った保護主ご夫妻が現れたその瞬間のことは、今でもはっきり覚えています。



我が家にやってきても、しばらくは全く慣れてくれなく、逃げ回ってばかりのゆっちでしたが、今ではパパのお腹や足の上で一晩中寝るほどに。

嬉しい悲鳴のパパさんですが、コタが居ても、つゆが居ても、先住さんのゆづ樹を大切に思ってくれる




「ペットのおうち」での出会いに感謝の日


そしていつも一緒に遊んでくれる「ペットのおうち」のお友達に感謝の日



これからも、つゆ吉ともども、どうzよろしくお願いいたしm

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

ニャンルーチー さん ニャンルーチー さん

ニャンルーチー さん

ユーザーID:324810

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

  • つゆ吉 つゆ吉

    つゆ吉 ♂

    その他の雑種

    0ニャンルーチーさん

  • ゆづ樹 ゆづ樹

    ゆづ樹 ♀

    その他の雑種

    0ニャンルーチーさん

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる