能登猫救出大作戦 決行中
  • 保護活動
  • 2022年07月20日 | view 379
  • Ribbon Bookmark

2022年7月19日の倉敷

三連休、海の日が明けた倉敷の犬舎。昨夕、ちょっと動きがあった模様です。
今朝、職員さんからのご連絡をいただき情報を頂きましたので、ご報告をさせていただきます。
引き続き倉敷っ子、応援よろしくお願いします。

昨日午後からは、teamKARの特別支援で、野犬男子からと君が外部クリニックに去勢に出かけました。
半年弱の男の子、9キロ、フィラリア陰性、血液検査問題なし。クリニックでもお利口にできたとのご報告・・からの、お見合いそして、譲渡決定!からと君、犬舎を卒業していきました。
ご家族、よろしくお願いします。ありがとうございます。

また、同じく、夕方お見合からの、野犬子犬こもじ君、相談中になりました。
ご家族で話し合いをしていただくようです。どうかどうか、赤い糸でありますように。

今、大学生ボランティアのおねーさんたちが、犬舎で収容ワンコたちに愛と勇気を伝授くださっています。昨日のふれあい写真をいただいておりますので、ご紹介しますね?
まだまだ固まりワンコの野犬たち、お迎えがない迷子、今は家族募集となったセーノ君も、こうして人の手の温かさややさしさを感じていたんですよ。みんな幸せになれますように。

気になるこの子・・迷子のおばーちゃんワンコ?
収容当初より元気になってきましたが、きっと家族のもとに早く帰りたいでしょう・・・この子をご存じの方、おられませんか?赤い首輪がついていました。早くおうちに帰れますように。

犬舎にはまだまだ小さな命がたくさん・・
ペットショップに行く前に、この子達のことも選択肢のひとつにしていただけませんか?
よろしくお願いします。

新型コロナの感染が長引き、なかなか厳しい局面が続いておりますが、ベストを尽くして、ご縁を繋ぐことができるよう頑張りますので、どうぞ、引き続きよろしくお願い申し上げます。

去勢避妊をはじめとする医療など必要とする子たちに
振込によるご寄付はこちら

↓↓↓

郵貯銀行からのお振込口座
team KAR
チームケーエーアール
記号15490
番号39608101

他金融機関からのお振込
店名:五四八(ゴヨンハチ)
店番:548
普通預金3960810

#倉敷市保健所 #teamKAR #KAR応援団 #医療支援 #支援 #里親募集 #譲渡決定 #相談中 #迷子犬 #保護犬 #収容犬 

追記
情報更新!(8/10)
こもじ君、こもた君、倉敷市保健所来所可能圏内からのお問い合わせが入り、相談中となりました。本当にお問い合わせくださって感謝しています。どうかご縁が結ばれますように。

追記 2
情報更新!(8/21)
こもたくん、家族決定です。
本当に応援ありがとうございました。

詳しくは
https://www.pet-home.jp/petlog/repocg_1/repo39611/

追記 3
情報更新!(8/24)
こもじくん、家族決定です。
本当に応援ありがとうございました。

詳しくは
https://www.pet-home.jp/petlog/repocg_1/repo39626/

追記 4
情報更新!(8/25)
かよりちゃん、譲渡決定です。
本当にありがとうございました。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

繋(倉敷市保健所犬ボランティア)(保護活動者) 繋(倉敷市保健所犬ボランティア)(保護活動者)

繋(倉敷市保健所犬ボランティア)

ユーザーID:140925

保護活動者(非法人)・岡山県

このメンバーのペットログ

関連記事

    • 保護活動
    • 1 day ago

    2024.07.17

    うにゃ。 さん

    うにゃ。さん

    2024.07.17
    • 11 view
    NEW
    • 保護活動
    • 1 day ago

    2024.07.15-02

    うにゃ。 さん

    うにゃ。さん

    2024.07.15-02
    • 3 view
    NEW
    • 保護活動
    • 1 day ago

    2024.07.15-01

    うにゃ。 さん

    うにゃ。さん

    2024.07.15-01
    • 6 view
    NEW
    • 保護活動
    • 1 day ago

    2024.07.14

    うにゃ。 さん

    うにゃ。さん

    2024.07.14
    • 3 view
    NEW
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる