• 保護活動
  • 2023年09月20日 | view 46
  • Ribbon Bookmark

それは5月のことでした

イメルとレラ 

兄妹が保護されたのは

今から4ヵ月前

5/18

春日部市で 餌をあげていたら

母猫が恐らく 姉妹である猫 3匹が

同時に出産してしまった

という案件でした

当時 アネポノがやっと離乳食になり

ホッとしていたころで

「また、どうせ 身勝手な餌やりなんだろう!」と思って

カッカしながら

現場に向かうと

すでにOさんがKさんと一緒に

仔猫を保護

でも1匹の母子だけは

外壁と内壁の間に入っていて

手が届かない

餌やりさんご夫婦は

ものすごく反省していて

たぶん 

どんな餌やりも

「こんなに増えるとは思ってなかった」

が本音なんじゃないかな?と思う

だけど

そこで「開き直る人が」9割

今回の餌やりさんは

引っ越す予定があり

母猫3匹は

そこへ連れていって 面倒見ます

と言ってくれた(もちろん手術してから)


そして 捕獲機の使い方も覚えてもらい

捕獲出来たら連絡してもらい

母猫3匹と 父親と思われる猫は無事 手術できた

壁の間の子猫が

チニタと流山のボラさんのところへ行った子

この時は 一気に8匹の子猫が出てきた

もちろん 私一人では到底お世話はできないので

Oさん・Hさん・私で分けてお世話することに

個人ボラは キャパがあり

無理をすれば子猫たちが

可哀そうなことになるのはわかっているので

仔猫ラッシュがくると

そこが一番頭を悩ます

聞いてしまえば 気になる性分が 多いのも

猫ボラの特徴だと思うww

イメルたちの妹 ノンノと 従兄弟のチニタは

しあわせにゃんこになった


さぁ!次は

イメルとレラの番だよ


今週土曜日は

流山市 こんどう動物病院様での


保護猫譲渡会です


7月生まれの子猫が参加します

ぜひお越しください



会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

Withねこ(保護活動者) Withねこ(保護活動者)

Withねこ

ユーザーID:560689

保護活動者(非法人)・埼玉県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる