能登猫救出大作戦 決行中
  • 日常
  • 2017年04月07日 | view 314
  • Ribbon Bookmark

乳腺腫瘍術成功!退院 服を着たにゃん太♀

こんにちは。
昨晩にゃん太♀が退院してまいりました(^^)
動物病院の2階にあるペット用品店にて、エリザベスウェアを試着させてもらい購入しました!

カラーをつけていたのですがカラーはどうしてもストレスが多いようです。

さて、30分~40分かけわが家へ帰ってきたにゃん太♀
バッグから出すと挙動不審。目をまん丸にしてきょろきょろクンクン後ずさり。

やっぱり落ち着かないのかと心配していたのですが、トイレの匂いを嗅ぎ確認を済ませると、
カリカリと爪とぎ(^^)ホッとしました。

そのあと、すぐ膝に座ってグルーミングを始めました!
ホントに良かったー甘えんぼの性格も相変わらず、術前のにゃん太と同じでした。

手のかかる子ほど可愛いといいますが、ほんとにそうですね。

エリザベスウェアはMサイズを着用しました。排泄にも負担がなく、嫌がって脱ごうとするかなー?と心配していましたが、大丈夫でした(^^)

ただ、にゃん太は左乳腺全摘しているため、少し前後足の隙間から傷口が見えてしまい舐めてしまいます。にゃん太の場合はそれほど強く長く舐めることもなかったのでよかったのですが、

気にして舐めてしまいう猫ちゃんには、袖のあるエリザベスウェアがいいと思います。
舐め壊して縫い直しなんて最悪ですからね(´・ω・`)

1週間後一部抜糸。病院に連れて行くのが可哀そうで。。。でも心を鬼にして頑張ります!

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

にゃんたまる さん にゃんたまる さん

にゃんたまる さん

ユーザーID:434705

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる