• 保護活動
  • 2023年12月03日 | view 26
  • Ribbon Bookmark

保護猫達の医療

いつも応援ありがとうございます。

 

もう12月。寒くなりました。

 

猫達も今時期は体調を崩しやすく、本日は3匹の医療についてご報告いたします。

 

11月24日には風邪を引いてしまった【凪君】【もみじ君】の薬をいただきに行ってきました。

最近の【凪君】は少し下痢もおさまるときもあり、よしよしと思っていた矢先の風邪です。

【凪君】は投薬が難しいのてすが細かくした薬をオブラートにつつみ、ちゅるびーにインして回りをカルカンパテのパウチにてコーティングすると食べてくれるのでなんとか投薬はうまくいっています。

現在はステロイドと抗生剤を投薬しています。

 

【もみじ君】も風邪をひいていまして、薬をいただいてきて色々工夫しましたがあまり食べず投薬量が少ないため本日コンベニア注射をしてきました。

またなかなか捕まえるのが厳しいので合わせて糞便検査をしてきました。

桿菌は少し活発ではありますが許容範囲ということで引き続き様子をみていきます。

またお腹の毛がなくなっていた件について来週検査の予定でしたが風邪を引いたためキャンセルをしました。

ですがここ半月ほどロイヤルカナンのアミノペプチドフォーミュラーを与えていたところ毛が生えてきました。

アレルギーによる脱毛と予想して先に療法食で様子をみていきたいと思います。

 

【くるみちゃん】は前回尿検査をして膀胱炎は回復したかに思われましたがまた出血がみられ、膀胱炎の投薬を昨日いただきはじめたところです。

12月にはお見合い会2箇所で行います。

参加する猫たちの体調管理もしっかりしていきます。



里親募集中のチラシ良かったら見ていただけるとありがたいです。



 

応援、いつも感謝しています。

ありがとうございます。

 

 

 

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

ボランティア ねこ活(保護活動者) ボランティアねこ活(保護活動者)

ボランティア ねこ活

ユーザーID:942504

保護活動者(非法人)・宮城県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる