• 日常
  • 2022年05月23日 | view 97
  • 4
  • 0
  • 4
  • Ribbon Bookmark

ユズコさん、我らの灯台下暗しw

5/1に倒れてから23日目のユズコさん。

少し体重も戻り、
鼻水もかなりマシになり、
毛並みも艶やかになり、
と言うか物凄い食べる様になり、
寝ていても鼻が詰まらずスッキリしてきたし、
夜勤明けの母ちゃんに噛み付いて怒り狂い、
下の3匹には24時間厳し目に接し、

って、ほぼ彼女の日常じゃね?

考えたら、ですよ。
1年前にまつりさんが突然やってきて、その頃から具合悪いんですよね。つまり、精神的ストレスだった説。ユズコさんはトムさんが来た時も猫ニキビのひどいやつになって顔面から出血してたし、てっちゃんが来た時も顔の毛が脱毛したり痩せたり色々ありました。神経質で怒りん坊なので新入りを認めるまで時間がかかります。トムさんてっちゃんの様に「あー、どうもー、よろしく!」で秒で仲良くなれるタイプではない(笑)

たぶん、ですけど

なんかの炎症も食欲不振も育児(鬼の教育)ストレスではないかと。今日なんてモンプチ缶を3缶も食べてますし、昼から夕方の間に。カリカリも。それに猫の餌台(カリカリ置き場)に今日から上がれる様になったんです。

あからさまな応援はユズコさんは嫌がります。「なんなん?気持ち悪いな!シャー!」って言われちゃうので、コソーッと見守っていきます。

ユズコさん、月末で約11歳になります♡

この投稿へのコメント4

  • じぇいかんさま、

    人間も年を取るごとに頭がガンコになると言われますが、ユズコさんは人生11年目も何も変わらずw毎日誰に対しても厳しく、そして愛情を振りまくという、「疲れません?」とつい言いたくなるのですけど、そこをぐっとこらえて「ゆっちゃん、ありがとうね」と思うようにしています。

    もし職場にこういう熱血漢がいたら、周りのものは結構疲れるんですよね。仕事に熱心なのは解るけど、仕事に対する理解度やこなすスピードは人によって違う。自分のやり方、スピード感が絶対に正しいというわけではない、という辺りまではユズコさんは理解できていないっぽいので、まつりさんみたいなちょっとボーッとした、イライラしないほがらかさんでなければ相手は務まらないんですよね、ある意味。

    そんなユズコさんでも「つらいわぁ」とか「しんどいから今日は寝るわ」とか言ってくれれば周りのみんなも少し気分が休まるというものですが、休日出勤バリバリしてくるようなタイプなので、空気がピリつくといいますか(笑)

    うにちゃんみたいに10歳にもなったら少し心をほぐして来るタイプなら本人も少し楽だろうに。猫らしく適当に手抜きも行う、みたいなところがあればいいのになぁ。ユズコさんが年取ってきたから余計に思います、そんなに血圧上げまくったらしんどいやろ?と。

    まぁやっと食べられるようになりましたので、一安心です。するどい猫パンチも飛ばせますし。5/3には逝去…という日誌を書くかと思っていましたからw
    どうにか彼女には心穏やかに(極力)、と願うばかりです。

    by
    greenforest0528さん
    greenforest0528さん 2022.05.25
  • ツグミのこころさま、

    ユズコのお見舞いコメントをありがとうございます。
    もうかなり元気になってきていて、鼻や目の粘膜の炎症はあるんですけど、何より食べるようになった、下の3匹と私母ちゃんを以前のようにきつめに叱るようになってきた(笑)という、あきらかに元の状態に戻りつつあるので、沢山食べてこの夏を乗り切っていただくべく、そぉ~っと見守っています。触れるとフーシャー言われて叩きまわされるので、それでなくてもおこりんぼうなので極力穏やかに…とw

    女の子同士って難しいんですかねぇ…私は歴代飼ってきた猫はオスが多かったので、ここまで彼女にとって重荷になる?とは思わなかったのですが、ユズコさんとまつりさんの性格が対照的過ぎて、神経質でイライラさんのユズコさん、ほがらかでいつも楽しそうでみんなから可愛がられる妹キャラのまつりさんではストレス値も違いますしね。まつりなんてぼんやりしていてイラッチでもないし、一人遊びも出来る子だから適当に放っておけばいいのですけど、それでもユズコさんは構うんですね。彼女の基準で「ちゃんとした猫」に育てるべく、すぐに「あかんで!」みたいに言いに行くんです。

    人間でも嫌いな人とは触れ合わない努力って必要と思うんですけど、クソ真面目キャットのユズコさんは日々神経をすり減らす所がありすぎるので、ただそれが心配です。といってもすでに心配は11年目(笑)「もうほっとき、ええから。まつりは自分で出来るよ?」と言っても「あかんねん、ちゃんとせなあかん!」が強すぎる。今こんなに頑張っても、平和なまつりさんがユズコさんみたいに厳しい猫になるとは思えないのですが「ちゃんとして!」が厳しすぎるのです…

    もうほどほどにご老体なのだから、ゆっくりすればいいのに。と念だけは送っています。かといって24時間常にイガイガした関係というわけではなく、横にくっついて寝ていることもあるので、まつりさんはまつりさんで信頼はしているようです。本当に猫たちは群れで飼うと不思議な関係が生まれます。仲がダメな子たちもいるだろうけど、彼らはそれなりに関係性を保つし、どうにかして一つ屋根の下で暮らしていきますからね。たまに殴り合いになっても、それで「痛み」や「相手の気持ち」も「謝罪の心」も学んでいきますから、我が家は彼らの方針に任せているのです。

    「どうにかしよう」は支配になってしまい、
    「なんとかなる」は彼らの自立を生みます。
    猫の多頭買いでは飼い主は黒子に徹して、あー間に入ろうかな…という場でも、ちょっと深呼吸して見守る、何を話しているんだろう?というのも聞き耳を立てずに、やりたいようにやらせておく。それでも殺し合いみたいなことまではまぁいきません。それこそ遥太くんのような緩衝材になる子が出てきて、どうにかこうにかうまくいくんです。大丈夫です。

    うちみたいにぶっ倒れるまで体力を奪っても仲間に対する愛が強すぎる変わった猫もいますから、いろいろな事件から私たちが学ぶところも沢山ありますしね。本当に猫はすごい生き物です。自分の人生で彼らに携われたことが何より感謝です。人間だけの生活だったらこんなに笑うこともなかっただろうし、と^^

    by
    greenforest0528さん
    greenforest0528さん 2022.05.25
  • greenforest0528さん

     ユズコさんてうちのうにちゃんより1歳お姉さんの震災年生まれだったんですね。

     まあ、猫も10歳近くになったら10歳も11歳もほとんど差もないのでしょうが、どうやらうにちゃん最近、少し老化現象でも始まったのか、あれだけ新しい飼い主を無視してツンデレニャンコを貫いていたのですが、今は飼い主がトイレに入って姿が見えないと泣き叫んで探しに来る。飼い主の枕の隣で頻繁に寝たり、布団の中に入っただけで特大のゴロゴロを鳴らしたり、あれだけ毅然とした態度だったのに別にゃんみたいになってしまったんですよ。

     それに比べてユズコさんはいつまでも毅然としていて偉いですよね。
     人間で言ったら律儀で真面目な血液型A型?

     それに比べたら他ニャンたちはB型もしくはAB型か?てっちゃんはO型っぽくもありますが、確か猫の血液型って人間ほど細分化されてないんですよね?確かAとBとABしか無いとか?ただし95%はA型だそうな。

     そうなると猫の血液型別性格判断は人間以上に成立しません(^_^;)

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2022.05.24
  • greenforest0528さん

    ユズコさん元気になって良かったです(^_^)

    そっかぁ。
    この子はほんとしっかりした子なんですね。
    ログ読ませて頂いてキリリとした、なんか芯みたいなものがある子なんですねって、思いました(^-^)

    そして、これも多頭飼育あるあるなのでしょうね。
    うちも似たような状況です。
    女子同士はやっぱ難しいのかな(´・c_・`)

    今回もですね。
    greenforestさんのログには共感するものがありまして。
    またコメントしてしまいました 笑

    そうそう、子猫は厚かましい←こうゆう所も 笑
    しみじみ共感ものですね!笑

    うちはね・・・うーん
    これは、つぐみを上手く育てられなかった私がいけなかったんだろうなって思ってます( ´~`)

    いちばん歳上のつぐみは(女子)後から来たハチ子(これまた女子)に上手く怒れないんですよ。
    つぐみは9歳
    ハチ子はたぶん2歳くらいですが、ハチ子はつぐみを舐めてるんだと思います。
    うちもつぐみがしょっちゅう腹毛を舐めて舐めて、彼女の腹は地肌が見えるくらい脱毛したりしていました。

    そして神経質←これもね(同じです)共感です。
    うちもお見合いとかして迎えたわけではなかったですしね。
    まつりちゃんがいきなり来た!とゆうのと同じ。
    うちもそうゆう成り行きでした。

    つぐみも神経質なんですよ。
    三毛猫でして、お嬢さん気質で静かなのが好きだから彼女は大変だったと思います。
    ハチ子は遠慮もしないし、あざと系の女子でして(^_^;)))

    うちは3年経った今でも、女同士は難しいまんまです 笑
    現在、ハチ子の教育は次男坊の遥太って子がスパルタでやってます。

    私は猫たちが喧嘩すると時々「ごめんね~ごめんね~」って謝りながら一緒に居てるんですよ。
    以前も書きましたが、「猫たちのことは猫たちに任せてる」←このgreenforestさんたちの見守りの姿勢にはほんと、私は尊敬のような心持ちになるんですよね。

    あ、ついつい長くなるんで、あれこれはまた自分のログで書きますね (^o^;)笑
    猫たちにも社会があるんでしょうね。
    私も多頭飼育をやってみて思ったのは、あの子たちを自由に見てるうち、確かに何かを理解しながらお互いの距離感を保ってるんだなーってゆうことを思いました。

    だから、私も出来るだけ見守ってるくらいが良いのかなと。
    私もあの子ら教えてもらってます(^_^)

    >あからさまな応援はユズコさんは嫌がる
    本当、そうですね
    どこまでも気高い生き物ですよね☆

    多頭飼育の面白さ大変さに、いつも共感させて頂いてます。ありがとうございます。




    by
    ツグミのこころさん
会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

greenforest0528 さん greenforest0528 さん

greenforest0528 さん

ユーザーID:303333

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる