• 日常
  • 2021年01月27日 | view 118
  • 1
  • 0
  • 6
  • Ribbon Bookmark

嵐のち春の陽気、そして地震!?

 今朝は夜半から前線の通過で特に風が強くなり、びゅうびゅう吹きすさぶ風の音に猫どもも不安な夜を過ごしたようですが、その嵐のさなかでも気温が氷点下に下がらなかったこともあり、室温も6度ほど。猫どもにとっては夜中に久々に活動的に動き回り、やれカリカリが皿になくなったと飼い主にダイブかまして抗議するヤツ、部屋の外に出せと寝ている飼い主の顔の周りを走り回ってぎゃあぎゃあ騒ぐヤツありで、下手に少し暖かい夜だと飼い主は大迷惑!

 おまけに部屋のドアを開けっ放しにすると強風による隙間風が飼い主の顔近くを通風してゆくので、いちいちドアを閉めざるを得ないのですが、そうすると「開けろ」でドアを叩く輩が。開けたら開けたでカリカリをちょっと食べてトイレで小を少し垂れて、またドアを開けろの大騒ぎ。
 猫どもが2匹とも寝室に戻ってそれぞれまた寝付くまで1時間以上こんなことの繰り返し(^_^;)

 明けて朝の9時過ぎには風は少々強いものの前線通過で南の風が吹き込み、日差しも強く気温もどんどん上昇!正午近くには今シーズン最高気温のプラス8度を記録。もう4月上旬くらいの陽気でしょうか。

 午後はたまたま家にいたところ、二階で猫どもはおのおのベッドの上と猫ちぐらの上で惰眠を貪っていたました。ところが14時07分頃に突然小さな縦揺れの典型的なP波を感じて、これは大きな地震の予兆とすぐに感じ、とりあえず猫ちぐらの上で寝ているベルクさんの頭を手で覆ったところ割と大きめのS波の横揺れが来ました。

 物が落ちるくらい大揺れするかと思ったのですが、そこまで大きくならずにまもなく収束。手をどけたベルクさんは目ン玉ひん剥いて瞳孔全開、腰さえ抜かした様子はないもののイカ耳警戒モードはすぐには収まりませんでした。

 普通の地震には反応しないうにちゃんもP波S波のフルコースは不安だったようで、すぐに飼い主のもとに「怖かったの」と寄ってくる始末。

 その後うにちゃんは落ち着きを取り戻したものの、ベルクさんはいつまでも不安がって、膝の上に乗っけてやるといつまでもそこから動こうとはしませんでした。もしかしてハーフ腰抜け状態?(笑)

 震源は胆振地方中東部で震源の深さは130kmと深く、マグニチュードは5.4とそこそこの大きさですが、震源が深くて地表まで距離があったためか最大震度は4。うちの街は2でしたが限りなく3に近い揺れだったのでしょうね。なにせあのうにちゃんも反応して不安がるくらいなので。

 
 

この投稿へのコメント6

  • 杏雷さん

     昨日の日中はおおむねマイナス5度台の気温で推移しましたが、2時間ほど使わなかっただけで洗面所とトイレの水道が凍って出ない!

     凍らないように2時間ごとに通水するようにしていたのですが、前日あまりにも気温が低かったため、多少気温が上がっても床下はあまり影響がなかったようで。

     いちおう断熱材としてグラスウールが入っているため、部屋の中でダイヤモンドダストが見られるくらい室温は下がりませんぞ(笑)

     ただ大昔は朝に目が覚めたら吐いた息が凍って霜になり、布団の上が真っ白になっていたなんて父親がいってましたけど。

     冬至をすぎてはやひと月半。確実に日差しの強さが戻ってきましたので、たとえ最高気温がマイナス5度でも日差しさえあれば暖かい。逆にプラスの気温になっても一日中曇っていたらこちらのほうがよほど寒く感じます。

     そんで同じ家の中でも暖房の入っていない部屋はほぼ氷点下の室温なので、物を漁りに長居するわけにもいかず、手近ので済ませられる道楽しかできないのですが、同一メーカーの同一型番の計算尺を製造年代ごとに15本くらい並べて年代ごとの比較検討という誰もやらない無謀な試みを完結させたところ(笑)

     ファーミネータで梳いて集めた猫毛がもう5年分6袋くらい溜まったので、今度は猫毛フェルト細工に挑戦しようかと(笑)

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2021.02.05
  • じぇいかんさん、おはようございます(*^_^*)

    今日の南国千葉は早朝マイナス4度であられが降り(・・?)日中は12度とか暖かいですが春が近いと寒暖差が出てきすね、そちらはあれからマイナスの記録は更新されましたか??

    うにちゃんのレインボーメッシュ(^_^)それだけ見てると暖かい日差し?それとも寒すぎて空気が澄んでる??
    まさか加湿器やったら室内でダイヤモンドダストは見れないですよね??

    そういえば、いつも活発なじぇいかんさん冬場は??何か修理?(バラしては組み立てて)読書??(読みたい本探し続けて)ボーっと、テレビを見て…昔なら造花とか編み物とかしてるのかな?? ∑(゚Д゚)

    by
    杏雷さん
    杏雷さん 2021.02.04
  • えささん

     先週あれほど暖かい日があったのに今朝はまた最低気温マイナス12.7度です。
    マイナス8度くらいだったら水道も凍らないなとそのままだったのですが、天気予報の予想最低気温がマイナス14度だというのを見て急遽水道の元栓をすべてシャットダウンして水を落とすことに…

     まあ、朝は曇りだったのでそれほど放射冷却がきつくありませんでしたが、やはり二桁マイナスは寒い!!

    そんで地震の震源は震度7を観測した胆振東部地震に近いものの震源が3倍の深さだったためか目立った被害がなかったものの、これが震源の深さ10km程度の浅い地震だったらヤバかったですよ。

     ところでこの地震に誘発されたのではないのでしょうが、胆振西部の噴火湾(内浦湾)で震源の深さ10km程度の地震が函館で震度2を観測するものだけでも2回観測されており、もしかしたら駒ヶ岳や有珠山噴火の予兆、もしくは湾の中に新しい火山出現か、などと心配のネタが増えました。

     まさか有明海に新しい火山島出現ということはないでしょうけど、こちらは名前が噴火湾ですからね(笑)

     参考までに噴火湾はホタテ養殖の大産地です。

     昨晩は23時にすでにマイナス二桁の気温に突入。絶対に猫どもが騒いでも布団から出ないと決めて寝たふりしていたのに夜中の1時過ぎにうにちゃんが枕もとで飼い主に熱い吐息を吹きかけ「ひゃぁぁ」の声で外に出せアピール。ベッドの下に降りたり飼い主にダイブかましたり、そのしつこさに負けて2階のドアを開けてやったら、一分しないうちにドアを開けろの哀願が…

     うにちゃん、あいかわらずちっとも学習しないニャンなのね(笑)

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2021.02.01
  • 遅くなりまして。。おばんです。。じぇいかんさん☆


    まさにこちらも!!記憶が少し曖昧ミーとなってますが、小さな地震が月末あたりからあってました(T0T)
    震源地 有明海 14時46分 完全に冷えました。。
    震度1とか2?でしたが、近い震源、それぞれにフラッシュバックする地域に頻発してて、嫌な連想しかありませんね。。


    夜間の時は じぇいかん教室のおかげで、ん?と何だか揺れを感じたに気づき、それとたがわずに大きめの揺れがありました。これは!!と最初の異変でチャムを抱き上げ、銀太部屋へ行った時にはギンギンも旦那も腹出して寝てた。。(*_*)ダメダコリャ


    ってかぼかぼかで 8度って。。羨ましい限りです!私なら極寒(T0T)
    うにさん、ベルクさんのその活気を分けて頂きたい!!これも じぇいかん教室の教え通り、私も見習い、チャムには夜中でもカリカリが無くならないように補充して寝ます(笑)私はどうも起こされても起きれないので、チャムがお腹を空かせないように!です(*≧∀≦*)ニャハ
    あっ!ダイブや引っ掻き怖さに前倒ししてませんよ~(笑)


    寒さ暑さは何とか凌げるとして、こうも全国的に地震が頻発されると。。恐怖ですね。。


    ベルクさん、へっぴり腰だって良いじゃない。。
    だって。。。
    ベルクさんだもの。。ヾ(*T▽T*)


    えっと。。最初写真見た時、うにさんは認識できたけど、ベルクさんが瞬間犬に見えた!!私。。疲れてんのかな(笑)

    ご自愛です~(*≧∀≦*)

    by
    えささん
    えささん 2021.01.31
  • Gintaさん

     今シーズンは1月の末になるまで表面をうっすらと雪が覆うことはあっても積雪を記録することはなく、その分寒気が身に染みるくらい堪えた冬でした。

     特に年末から年始そして1月いっぱいの寒さは例年にないほどで、夜は早々に二階に猫ともども引っ込み、早めに暖房止めて寝ていたのにも関わらず、1月分の灯油の請求はなんと28800円! 昨年よりも1万円は高い!

     まあ唯一灯油の価格が安定しているのだけは救いですが。

     その雪の無かったうちの街も29日の台風並みの低気圧通過で午前中2時間で13cmの積雪があり、いままでの雪のない世界が一転して一面の銀世界になりました。氷の上に新雪が積もっているのでとても危険な状態(^^;)

     仙台も2桁マイナスを記録したのですね。濡れたタオルを振り回して凍らせたり凍ったバナナで釘を打とうとする酔狂な人、出ませんでした?(笑)

     ベルクさんは特に蚤の心臓だから花火も雷も地震も苦手(^^;)
    地震が怖くて本当に腰を抜かしてグダグダになる猫なんて初めてです(笑)

     揺れはそれほど大きくなかったものの揺れ方のプロセスが大地震なみだったからか、うにちゃんまでが不安がったのは意外でした。

     その猫どもに寒さに関係なく換毛期が始まりかけたようです。というのも最初ベルクさんが夜中に3度も吐き戻し、それにつられたのかうにちゃんまでゲロを吐いて、2階のカーペットは染みだらけ。さっそく毛玉排出剤のラキサトーンをシリンジで与えようとしたものの、この寒さで硬くなってなかなかチューブから出て来ないし、シリンジからもなかなか出て来ないのでベルクさん、シリンジを口に突っ込まれたままフガフガもがいてました(^^;)

     換毛期のきっかけってやはり気温じゃなくて日の長さでスイッチが入るみたいですね。

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2021.01.31

コメントをもっと見る

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

じぇいかん さん じぇいかん さん

じぇいかん さん

ユーザーID:214235

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる