• 日常
  • 2020年08月12日 | view 3,032
  • 0
  • 25
  • 18
  • Ribbon Bookmark

亡くなりました

2020.8/7 皮膚炎で通院をした時に撮った写真が

最期の写真になりました。

2020.8/8にまるこ永眠しました。

突然死で原因の特定は出来ず。

最期は家族全員と一緒でした。

これまで3年にわたりこちらでアドバイスを

くださった皆さんには

心より感謝を申し上げます。

譲渡してくださった

アンの家のスタッフ様

最初に保護してくださった方には

感謝しきれません。

とても思い出ぶかい3年でした。

これからも私達家族の心の中で

まるこは生き続けます。

本当に皆様、ありがとうございました

この投稿へのコメント18

  • hatiwar...さんへ
    お悔やみの言葉をありがとうございます。
    皆様からはたくさんの愛情あるお言葉、アドバイスを頂き、色んな経験を乗り越える事が出来ました。本当に感謝しております。
    改めてありがとうございました

  • マルコちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

    留守中にて ご挨拶が遅れた事を心よりお詫び申し上げます共に・・・
    ご家族様のご心痛をお察し致して居ります。

    マルコちゃんの成長の変化を共に共有させて頂けた事
    脱走事件、鼻輪っか姿・・・・忘れる事 出来ません。

    マルコちゃんがこの世で 生きていた姿を一緒に心に残させて頂きます。

    マルコちゃん!  ありがとう! 幸せな犬生だったね!!!

    by
    hatiware-mamaさん
    hatiware-mamaさん 2020.10.26
  • MKIさんへ
    初めまして。ブログに目を通して頂きありがとうございます。
    本当にこちらにいらっしゃる方々は愛護心が強く、愛あふれる方々だなといつも心から思っていました。最初はうまくいかない私の悩み相談的な感じでブログを書いていましたが、気が付くと私自身がここに癒しと安心を求めていました。MKIさんもありがとうございます。見知らぬ私の気持ちに寄り添って頂き、本当に今返信を書きながら心が温まっています。今は家族を急に失った喪失感が大きすぎて次の事は何も考えられませんが、このポッカリ穴の開いた気持ちを埋めてくれるのは、マルコの様に行き場を失った子がまた私の家族を選んでくれた時だと思っています。今はしっかり悲しんで、思い出に浸っていこうと思います。しかし犬を家族に迎える初心者の我が家にはマルコはハードルが高く、うまくいかない事の方が多かったと思います。でも家族が同じ方向をみて進んだ結果、本当に最近は家族にしか見せない場面がたくさんあって、「よしこれからだ」って時だったので本当に悔しくてたまりません。でも私の人生においてとてもインパクトのある子でした、生涯忘れる事はないでしょう。本当楽しい、悔しい3年間でした。本当に皆さんありがとうございました。

  • るーさんへ
    ご無沙汰しております。お悔やみのお言葉を頂き、ありがとうございます。
    急な事で何がなんだか・・・気持ちの整理がつきません。
    本当こんな事ってあるんだなって感じです、全然実感がわきません。
    急な別れだったので今は悲しいというよりもさみしいですね。
    当たり前なんですけど帰れば家に居た子が居なくなったわけで。何かポッカリ心に穴が開いて、つい無意識に散歩に出かけようとしたり。この3年間のルーティンからなかなか抜け出せません。本当さみしいです。ここでは皆さんからの心あるお言葉、助言を頂き、本当に私は救われました。まだまだ全然受け止められてませんが、いつかいつかいつかまた気持ちの整理がついた時にマルコの様な行き場を失った子に我が家を選んでもらえたらなと思います。まだそんな気持ちにはなりませんが、この穴を埋めてくれるものは行き場を失った子がまた私の家族を選んでくれた時だと思います。本当にるーさん色々とありがとうございました。感謝しています。

  • マルコちゃんの飼い主さま:

     昨日、「デカンが死にました」のログに、誤字・脱字があるやも知れずと思い、久しぶりに読みに行ってみると、注目すべきペットログとして、マルコちゃんの「死にました」のタイトルが付記されていたので読ませて頂きました。最初は、知らないワンちゃんの死にコメントを書くのもどうかと躊躇ったのです。が、「皮膚病を患っていた」との文に、大変苦労されただろうと、我が家のデカンとアンデイの場合を重ね合わせて思いを巡らせている内に、これも何にかのご縁では無いか、との想いから以下のお悔やみ文をしたためる事にしました。突然のコメントお許し下さい。
     
     「愛する者」を失った悲しみや心情は、恐らく、各人各様では無いかと思います。(以前に書いた、「ペットロスへの心構え」に私の近辺で起きたケースを書いています。ご参考になれば幸いです。)
     この悲しい心情を平静に戻すには、時間の経過のみ解決すると思います。解決に要する時間が長いか短いかは、如何に巧みに心情を吐露するかに掛かっているのでは無いでしょうか。

     何時の日にかマルコちゃんの死を受け入れ、ある程度の心の平静さが訪れた暁には、是非、新たなワンちゃんを迎入れて下さい。恐らく、これが唯一無二の「愛する者を失った心情」を癒やす解決策だと信じます。その日が来るのを、お祈りします。
     
     
     

    by
    MKIさん
    MKIさん 2020.08.17

コメントをもっと見る

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

真っ白な塗り壁のお家 さん 真っ白な塗り壁のお家 さん

真っ白な塗り壁のお家 さん

ユーザーID:629940

一般会員

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる