• 日常
  • 2020年02月19日 | view 132
  • 2
  • 0
  • 0
  • Ribbon Bookmark

トライアルを見送るボス「もみじ」

パンちゃん、トライアル出発時の様子。

夕方6時過ぎ、保護主の方が迎えにきました。パンちゃんは寝ていたちぐらからケージへ移動。他の野次猫ちゃんたちがケージに3,4匹群がるなか、保護猫カフェさくらのボス、もみじは一歩下がってその様子を見つめていました。

喜ぶ気持ちと寂しい気持ちがごた混ぜになってパンちゃんを見送る私たち。
「さ、じゃあ行きましょうか」と保護主さんがケージを持ち上げようとした時、もみじがスッとケージの網ごしにパンちゃんをのぞき込み、私たちにはわからないコミュニケーションをとったように見えました。まるで「頑張ってこいよ、幸せになれよ」と言っているようにも見えました。

他の猫たちが、それぞれ散っていくなか、もみじはパンちゃんがドアを出てエレベーターに乗り、エレベーターのドアが閉まるまで、私たちスタッフと一緒に最後の最後まで見送りしてくれました。

足に障害を抱えているもみじですが、ボスらしく凛々しい後姿でした。

彼の後姿を見ながら、「いつか君も必ずあのドアを出てこのカフェを卒業できるからね…」と心で呼びかけました。でも、その時は泣いちゃうかもしれないな。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

保護猫カフェさくら(保護活動者) 保護猫カフェさくら(保護活動者)

保護猫カフェさくら

ユーザーID:709174

保護活動者(非法人)・埼玉県

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

  • もみじ もみじ

    もみじ ♂

    雑種

    1保護猫カフェさくら

  • パン パン

    パン ♂

    雑種

    1保護猫カフェさくら

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる