• 日常
  • 2019年11月16日 | view 84
  • 5
  • 0
  • 6
  • Ribbon Bookmark

猫のへそは何処にある?

 へその緒がついたままの子猫ならともかく、毛がもしゃもしゃと生えそろってからの猫のへそがどこにあるのかを探すのは何かすごく難しいような気がします。

 というのもベルクさん、もうすぐ生まれて5年も経つのに、いまだかつて一度もへそが何処にあるか探し当てたこともありませんでした。

 まあ、お腹なんか触ろうものならバリバリと手の甲をすだれにしてくれる子はもちろんへそを探し当てることなんか無理でしょうが、ベルクさんはもう頻繁な爪切りはもちろんのこと、肛門腺絞りだって嫌がりはしますがそんな断固拒否なんてことはありません。

 そんで、最近のブームはベルクさんを仰向けにして「解剖の歌」を歌いながらお腹の毛をイジルこと。その歌が「解剖、解剖、猫の解剖、お腹を切り裂きヘイ、解剖解剖解剖、解剖、猫の解剖、玄白せんせいも皆、解剖」という七人の小人のハイホーハイホーの節の替え歌でベルクさんをイジり倒すというお遊び(笑)

 そんな解剖ごっこしていて、昔から4つ乳の位置はわかるのに、へその位置がさっぱりわからない。
おまけにベルクさん、胴体が長いので生まれたときと比べると相当位置が変わっているのではないかと。

 しかしベルクさん、子猫のときのまだ毛が短い時代からへその位置が不明で、それゆえに「おまえはもしかしてねこのたまごから生まれてニワトリに育てられたのか?」とベルクさんにたずねていたこともあったのですが、実際にねこのたまごは北海道は釧路のお菓子屋が作ってます。
 昔、一度頂いたことがあって、中にクリームが入っているお餅でした。本当は釧路だから丹頂鶴にあやかって「鶴の卵」で売り出したかったのに、調べたらどこかのお菓子屋が登録商標をすでに持っていて、鶴が猫に化けて「ねこのたまご」になったのではないかと想像してますが(笑)
 鶴も人間に化けますし猫ももちろん化ける魔のモノ同士!

 それで解剖ごっこのついでに、一度徹底的に探してやろうと毛をかき分け、筋肉の走行などを指先で探りながらついに探し当てたベルクさんのへそ。人間みたいに陥没していたり出べそというわけでもなく、指先の感触が少々周りと異なるところがあって、そこをかき分けるとその部分だけ直径6mmくらいに円形に毛がない部分がありました。おそらくはここがへそなのでしょうが、いままで下乳の間前後3センチくらいを探していたため、意外と上に付いていたなぁという感想。
これでベルクさん、卵生じゃなくて胎生だったことが証明されました(笑)

この投稿へのコメント6

  • Gintaさん

     たぶんワンコも足の付根の毛のないところよりも上にあると思いますよ。
    人間だって骨盤部分よりもだいぶ上にへそはあるわけですし。

     おそらくは指の感触が異なるところが毛が円形に剥げているところがありますから、触るの許してくれるのなら一度探してみましょう。

     Gintaさん、お菓子より酒のつまみ系ですか?(笑)

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2019.11.18
  • こんにちは〜♡

    ん?へそ?
    そうだよね…へそ天‼って言うくらいだもんね笑笑
    気にした事無かった… けっこう毛が生えてるし お腹を見せて寝たりは皆無だし(;・∀・)見たことない‼
    立ってる時下に入ってみたけど?…笑
    後ろ足近くの毛が薄いとこにはオッパイしか見当たらなかった('・ω・')
    また 挑戦してみます♪

    わんこのへその緒は 母わんが噛み切るらしいけど…流石に葵の仔のはブリーダーが切ったんでしょうね〜


    えさ地方の従姉妹から ”鶴の子“?だっけ…?貰ったことあるけど…
    私は…明太子か茅乃舎のだし の方が嬉しいな(^o^;)

    by
    Gintaさん
    Gintaさん 2019.11.18
  • えささん

     ベルクさんが怖がる怪談「杉田玄白、猫の解剖」もありますが(笑)

     ヘソ天という言葉を使うのだったらちゃんとへその場所だけは確かめて置きたいと思っただけですって。

     確かにつるのたまごという名称類似のお菓子は各地にあるようですね。そのどれもが中身が餡らしいので、生クリームとはやはり乳製品王国北海道のお菓子です。でも丹頂鶴の生息地釧路湿原ですからやはりお菓子としては鶴の玉子が適当なのでしょうが、なぜ鶴が猫に化けてありもしないねこのたまごになったのかは登録商標説が有力なのでしょうか?(笑)

     本日、知り合いのところに久しぶりにベルクさんを連れて行こうと思ってキャリングケースに収めようと思ったらまた病院につれていかれるのかと思ったらしく、どうしても入らないのでケースを立ててベルクさん逆さまにして頭から詰め込みました。久しぶりにケースに収まったベルクさんの重さたるや、やはり猫の重さではありません(笑)

     でもデカニャン、抱きごたえがあってマニアにはたまらないんですよ(^_^;)

     お千代さんじゃなくておえささんですか?どちらかというとおさるのかごやで「えっさえっさえっさほいさっさ」って歌ってそうですが(笑)

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2019.11.17
  • ヘイ♪!じぇいかんさん☆こんにちわ♪ヘイ♪


    解剖の歌って(笑)。。じぇいかんさんの引き出しの多さに驚きですΣ(゜Д゜)ナヌ!!


    確かに。。へそが実在するのも知りませんでしたよ(T-T)よう考えたらそうですよね!!探しましたがなぁ~お銀のへそ(笑)短毛、腹は薄毛にあっても…わかりましぇんえん(;゜∇゜)

    ねこのたまご。。最初見た時、『鶴の卵?』と最初に思いましたが、こちら石村萬盛堂の鶴の卵地方です(笑)
    ひよこ元祖問題、赤福元祖問題、、美味しい有名菓子は様々な大人の問題が絡まるなか、ねこのたまごとは!!潔いです!!攻め方が最高です!!ちなみに、鶴の卵の空き箱は小物入れに使ったり、活用方法も様々です(笑)



    にしても、ベルクさんはやっぱりデカイですよね~♪じぇいかんさんの手と比較しても、ワンコレベルですね!では!!失礼して。。。

    ベルクさん大きめ♪ベルクさんは猫よ♪だけどちょ~っとビビりんちょなお~と~こ~の~こぉ~♪
    (人生いろいろ♪ベルクバージョン)by島倉えさ子


    by
    えささん
    えささん 2019.11.17
  • おちゃちゃまるさん

    普通に「へそ天して寝てました」なんていう人たちも、本当にへそがどこにあるのか真剣に確認した人がどれくらいいたでしょう?(笑)

    短毛種の子たちは毛をかき分ける(解剖)すれば見つけるのは容易いと思うのですが、うちの猫どもはもう長いのが密集してますから大変でした。

    このねこのたまご、ほんの小さな街のお菓子屋さんの商品なのですが、今は楽天でお取り寄せ出来るようです。
    けっこうネーミングで気になる人も多いのでしょうね。昔は単独商品だったはずですが、今や20のバリエーションが出来たそうで。

    うちの方は2月に近づき、低気圧が北海道の南岸を通過するようにならないと大雪にはなりません。雪掻き頻繁にしなくとも良いので、北海道としては生活しやすい所です。

    やはり旅行者と生活者との雪のイメージは違いますよね(笑)

    by
    じぇいかんさん
    じぇいかんさん 2019.11.17

コメントをもっと見る

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

じぇいかん さん じぇいかん さん

じぇいかん さん

ユーザーID:214235

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

    • 日常
    • 2 days ago

    グッときた

    チャム大先生の母 さん

    チャム大先生の母さん

    グッときた
    • 8
    • 0
    • 4
    • 61 view
    NEW
    • 日常
    • 4 days ago

    秋色やで!銀!

    えさ さん

    えささん

    秋色やで!銀!
    • 6
    • 0
    • 16
    • 82 view
    NEW
    • 日常
    • 6 days ago

    言い訳

    ぐり29 さん

    ぐり29さん

    言い訳
    • 5
    • 0
    • 6
    • 66 view
    • 日常
    • 5 days ago

    鳥?

    じぇいかん さん

    じぇいかんさん

    鳥?
    • 5
    • 0
    • 8
    • 60 view
    NEW
PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社