• 日常
  • 2023年12月06日 | view 245
  • Ribbon Bookmark

拡散希望?((´∀`*))ヶラヶラ

里親応募される方へ


現在 ベティの里親さんから
ベティの様子がちょこちょこ送られて来ています。

私が 募集者として 目に止まったのは

ペットのおうちさんで 里親として応募したことのある人なら 書かれた事があると思いますが


《「ペットのおうち」応募者向けアンケート回答内容》



----- ペットの飼育経験はありますか?




----- どのような飼育・住宅環境になりますか?




----- ご家族(同居人を含む)構成と年齢層につて

----- 先住ペットの有無とその年齢・性格を教えてください。



----- お留守番の平均時間はどの程度ですか?



----- 掲載者による自宅訪問は可能ですか?




----- 里親希望動機と終生愛情と責任を持って育てる覚悟を掲載者に伝えてください。



-----------------------------------------------


《掲載者からのアンケート回答内容》



----- 他に多く居る里親募集に この子を選んだ理由を教えて下さい。



----- 大型犬で食費や 医療費等 小型犬に比べるとかなりかかりますが経済的に大丈夫でしょうか?



-----------------------------------------------



《その他質問など》



上記の質問事項の回答が簡素なものではなく 事細かく書かれた丁寧な内容で

ベティを託した里親さんは 対象外地域からの応募者さんでした。

(なすこ本宅が 大阪なので関西圏までは遠いと個人的には思ってません)

募集する側としては、面会・お迎えを考えると それにかかる交通費の負担を敬遠される人が多いだろうとの判断で 対象地域を絞っていたんですけど

アンケート内容が 兎に角 真摯に正直な内容で 募集者さんによっては 断られてもおかしくは無い(先住犬ちゃんの持病)も書かれてあったんです。

が しかし…先住犬ちゃんの持病が なすこが過去に関わって来た子たちと同じだったんですよね
(これでも わたくし 日本で現在でも登録されていない犬種まで関わった事があるんです)

この応募者さんと先住犬ちゃんに 時間が掛かっても良い 是非 ベティに会って頂きたい!と思いました。

生活空間・生活動線動画 ・先住犬ちゃんのお散歩の様子の動画など確認をさせて頂いて その思いは更に強くなりました。

飼えない状況になった時は 必ず 私の元に返還してくださると確約も頂いただけたので
ALL CLEAR!

お互いの都合の良い日時を調整して 面会日を決めました。

なすこ地域住民の皆様に甘やかされ 初めて我が家にやって来た頃の萎縮して警戒していた子が嘘の様に 陽気で活発な じゃじゃ馬(犬?)娘に成長してしまい
コタに ウザ絡みするほどの変貌を遂げてしまったベティだったので

先住犬君に掛かるストレスが心配でした。

コタに教育され 唸なれれば 直ぐに 距離を取る事をベティが学んでくれたので
先住犬君が ウザいと思った時に唸ってくれさえすれば良いな…でも おっとりした子と仰ってたからどうだろうと…思って臨んだ

ワンコ同士のファーストコンタクトは 問題無し

でも ベティのカマチョが炸裂し 先住犬君が 見事に 唸ってくれたんです。

それを見て ダメだと思わないのがなすこ(・ᴗ・`; )

逆に 大丈夫だ !先住犬君は 服薬の影響は多少あれど ちゃんと意思表示出来る!
ならば コタに教育されまくったベティなら 一緒に暮らしていけると確信しました。


希望者ご夫妻

事細かく説明する なすこの話す要点を メモされる程 熱心で

チョークとスリップリードの違いや
なすこが チョーク反対派の事も理解してくださって

訓練は入れていたものの ご主人様の ベティの扱いも優しくて きちんとスリップリードにテンションをかけてリーダーセンスも問題無し
それを 優しく微笑みながら 先住犬君の事を愛情深く話される奥様

このご夫婦なら ベティを託しても大丈夫や!と その場で決断出来ました(*´ω`*)

用意していた

・ペットのおうちの譲渡誓約書を書いて頂いた一部
(以前懸念していた誓約書内容が修正されていて安心して取り交わす事が出来ました。ペットのおうちのスタッフさん ありがとうございます!)
・狂犬病ワクチンタグ付き首輪
・鑑札(ワクチン接種日画像)
・令和5年度下関市発行犬門票
・スリップリード
・訓練用ハーネス
・ショートリード
・ショルダーリード
・30mロングリード
・フード
・青パパイヤ
・ロープボール

フルセットをお渡しして お見送り出来ました( ˶'ᵕ'˶)

ペットのおうちで募集されている方々の審査は厳しいと思ってらっしゃる方が多いと思いますが
送り出す側は その子の幸せが一番なので厳しくて当然だと思いますが!


結論 ! ペットのおうちで応募される際は
迎える子にとって より良い環境を整えた上で
アンケートは真摯に正直に事細かく書いた方が 募集者側の心象は良い!!です。


実際 なすこ自身が 書いていた応募アンケートは 経歴から家族構成年齢 環境 先住犬猫性格 その子に対しての思いなど ペットログ以上に長ったらしいです。
ですが、里親になれなくても 募集者様からのお返事は 「詳細な内容をありがとうございます。信頼できます。安心出来ます。」と返される事が多いです。
単身者・多頭飼い不可と書かれてある子でも 迎える事が出来るくらいです。


テキストをまとめ 書くことが苦手な方もいらっしゃるとは思いますが
長くても 事細かな詳細を書くことで
受け取る側へ気持ちは しっかりと 伝わります。

頑張って良いご縁を結ばれて下さい!




ここからは 里親募集をされている方々へ

知ってらっしゃいますか?

花蜜幸伸さんという岩手県にある日本最大保護施設ペットの里の 応援団長さんなんですけど

数年前にここで なすこが書いたログと同じことを考えて

ペットに残せる保険「ペット信託保険」の枠組みを保険会社さんと協力して組み上げた凄い方なんですよね

ペット信託保険の受取人を保護施設にする事で 飼い主を失った子の終生を 受取人になった保護施設に任せる事が出来るんです。

まぁ…この施設も 認定NPO法人を取得している団体じゃなきゃダメと云う難点もあるんですけど

徐々に広がりつつあるけども
もっと地方の身近なNPO法人施設が加盟して認定を受けてくれたらな〜と思うなすこです。

自分自身も含め 命あるものは何時何があるかは解らない 持病もあるけれど突然の事故って事も無いとは 絶対に言いきれません。

けども なすこが残した ワンニャンたちには 終生と云うその後が 確実にある

なすこの場合は 私なすこ自身の資産を実兄夫婦に相続と云う形で 我が家の子らの終生は保証されてはいるのですが

この先 実兄夫婦に手に負えない子を受け入れる事になるかも?と思ったので 調べてみたら ペット信託保険なるものを知りました。

1度 興味を持っちゃうと とことんの性格から
花蜜幸伸さんに辿り着たと云う経緯もあります。

興味のある方は↓の11:01からを どうぞご覧下さい。

https://youtu.be/PDMJXFkWpNw?si=hai7zVT1Ymwe0eas


ペット?と云うよりも 【心の支え 】が居てくれる事が どれだけ 自分の精神衛生に良い影響を与え 生活に張り合いを 人生に生き甲斐を もたらしてくれるのか
一般的に 高齢者と言われないギリギリ世代の 私が
更年期障害・ペットロス・実母介護のトリプルパンチを喰らった実体験からも言える事です。

また 認知(肝性脳)症を 70代前半で発症した 実母上を プロの立場で介助介護し
我が家で ニャー戦隊と戯れていた時よりも
施設へ入所させ ニャー戦隊と離れてからの 母上の 認知症進行速度は 目に見えるレベルで違いました。
それに 短期記憶から消えて行くのが 一般的だと言われている 認知症ですが 母上は 会話での意思疎通が出来なくなるまで
私の歴代パートナードックたちや ニャー戦隊の様子を 我が子の事以上に はっきりと覚えて居て
iPadに 今は亡きリン&じゅじゅ ニャー戦隊の画像や動画が何時でも見られるように同期していたのですが それを良く同居されている方やスタッフさんに見せて笑顔でお話ししていたと 医療系施設へ移動する際に グループホームのスタッフから 聞きました。


根っから動物嫌いであったり、ペットのお世話をすることが精神的負担になりかねない方々へは
当てはめることは出来ないと 介助介護両方のプロ意識から見て言える事ですが
高齢者不可に チェックを入れられている 募集者様方々へ
なすこが 現在 持つ全ての 知識の中で 応募者アンケートに追加するなりして 敷居を下げる為の 一つの手段として とても良い 幸せワンニャンを増やせる 方法の一つが ありますよと云う ささやかなお知らせでもあります。

訓練の入っていない大型犬だったらパワーがあり過ぎるので 高齢者不可ではなく 体力?腕力?脚力?に自信のある人限定にと考えても致し方ないので 自然と若い世代へとなりますよね?

現在 なすこ家の 大、ちゃんは、下関でも1位2位を争えるゴールデンで 超大型犬に分類されるほど大きな子なんですけど 問題点が数点課題として残っている状況
里親募集へ質問してきて下された方の 環境似合う訓練を入れている真っ最中です。
理由は申し上げることは出来ませんが、大ちゃんではなくとも 是非ワンコを迎えて貰いたいと思う 御家族様の都合や バリアフリーというシニア犬に優しい環境なんです。

話が脱線したので戻します。

ペット信託保険に加入して認定NPO法人を取得している施設と里親さんが契約出来れば ニャンコのキトンや小型・中型犬パピーの里親になるのに 高齢者?年齢は関係ない!

高齢者って 私の意識では
要介助・要介護が必要な方々だと思ってます。
年齢じゃないんですって おかしな考えに辿り着くんですけど((´∀`*))ヶラヶラ

けども なすこが知っている限り
70代でもバリバリに保護活動されいらっしゃる大先輩がいらっしゃるのも事実
話すとパワーが貰えるから不思議"(ノ*>∀<)ノ

あぁ くどいですけど

わ た く し 保護活動家 で は あ・り・ま・せ・ん !!

関わって来た 関わっているワンニャンたちに幸せをたくさん分けて頂いている ちっぽけな存在です。
ただのお世話係(我が家では、それを「下僕」と云う)です((´∀`*))ヶラヶラ

下僕は ちっぽけな小さな事しかできません。


余談 ガウガウワンコに噛まれないのに バラの手入れ用 本革手袋の上からでも なすこの手に殺傷を量産する 保護ニャンコ:( ;´꒳`;)

トイレとお水の交換に ご飯を準備してるだけだから 瞳孔開きっぱなしは むっちゃ可愛いけど イカ耳 ヤーメーテー(/ω\*)

自分用 抗生物質が 心細くなったので かかりつけの整形外科の先生に 処方箋だけ書いて貰おうと 行ったら…

わざわざ診察室から出てきて
「どうしたの?今日は」と聞かれたので

猫に噛まれるので…と言ったら
吉田さん保護当初の頃から
原因が猫さんと言うのが久しかったのか?
吉田氏の ネーミングにインパクトがありすぎたのか?

「あぁー変わった名前の猫ね!」と

吉田氏に噛まれたんでは無いのだけど…

説明がめんどく(・ᴗ・`; )

そうです。と応える下僕と言うより外道なすこである。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

なすこババ(保護活動者) なすこババ(保護活動者)

なすこババ

ユーザーID:475094

保護活動者(非法人)・山口県

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる