能登猫救出大作戦 決行中
  • 保護活動
  • 2024年02月26日 | view 56
  • Ribbon Bookmark

クロリーヌ手術

クロリーヌさま、
手術行ってきました。

いちばん大きな腫瘍は、
乳腺腫瘍ではなかったこと、
年齢的に、小さく点在している腫瘍を取って
麻酔回数を増やすのはやめた方が良いということで

最前の策を講じてくださいました。

血液検査、レントゲンなどできる限りを全てやりました。
レントゲンは肺にも転移なく、
血液検査も赤血球多すぎ!とのこと笑


ただ、エイズ陽性でした。
また、場所は考えていきます。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

猫村まなお。(保護活動者) 猫村まなお。(保護活動者)

猫村まなお。

ユーザーID:887820

保護活動者(非法人)・北海道

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる