• 保護活動
  • 2023年09月23日 | view 27
  • Ribbon Bookmark

9月の活動報告

こんばんわ。ボランティアねこ活です。
もう9月も末になりました。

9月はハードな毎日でしたがあと数日乗り越えたらなんとか色々な事が落ち着いてくるのかな。と思います。

先月は2匹、今月は2匹を愛護センターから迎え治療も1匹を残し大分落ち着いてきました。
ねこ活では殺処分に近い傷病猫や、一般の里親様の手が挙がらなくて命の危険がある子を迎えています。

治療には時間がかかり費用もかかるので一度に多くは助けられないのですがなんとか踏ん張っています。

その努力が認められたのか今月は2つ大きな成果があがりました。

1つ目はPanasonicのジアイーノ保護犬猫プロジェクトに宮城県では初の参加になりました。
NPOや社団法人でもない任意団体のねこ活が選ばれたこと、本当に光栄です。

また兼ねてから県議員さんに宮城県の動物愛護について説明や、改善の必然を訴えてきましたがこの度私の要望が県議会の一般質問で話されました。
これは本当に素晴らしいことで私の熱い想いを受けとめて県に要望が提案され、任意団体が県を動かしたのです。
動いてくださった議員さんには有り難い気持ちでいっぱいです。

なにも大きな団体ではなくても真面目に活動していれば大きな力が動くことを証明することができました。

引き続き治療をして新しい飼い主に繋ぐ活動、また普及啓発などを続けていきます。

応援よろしくお願いいたします。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

ボランティア ねこ活(保護活動者) ボランティアねこ活(保護活動者)

ボランティア ねこ活

ユーザーID:942504

保護活動者(非法人)・宮城県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる