• 別れ
  • 2019年03月19日 | view 169
  • 3
  • 4
  • 4
  • Ribbon Bookmark

名前をありがとう

僕は野良猫。そう呼ばれてる。

昨日 道路を渡っていたら
急に体が宙を舞い、硬いコンクリートに叩きつけられた。

何が起きたんだろう。痛くて苦しいよ。
誰か助けて。

時間だけ過ぎる。
痛みがます。体が勝手にピクピク動く。
僕のそばを車が通る。怖いよ、痛いよ。

どのくらいたっただろう。
誰か泣きながら来た。小さい女の人だ。
僕は強いんだ。
シャーッ!シャーッ!くるな!くるな!

小さい女の人は、泣きながら怯んでるけど
着ていた洋服を脱いで僕をくるんだ。
耳からも口からも血が出て 首や耳は皮膚病ですごく汚いのに。

男の人も来て 一緒にその人の車に乗せてくれた。小さい女の人は近くの病院に連れていってくれた。

最初の病院は僕は助からないから、痛み止だけ打ち、冷たい銀の箱にいれた。
小さい女の人は、検査しないのか聞いていた。治療費は出すし、自分で引き取るからって。
でも何かあったら、連絡しますと帰された。

息がすごく苦しいのに、酸素室にもいれてもらえない。

小さい女の人は悩んだ。
僕を見つけたときから誰かと相談していた。またその人と相談して このまま放置されているのも、車で違う病院につれていくのもかわりがない。かけてみよう!と僕を違う病院へ連れていってくれたよ。

途中で目がぼんやりしたけど
酸素室を準備しておいてくれて、柔らかい毛布まであったんだ。

小さい女の人は、自分が移動したせいで、僕が悪くなったと悲しんでいるけど
全然 違うよ。

ここの先生も、看護師さんも優しい。
全力をつくしますって、言ってくれた。

小さい女の人が名前をつけた。僕に。
黒猫だから くろ。

へへ。ベタだけどいい名前でしょ?

くろ、頑張れ
くろ、頑張れ

聞こえるよ
聞こえるよ。

僕はくろ。
僕はくろ。


ちょっと疲れた。
だんだん意識がなくなる。
でも、僕の近くに誰かいるよ。
一人じゃない。
毛布、これ暖かいな。初めてだよ。
嬉しいな。撫でられるのも気持ちいい。

僕は野良猫じゃない。
くろになった。
小さい女の人の家の子になった。

ありがとう。
ありがとう。
小さい女の人。

ちょっと行ってきます。
またね、またね。


くろは虹の橋を渡りました。
今度はおうちのある子に生まれておいで。

Mさん
くろを助けてくれてありがとう。

この投稿へのコメント4

  • ツグミのこころさん

    こんにちは。
    くろのために、ありがとうございます。

    くろのように病院に連れていってもらえる子は
    残念ながらまずいないと思います。
    それを思えば
    最後、本当に最後だけど
    人の優しさに触れることができて、良かった。
    私もそう思います。

    助からないにしても
    くろができるだけ苦しくないように、寂しくないように
    たくさんの優しい手がくろへと伸ばされました。

    そうですね。おっしゃる通り愛ですよね。

    くろのような子が一匹でも減るように、
    微力ながらコツコツ頑張っていきます。


    そしてボスのこともありがとうございます。
    ボス、ちゃんとご飯を食べに来ます。
    守れない約束はしないから
    待ってて、とは言えず 頑張れと声をかけます。


    保護かリリースか
    あの子かこの子か

    選択するのは私の罪です。

    罪悪感をかかえても、私はつぶれない。
    そう思っています。

    いつもありがとうございます。

    楓太くん
    かわいいですもん。
    ボスも実はよく見るとかわいいです。(*^^*)

  • こんにちは クロスケさん

    保護活動をなさっている方の目線で書かれた内容にはやはり、涙なしには読めないです…。

    ペットのおうちにてタイアップで起用された『名前を呼んで』この楽曲についても、強く、心撃たれるものを感じる私ですが、名前で呼んでくれる誰かがいて、くろちゃん‥良かったね…。
    文字だけじゃ、やっぱり伝え切れない。
    「良かったね」以外私、言葉が見つけなれない。

    けど、現実。くろちゃんは自力で酸素を吸えない状態だったろうと思いました。
    酸素室がなかったら、チアノーゼが出て大変な苦しみが出たと思いました。

    この子が息をするために、絶対的に必要なサポートをしてくれて、くろに心を砕いてくださって、これを愛と言わずなんて言うのか…。
    くろちゃん‥皮膚病もあって、辛い毎日だったね…。すごく頑張って生きてたね。
    私だったらとぅに、生きるの諦めてるよ。
    私だったら、くろみたいに強い生きざま、出来ない。
    この子のことを教えてくださり、ありがとうございますm(_ _)m

    追伸。
    ボス。リリース翌日も捕獲器の中に居たんですね。辛い…。
    クロスケさんの辛さをわからず「ボスをお願いします」なんて、すみませんでした。
    ボスがうちの楓太に似てて、私も辛かったです。

    立春を過ぎた頃を境に、つぐみの皮毛は急に抜けるようになりました。

    春…なんですね。

    私は「あぁもう子にゃんこが出てくる時期だね」と、つぐみの換毛期で春の訪れを感じます。

    クロスケさんがリリースを肯定的になれないまま、一方で生まれてくる子たちへの対処に大変悩まれていらっしゃるのをわからず、すみません。

    by
    ツグミのこころさん
  • えささん。

    こんにちは。クロスケです。
    優しいコメントありがとうございます。

    確かにくろは生きていた。
    名前もなく 誰からも見向きもされなくても
    彼は確かにこの世にいました。
    頑張って生きていた。

    助けてくれた彼女は、くろを助けられなくて
    とても責任を感じてしまいました。
    遠方のため飛んでいけず、
    彼女一人に背負わせてしまい、申し訳なかったと思うのです。

    くろからの感謝の気持ちを代弁しました。
    きっとくろはこう思っていますよね。

  • 保護猫クロスケの部屋さん

    くろさん、最期の瞬間幸せでしたよね。
    くろさんの猫生 きっと苦しい、悲しい事が多かったかも知れませんが、、最期が全てを輝かせてくれたと信じて手を心を合わさせて頂きました。

    そして、どんなに過酷な状況にあっても、命を諦めず、必死に、温かく寄り添われた方々に敬意を……

    そして、くろさんの為にログを立ててくれて、くろさんを紹介してくれた保護猫クロスケの部屋さんに感謝致します。


    スミマセン、、実家で飼ってた甲斐犬がまさにクロ(虎毛でも黒が多めだったので)と同じ名前だったので、寄らせて頂きました。。

    by
    えささん
    えささん 2019.03.13
会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

保護猫クロスケの部屋(保護活動者) 保護猫クロスケの部屋(保護活動者)

保護猫クロスケの部屋

ユーザーID:570480

保護活動者(非法人)・千葉県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社