• 日常
  • 2021年06月18日 | view 71
  • 3
  • 0
  • 2
  • Ribbon Bookmark

まつりさん、自活女子

「ちょっとだけ寝るわ」と
父ちゃんのちゃんちゃんこ(早よしまえよw)の袖に潜るまつりさん。

寝ると言ったら断固として寝る。
食べると言ったら一番に食べる。
遊ぶ時は徹底的に遊ぶ。
がめつく、強く生きる生後2ヶ月と半月です。

最近ケージから出したままで仕事に行ってます。タワーに登ってしまっても、まつりさん独自に考案した変な降り方がありまして、説明すると、ハンガー数本に服を数着(もうあまり着ないもの推奨)を掛けておくと、映画「アバター」でネイティリが崖から飛び降りて葉っぱをつたって地面まで降りるシーンがありましたけど、まさにあの感じで服を数着つたってズルズル…と安全に降りる方法を彼女自ら編み出したので母ちゃん信じてます。

今朝もタワーから服ズルズル方式で降りてました。降りる所はまつり用に作ってるんですけど臨時にw
でもそれが良い様なので任せています。

メス猫の成長は体より心が早く、あっという間にたくましくなっていきます。いまだ寝かしつけが必要なあの方(来月で2歳)と比較してはいけませんが、みんな育つスピードは違いますし、人間でもそれは同じだと思います。母ちゃんがいないと眠れないならいつか死ぬ日まで一緒に寝ましょう。

適当に生きること。
欲張らず、そのペースに乗ること。
無理強いはしないこと。
人間の価値観は捨てること。
私はそれで良いと思います。

この投稿へのコメント2

  • じぇいかんさま、

    この手の冬物衣料って正式名をよく知らないんですが、ネットで検索したらすでに商品名にちゃんちゃんこも半纏も両方書いてあったりして、これはいわゆる半纏ですね。九州産の真綿ぎっしりのやつで結構お値段はりました。猫たちのお気に入りです(笑)

    今日は私は公休日でどっちみちコロナだし家にいるのですが、30分に一回は「かあちゃーん、母ちゃんてー、構ってよー、さーみーしーいー」ってぐずぐずグス男が何か言いに来てはぐずぐず抱っこ抱っこなのですが、自活女子まつりさんはサクサクと本日のルーティンをこなし、どこで寝てるのか不明なくらいどこかで寝られています。本当に楽な仔猫で、もう高い所も自分で登って降りるという事もほぼほぼできるようになりました。まだ体小さいんですよ、2ヶ月半ですし。だけど先輩猫がいるのですぐに見て覚え、そのスキルを自分の物にしていきます。

    昨日は立てこもりのニュースと熊のニュースをこちらでも一日年寄りと観ていました。結局駆除されてしまったわけですが、それでもケガ人が出てしまうと怖いですね。

    まつりさんも長い間「登れるけど、降りられない」を繰り返していました。本当に下りられないと助けが来るまで泣き続けるのは偉いと思いました。ちなみにてっちゃん(子猫当時)は何も考えずに床へダイブしていました(偶然ケガしなかっただけ)。写真にとれていないのですが、じつはそのてっちゃんにも優しく強い一面がありまして、タワーから降りられないまつりさんの首根っこをくわえて降ろしてくれたことが何度かありました。ちゃんと妹と認識しているのか「ヘルプ」の声に答えている兄貴の姿を見まして、彼にも素晴らしい一面があるんだなぁと気付いたのでした。

    なかなかの甘えん坊のグズ男なところは健在ですが、優しくて頼れる兄貴としても成長して行っております^^

    by
    greenforest0528さん
    greenforest0528さん 2021.06.19
  • greenforest0528さん

     地方で言い方違うのでしょうがちゃんちゃんこは袖なし、袖があるのは半纏、木曽谷特有の背中しか無い綿入れは「ねこ」ですね。

     だからちゃんちゃんこの袖にねこが潜るというと混乱する人が…それはわたくし(笑)

     それで木曽谷のねこっていう冬の部屋着。名前もかわいいし、古布のリメイクで地元のお年寄りが手作りしているというのがいいと思ったのですが、北海道の冬は基本部屋の気温を上げて薄着というのが基本なのでライフスタイルに合いそうもなく、注文しませんでしたが。

     そういえば昨日札幌の北部の住宅街にクマが出てニュースになしましたが、この界隈がベルクさんの出身地なのです。実際はもっと石狩川に近いほうなのですが、ベルクさんに「おまえの実家の近所にクマが出たぞ」っていったらなにか不思議そうな顔してましたが(笑) 実際ガラス越しにでもクマと顔つき合わせたらベルクさんおしっこ漏らしてフリーズするに違いない(^_^;)

     そのクマもネコも登るのは得意なのに降りるのが得意でないという共通点がありますよね。あの体重100kgを超えるクマも地上歩いてばかりのような印象がありますが、木登りは大得意。そのかわり降りるのは爪立てながらお尻からズルズルと降りるのですが、まつりさんも同じようにハンガーの着るものに爪立てながらズルズルお尻から安全に着地するすべを見出したのね?偉いなぁ。

     どんどん出来ることが増えてきて精神的にも日々成長するまつりさん。
    どんな大人のレディになるのかしら?
     

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2021.06.19
会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

greenforest0528 さん greenforest0528 さん

greenforest0528 さん

ユーザーID:303333

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる