• 日常
  • 2023年08月04日 | view 274
  • Ribbon Bookmark

レオのその後とか


1年って早いもんですね:( ;´꒳`;)

先月の話しですが...7月23日で吉田さん保護から6年目

相変わらず チャラ男は健在で

ニャンコ大好きで過剰に反応するコタでさえ…
吉田さんのカマチョにドン引き状態だったりします。

コタの常識では ニャンコは逃げる
逃げるものを追いかけるのはワンコの習性なのですが…
それが通用しないのが我が家のニャー戦隊(;´Д`)特に…吉田さんのカマチョは執拗いので…

吉田さんも6歳になって 少しは落ち着いてくれるんではなかろうか?とお世話係の考えは甘かったようです。

家の1階部分は全室テリトリーだ!と主張していたコタでしたが…最近 日中ニャー戦隊を1階の涼しい場所(お風呂場がお気に入り)に降ろすと…
居間の端っこでジトーっと 吉田さんの動向を見ていて 自分に寄って来そうだ「己の危機だ!」と判断するとテーブルの下やら廊下に逃げまどうコタなのでありました((´∀`*))ヶラヶラ

さて ご心配をお掛けしておりました レオの件です

なすこが悪手を取ってしまったようで
代理人(弁護士)を挟んで連絡を取り「ホテル代や輸送に掛かる費用はこちらで全額負担して手配する」と 飼い主さにとっては好条件で交渉してみたのですが…興信所等を使いレオの所在地や飼い主さんの個人情報を特定してしまった事で
飼主さんの不安を煽り…警戒心を高めてしまった事が原因になってしまったようで…5月下旬に連絡が取れなくなってしまいました。

交渉に入ってくださっていた(コタの時にお世話になった先生の話に、飼主さんから 「施設やシェルター」と云うワードが出たと聞き

興信所のほうにレオの追跡をお願いしたところ…某施設(私でも知っていた施設名が浮上し)

案の定…飼主様が隣県のその施設にレオを移し
里親様が決まったり施設にはもう居ないと云う事までは突き止める事は出来ました。
レオの性格からして…1ヶ月くらいから本性が出て 新しい里親さんの手に負えなくなる可能性があると思ったので
施設の方には 新しい里親さんから出戻りなどの相談があれば 直ぐにこちらに連絡を入れて下さるようにお願いしてあります。
(その施設はお金を積めば 離島以外は輸送もしてくれるところです。察しが付く人は多いかも?)
ちょっと汚い手段ですが、レオの輸送にかかる費用や寄付金の話もしてあるので たぶんですが…
レオになにかがあれば 優先的に連絡が来るのではないか?と…( ̄▽ ̄;)
ほんと…なすこって諦めが悪いと自負しているのですが
レオが幸せで穏やかに暮らしてくれている事が確認出来れば、それで諦めは着くのですけどね…。


話は変わって 先々月の九州豪雨の時のお話

なすこ地区の被害は 50年以上ぶりらしいの被害がありました。
汽水域が近いので 大潮の満潮時(明け方の5:30くらいが1番酷かった)と重なり山や田畑に降った雨の量が多かった所為で
川に流れるはずの水の排水が間に合わず
低い位置の夏野菜最盛期の田畑や道路は水没し...散歩コースの河川敷公園も上流から流れて来た流木や土砂で埋まると云う被害が出てしまいました。(なすこ家は山際の高台の為被害はありませんでしたが、河川敷公園の歩道や駐車場は たくさんの土砂が積もって現在も砂浜になっています)
一応 何時でも避難できるようにアルファードの中には ワンニャンの避難セットと防災用具は準備しいていたのですが使用することはせずに済みましたが
自然災害って ほんとに人間の予想以上でどうすることもできませんね...:( ;´꒳`;)

ワンニャンが居なければ...指定の避難所への避難も出来るのでしょうが、しっぽ家族がいるとそう言う訳にも行かない
なすこの場合は、いざとなれば本宅の方があるけども...ニャー戦隊には絶対にストレスを掛けてしまうと思うんですよね:( ;´꒳`;)

今回の事で個人的に思った事だけど...牽引免許があるのでアルファードとフィットの2台持ちは辞めて 4駆の普通車とトレーラーハウスに変更しようか?(車内をDIYしやすいから)と 旦那様に相談中だったりします。

北海道の方は夏も終わりに近いようですが...
こちらは 梅雨も明けこれから夏本番?
なすこの地域は田舎で家の周りも高木で囲まれているので朝晩は涼しい(と云うより肌寒いくらい)ですが、コタの散歩は 日中はアスファルトが焼けて肉球を火傷したり内蔵へのダメージがあるので 散歩は日が落ちている内に済ませるので...夏期と冬季の散歩の時間にズレがあるけど
なすこ自身 涼しい時間帯の散歩なので嬉しい(*ˊ˘ˋ*)


※次に覗いた時に 過去ログの返事書きます!すみません!!┏○ペコッ


左の画像:完全訓練スタイルのコタ

真ん中の画像:アフターコロナで4年ぶりに行われた灯篭流しの地域のお祭り

右の画像:早朝の散歩で遭遇したヌートリア

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

なすこババ(保護活動者) なすこババ(保護活動者)

なすこババ

ユーザーID:475094

保護活動者(非法人)・山口県

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる