• しつけ
  • 2020年05月26日 | view 728
  • Ribbon Bookmark

本気噛みのその後

ジロウは
5才10ヶ月の頃に
高齢の両親から引き取ったヨークシャーテリアです。

本気噛みについての過去記事
2019年5月28日
http://furau776.blog74.fc2.com/blog-entry-2236.html
この記事から
もうすぐ1年がたちます

スキンシップが少なく
膝の上や抱っこや添い寝を知らずに
6才になったジロウでした
その後、うちでの暮らしに慣れてきました

膝に乗せても落ち着きなく
ぎこちなさがありました
今は、寝場所のひとつとして
あたりまえのようにわたしの膝を選び
いびきをかいて寝ちゃうこともあります

抱っこすると体がこわばっていました
散歩前に抱っこして玄関まで移動する習慣にしたら
飛びついてくるようになり
抱っこの高い位置にも慣れました

体をくっつける安心感に気づき
わたしが就寝すると
ベッドに飛び乗り
添い寝するようになりました




本気噛みが起こるのは
ベッドでわたしと添い寝している時です

ジロウが眠りに入ってから
わたしの体が動いたりして
ジロウに触れると

「ガウガウ!」と吠え
牙をガッと当てます
吠え方も噛み方も激しいです

ジロウも眠りに入っていて
体に受けた感触に
瞬間的に行動を起こしています

噛まれると
「イタッ!」と声が出るくらい
結構な痛さで
傷にもなります

今、腕と足にまだ治っていない傷があり
昨夜、背中に新しく傷ができました





ジロウに噛まれることを少なくするために
1年前に添い寝しないことを決めて
「オリテ」を覚えてもらいました

ジロウは今も
「オリテ」と言われればベッドから降ります
ガウガウ!と噛んだ後すぐに
自らベッドから降りることもあります

でも、わたしが寝入ってしまえば
またベッドに上がってきます





ジロウがわたしとくっつきたい気持ちは
飼い主として
大切にしてあげたい尊いもので
それを拒否する理由はありません

添い寝に限らず
犬用ベッドやソファで寝ている犬に
飼い主が触れると吠える・噛む
という行動は
わりとよくあることだそうです





6才でわたしと暮らすことになり
スキンシップが増え
甘えることを覚えて
堰を切ったように
甘えたい気持ちを
行動で現すようになったジロウ

彼の日々の変化をヒシヒシ感じています

自我の現れが強くなったことも感じるけれど
就寝中の本気噛み以外は
日常生活で楽しめる範囲内の
かわいいわがまま、という感じです




ジロウとの関係性の変化に伴い
就寝中の本気噛みが減っていくかも
という期待があったけど
今のところ手応えは感じられません
ジロウは今年の誕生日には8才になります




2020年5月14日ブログ記事より転載
http://furau776.blog74.fc2.com/blog-entry-2429.html




会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

しっぽをあげて(保護活動者) しっぽをあげて(保護活動者)

しっぽをあげて

ユーザーID:89418

保護活動者(非法人)・神奈川県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる