能登猫救出大作戦 決行中

【開設しました】ペットのおうち®︎ 野々市シェルター

令和6年 能登半島地震 被災地支援プロジェクト

2月1日、ペットのおうち®︎ 野々市シェルター(石川県野々市市)を開設いたしました!

レポート ペットのおうち®︎ 編集部

GFd37KebIAANKNN.jpeg

まだ必要な機材が揃っておりませんが、できる事から着々と活動を開始しております。運営は野々市市を拠点に活動されている認定特定非営利活動法人 こねこサポーターにお願いする形となります。

GFd37KgbEAA_xDk.jpeg

GFd37KhbQAAotND.jpegGFd37KjbwAAhqAt.jpeg

被災により飼育継続が困難となった猫の保護が相次いでおり、県内の保護リソースが逼迫(ひっぱく)している中、被災ペットの助けになれればと考えております。

飼い主のいるペットの一時預かりは能登半島地震動物対策本部が、飼育されていたと思われる動物は保健センターが保護されておりますが、飼育放棄や野良猫については行政がフォローできていない状況があります。被災の混乱の中、これらの命のセーフティーネットを用意することが私たちの使命です。引き続きの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

被災地支援はこちら:
https://www.pet-home.jp/ishikawa_noto/

すべての寄付はリアルタイムで、支出は集計次第速やかに下記に計上しております。

支援金の使い道:
https://www.pet-home.jp/ishikawa_noto/statement/expenditure/

レポート ペットのおうち®︎ 編集部

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうち®︎ は活動に賛同いただいているサポートメンバーの皆様と
公式スポンサー各社様のサポートにより実現しております。