• 病気・怪我
  • 2023年10月15日 | view 80
  • Ribbon Bookmark

月に一度のお医者さん

マロちゃんは
クッシングと腎臓の病気を抱えているので
毎月1度、
動物病院に行って診てもらっています
とてもいい子に順番待っていられます
順番がきて診察台に乗っても
騒ぐ事なく、おりこうさんに
診てもらえます
今回も特に悪くなっていると
いうことはなく安定しているそうです。
ですが、
お水をいつも以上に飲むなぁ!?
とか
ちょっと体重減ったかなぁ!?
など
日常生活の観察は必要ですよ!と
ご指導していただきました。
目ヤニが最近よく出ていて気になったので、
診ていただくと、少し充血している
とのことでした。
マロちゃんはシーズーミックス??
ラサアプソ!?
お目々の大きい犬種は目の潤いが追いつかず…
乾燥して充血してしまったり、
それで、角膜を傷つけてしまうこともあるそうです。
マロちゃんのお目々もよーく見ると
眼球が凹んでいるところがあります。
これも、
過去に角膜を傷つけてしまったのではないか…と言われました。
それなので今回は目の潤いを良くする
ヒアルロン酸の目薬も処方していただきました。
これで安心です
おりこうさんに診察できました
マロちゃんは病気を抱えていますが、
お薬やご寄付で頂いてる腎臓用フードで
体調はとても安定しております。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

DOG ReLIFE GUNMA(保護活動者) DOGReLIFEGUNMA(保護活動者)

DOG ReLIFE GUNMA

ユーザーID:444697

保護活動者(非法人)・群馬県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる