能登猫救出大作戦 決行中
  • 保護活動
  • 2023年06月08日 | view 48
  • Ribbon Bookmark

預かりボランティア②

2021年4月。
次に我が家に家猫修業にやってきたのは4匹の兄妹。
まだ2ヶ月くらいでした。
便検査でコクシジウムというものが見つかり、ずっと下痢!
しっかり治ってから、2匹ずつ、黒猫キキと三毛猫ミケはお若い新婚夫婦の方、黒猫ジジとキジ白ミルクは猫大好き京都のご夫婦に家族として迎え入れてもらいました(*^^*)

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

たろみろ(保護活動者) たろみろ(保護活動者)

たろみろ

ユーザーID:852108

保護活動者(非法人)・大阪府

このメンバーのペットログ

関連記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる