• 保護活動
  • 2023年12月07日 | view 42
  • Ribbon Bookmark

下半身不随【くるみちゃん】予防接種と他保護猫の医療

【くるみちゃん】【凪君】【もみじ君】についての医療

いつも応援ありがとうございます。

暖冬とはいえ東北は寒くなってきて、猫達も次々と風邪をひき、投薬ばかりの毎日となりました。

今回も【くるみちゃん】【凪君】【もみじ君】についてご報告いたします。

【くるみちゃん】ようやく、膀胱炎の症状がおさまってきましたので今がチャンスとようやく予防接種になりました。

もう何月も繰り越していたので打ててほっと一安心です。

そして【凪君】風邪は治まり、現在はステロイドのみの服用になっています。先日も病院にいきましたがとりあえず2か月のステロイドの服用と療法食で経過観察継続とのこと。

引き続き注視していきます。

【もみじ君】は風邪にて抗生剤の服用を試みましたがなにをして騙しても騙しきれずコンベニア注射をしてきました。

まだ風邪の症状はあるのでまた2週間後にコンベニア注射になるのではないかと予想しています。

引き続き様子をみていきます。

次々体調を崩す猫達。

投薬ももちろんですが室温、湿度を管理していきたいと思います。

皆様も体調にお気をつけてお過ごしください。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

ボランティア ねこ活(保護活動者) ボランティアねこ活(保護活動者)

ボランティア ねこ活

ユーザーID:942504

保護活動者(非法人)・宮城県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる