能登猫救出大作戦 決行中
  • 病気・怪我
  • 2019年01月21日 | view 349
  • Ribbon Bookmark

杏の終活

杏雷 さん
杏雷 さん

今年の冬は寒暖差が大きい 暖かいのは嬉しいけど 心疾患や脳疾患には警戒が必要な年になりますね(~_~;)

順調に体重が増えていた杏の体重が下がり始め 日常の活動が減り 寝ている時間が長くなり 食欲や便の色が昨年の発作前に似てきた⁈
慌てて心臓薬に切り替え様子を見る。

心臓薬2ヶ月 肝臓薬2ヶ月 薬の効果の関係と寒暖差も関係して 不整脈が出たのだろうか?リビングからトイレ移動でヒートショックを避けるために暖房のない部屋に居たり 小競り合いで心臓に負担になりそうな事は避け 杏の心配は尽きない。

写真では分かりにくいけど 脳疾患の後遺症で右目の瞳孔が開きが大きく 歩く時も右側に少し偏ります。

幸い 天の症状は安定して 杏を見る余裕が出てきたけど 次から次へと…終わらない介護 (;´д`)

まぁ〜 これも定めと割り切り 終活の時間を大切にしていきます ٩( 'ω' )و

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

杏雷 さん 杏雷 さん

杏雷 さん

ユーザーID:382555

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

関連記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる