能登猫救出大作戦 決行中
  • 老い
  • 2022年08月29日 | view 126
  • Ribbon Bookmark

ゆきちゃん、食事形態の変更

笑波 さん
笑波 さん

以前のブログで、体重が落ちている事を書きましたが、手術後もあまり戻らず、ゆっくり痩せている状態でした。

恐らく、老化で動くことが少なくなり、食事量も減り、硬いフードもあまり食べなくなったためだと思い、フードをペットミルクでふやかして与えていました。

それでも体重は減っていく一方でしたので、少し前からおやつのビスケットやクッキーなどをミルクでふやかし、パウダーフードを混ぜた介護食に変更しています。

食べなくなると衰弱一直線になってしまうため、なるべく食べて欲しくて嗜好性の高いおやつを使用しました。
また、脂肪も薄くなって骨が目立っているので、少しでもカロリーを摂って欲しいためです。

うちに来た時はおデブちゃんで70g超え。
ダイエットで65g前後で安定していたのが、53g。
今は毎日体重測定をしているので、今後も工夫しながら介護をしていきたいと思っています。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

笑波 さん 笑波 さん

笑波 さん

ユーザーID:931590

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる