• 別れ
  • 2020年09月18日 | view 139
  • 0
  • 3
  • 2
  • Ribbon Bookmark

メイちゃんの生きた証

癌じゃなければ
ロシアンブルーぽいキレイな子

メイちゃん反対側はとても
力強い瞳をしていました。

保護時、お乳が張っていたので
野良猫生活時は....

痛みに耐えながらも
子猫に授乳もしていたと思われます。

続き・・・
https://ameblo.jp/tukaneko-tiikineko/entry-12618275186.html

この投稿へのコメント2

  • ツグミのこころさん>コメントありがとうございます(^^♪
    お乳を張った状態で末期のガンでした。見ていて辛かったですが
    子猫達はみな、もらわれて行きました(#^.^#)
    最期まで、お乳飲んでいたので子猫は元気いっぱい。

    いのちのバトン繋がっています!天国からきっと寄り添ってるかなぁ~

  • はじめまして。

    涙がこみ上げてきました。
    それなのに言葉が見つからないです。

    とっても辛いはずなのに、この子のこと書いて下さりありがとうございます。
    ただただ涙が止まりません。

    by
    ツグミのこころさん
会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

つかねこ動物愛護環境福祉事業部(保護活動者) つかねこ動物愛護環境福祉事業部(保護活動者)

つかねこ動物愛護環境福祉事業部

ユーザーID:510183

保護活動者(非法人)・兵庫県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる