• 日常
  • 2019年02月12日 | view 206
  • 3
  • 0
  • 2
  • Ribbon Bookmark

何で人間は

自分がやられて嫌なことを人にはするな。

そう言われて育ちました。

私も子供にはそう教えてきました。

同じことを自分がやられたらどう思うか、感じるか。

これをしたらどういうことになるのか。

わからないの?
ねぇ、人間なのに?
理性は?想像力は?道徳心は?
持ってるはずでしょ?

自分より弱い者を傷つける。
物言えぬ弱い者を傷つける。
命さえ奪う。

もう人間やめたらいいよ。

法律ももっと厳しくしてよ。


この投稿へのコメント2

  • ツグミのこころさん

    本当に辛いですよね。

    酷い暴力を受けても親や飼い主を心のどこかで
    愛しているのですから。

    今回のように勇気ある投稿で声をあげてくれた方、即座に保護をしてくれた方に心から感謝です。

    まだ影にかくれていることがたくさんあるのです。

    見つけたら見て見ぬふりをせず、
    声を届けてほしいですね。
    受けとる行政もしっかりしてほしいと思います。
    命がかかっているのですから。

  • こんばんは クロスケさん

    ワンコが飼い主だった方から日常的に虐待されていた件。
    なんて胸くそ悪い事件‥あの飼い主からワンコがレスキューされ、命と身の安全が確保されたことは本当に良かったと思いました。

    虐待する者の心理は、DVをはたらく者の心理に似ている気が致します。

    蹴られても、飼い主に対し全く逆らう様子が見られなかったワンコ。
    いくら大人しいとはいえ、猫でも本気噛みされたら人間は敵わないです。
    ましてやレトリバーですよね。
    犬が本気噛みしたら、その破壊力は相当なものだったと思いますが‥。

    優しくされる時もあり、そうかと思えば蹴られたり‥。
    あのワンコは暴力を受けた後は、いつも優しくされていたのでないかと、私は思いました。
    飼い主は飼い主で、イライラを発散させたらスッキリするから優しくできたのではないかと。
    このサイクルによって、ワンコは気持ちを支配されていって、飼い主を噛んだり怒ることが出来なかったのでないか?私はそう思いました。

    虐待やDVは、強い者から弱い者へ一方的に向けられます。
    暴力をふるう者が改心する見込みは低く、被害を受けている動物は(人もですが)思い通りにならなければ、さらに強い圧力をかけられ支配されることになるのです。
    暴力は、確実にエスカレートしていきます。

    動画投稿により、即座にあのワンコが飼い主だった者から、完全に引き離され本当に良かったと思いました。

    暴力は決して許されてはなりません。命に関わる問題です。

    善悪の判断はできるのに、でも言うことを聞かない子に対し、叩くこともアリだという考え方が、私たちに人間に潜在的にあるはずです。

    叩いたりして教えることも場合によっては認める‥。
    そこに一部例外を含んでしまうのは、暴力がいかに人間の深いところに浸透しているかという証拠だと、私は思います。

    被害を受けているのがペットであっても、即座に引き離す必要がある。
    外部からの強い介入が必要と思います。





    by
    ツグミのこころさん
会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

保護猫クロスケの部屋(保護活動者) 保護猫クロスケの部屋(保護活動者)

保護猫クロスケの部屋

ユーザーID:570480

保護活動者(非法人)・千葉県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社