• 病気・怪我
  • 2019年01月11日 | view 68
  • 2
  • 0
  • 8
  • Ribbon Bookmark

ベルクさん治療開始から8日目

 ベルクさん、正月三が日開けの4日に動物病院に掛かり本日で早くも治療開始から8日目になりました。

 4日の初診以来ずっと晴れの天気が続いていたのですが、本日は打って変わって雪の朝になりました。
 朝6時半には一度雪掻きしたのですが、8時30分に動物病院に行く前に再度雪掻きしてからの出発になりました。

 包帯を外してもらったベルクさんの傷口は、まだ完全には塞ぎきっておらず、輪ゴムが斜めに掛かった部分からいまだに浸出液が少ししみ出る感じで、包帯を外して舐め放題の状態になるまではまだ時間が掛かりそう。

 それでも抗生物質の錠剤一日一錠の服用と一日空けての通院は変わりません。
 院長に当初から「一ヶ月は見ておいてくださいね」といわれましたがゴムが直接掛かっていた部分の治癒はまだまだのようです。

 ベルクはエリザベスカラーを外して手の先を早く舐めたいらしく、夜中に布団の上でズリッズリッっと音がするのでカラーが外れて包帯の上を直接舐めているのかと飛び起きると半分寝ぼけてエリザベスカラーの上から患部を舐めていたということもありました。

 でもまあ、当初エリザベスカラーと折り合いがつかなくて大変だったベルクさんですが、一週間も経った今ではかなりなれて自由に歩きまわれるようになりました。
 それでもたまに普段だったら通れる空間でカラーが引っかかって立ち往生してフリーズしているので、カラーをまげて脱出させるという出来事もいまだにあります(笑)

この投稿へのコメント8

  • えささん

     一晩で40cmも積もるような叔母が住んでいる岩見沢なんかと比べると雪の少ないうちの町なんか恵まれているほうですよ。

     そんな環境にいるからか、冬場雪に閉ざされて気分的に鬱になるようなことも少ないです。気温は氷点下でも日の光を浴びれば元気一杯。
    ただし暖房の効いた家の中にいればの話ですが(笑)

     一日空けた通院で包帯を外し、傷口を開いてみるとまだまだゴムが掛かっていた部分がじゅくじゅくしていて、もう包帯が外れるのではないかと期待していたために少々ショックでした。

     手先の裏表をさらに丁寧に毛刈りして傷が露になったということもあるのでしょうが。

     まだまだ通院が続くとは思いますがベルクのほうはいたって元気なので、それだけは救いです。

     エリザベスカラー、うちの動物病院は買い取りです。とはいっても900円の半透明の割とやわらかいタイプなのでベルクにも人間の財布にも負担にはなりません。
     ただやわらかすぎるからかベルクはひん曲げてでも患部舐めようとして困ります(笑)

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2019.01.12
  • おちゃちゃまるさん

    今年は北海道もやや暖冬気味で全道的にも積雪量は少ない傾向です。
    うちの町は雪が特に少なくて、歳をとって雪かきがしんどくなった人たちが豪雪地帯から移住してくるような町なのですが、今シーズンは期待された通り雪搔きは3回くらいしかありませんでした。

    2月に爆弾低気圧の通過で暴風雪に見舞われる傾向があるのですが、雪が少ない反動で結構いっぺんに大雪に見舞われそうな予感。

    ベルクさん、もしかしたらもう傷も治って通院との縁も切れるのではないかと密かに期待していたのにまだまだでしたね。ゴムが直接食い込んだ部分は新しい肉が形成されるまで通院が継続しそうです。

    ベルクさん、胆振東部地震のあと、一旦10キロを切ってそれが元に戻るまで3ヶ月かかりました。
    今は心なしか見た目もホッソリしたような感じですが、エリザベスカラーと縁が切れてからゆっくり時間をかけて体重を戻そうと思います。

    いつもご心配いただきありがとうございます。

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2019.01.12
  • じぇいかんさん、ベルクさん、うにさんこんばんはU^エ^U

    ベルクさんの経過…1日おきの通院、積雪……きっと私だったら、心がぽっきり折れます(;´д⊂)
    じぇいかんさんご家族は本当に本当に強く、たくましく、温かいんですね☆脱帽です。

    エリザベスカラーは我が家の銀太坊の去勢手術の時に苦戦しました…二週間後のエリザベスカラーはみるも無惨な姿で、返却するのが申し訳ない程でした。

    ベルクさん☆エリザベスカラーを着けるのは生涯でこれが最後!!(願い!)だから、ペロペロはもう少し辛抱して全快をみんなで喜びましょうね(//∇//)

    寒さ厳しい日々の中、どうかどうか心穏やかに又通院道中も気をつけられてください!

    by
    えささん
    えささん 2019.01.11
  • こんばんは。

    雪かき、おつかれさまです。
    名古屋は雪があまり降らないので、雪かきを体験したことも実際に見たこともないので、毎年テレビで見てかいた後の雪はどうなるのか不思議に思ってました。

    ベルクさん、まだ傷から浸出液が出ているのですね…傷が治らないとエリザベスカラーも取れないですもんね…。
    早く治りますようにお祈りしてます。
    一ヶ月…長いですから、じぇいかんさんもベルクさんも大変でしょうが、頑張って下さい。

    体重も私のを分けてあげたいです。
    茶々丸の幸運をベルクさんにもお裾分けです!
    きっと、少しずつ体重増えますよ。

    血流も良くなりますように。
    お薬が良く効きますように。

    中々お気持ち休まらないとは思いますが、少しずつかもしれないですが、治っているのですから、じぇいかんさんもあまりお気持ちを張りつめ過ぎないようにして下さいね。
    ベルクさんにとってもうにちゃんにとっても大切なお父さんですからご自身も大切になさって下さい。

    by
    おちゃちゃまるさん
  • Gintaさん

     ゴムで直接締め付けられていたところの傷というのはなかなか治りませんね。
     カリカリがやはり食べにくいようで体重減ってしまったため、はやく不自由なく食べられるようにエリザベスカラーが外れてくれるといいのですが…。

     エリザベスカラー、ベルクさんは去勢のとき以来ですが、やはりこういうもののお世話にならないほうが良い事はいうまでもありません(笑)

     去勢の時は獣医にいわれたとおり律儀に2週間付け続けていました。

     季節風が西から吹き付けるので雪の深さは日本海側と太平洋側では全然違います。札幌近辺が終日吹雪きでも苫小牧はほぼ快晴という空模様はめずらしくありません。

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2019.01.11

コメントをもっと見る

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

じぇいかん さん じぇいかん さん

じぇいかん さん

ユーザーID:214235

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社