• 保護活動
  • 2022年05月20日 | view 257
  • 3
  • 2
  • 1
  • Ribbon Bookmark

ポップちゃんにみる、倉敷の野犬→譲渡決定!

Edワンコのおうちでお見合いまで過ごしている、倉敷っ子ポップちゃん。
とっても賢くて、月曜日に倉敷市保健所から引き出し、数日でお散歩も安定し、お座りや待てもなんとなくマスターしてきています。ポップちゃんにはありがたいことにお話進行中。
今回は、ポップちゃんを通して、成犬野犬の魅力について、ちょっとお伝えしたいと思います。

お山で生まれて、ヒトに飼われたことのない子たちを、私たちは野犬と呼んでいます。もともとヒトに飼われていた犬が迷子になったり、遺棄されたりして、お山暮らしになって、家族を形成し、生まれてきた子たち、その子孫が野犬というわけです。

野犬というと、かなりワイルドなイメージじゃありませんか?さすらいの・・そう、オオカミみたいな?

でも、倉敷市保健所管轄内の野犬たちの多くは、自分で狩りができません。ヒトのおこぼれをいただいて、ヒトを恐れて、こっそり忍者生活をしているような子たちです。

保健所に収容されて、この世の終わりのような表情をしています。ノミダニ駆除やワクチン接種などの間、檻で隔離されていますが、ぶるぶる震えてご飯すら食べられない子もいます。その後係留エリアに移され、そこから本格的ならしやお散歩練習をしています。
職員さんもわたしたちボランティアも、帰るおうちのないこの子達を少しでも家庭に入りやすいようにならし、医療行為を行いながら、ご縁を探しています。

成犬野犬、かなり人を警戒している子が多いです。つまり、声をあげません。吠えると居場所がばれるから。
トイレは自分の居住空間から離れて済ませようとします。自分の居場所につながるヒントを極力避けるように生きてきました。
この要素は、実のところ、室内飼育に適しているんです。
私は、家を空けて出かけることが多いので、主に成犬野犬のレスキューを担当しています。
脱走対策は必須です、シンプルにお伝えすると、室内係留を外しませんが、要点を抑えると、自分の生活スタイルを大幅変更することなく、お迎えできるのが成犬野犬なんです。お留守番上手です。
そして、個体差はありますが、時間をかけて尻尾振ってくれるようになるまで、コツコツ時間を重ねていくことは、とても楽しいことなのです。

ポップちゃんも、吠えません。トイレもたいてい朝お庭の片隅で。また室内で。驚くほど勘が鋭く、モデルになる元野犬Edワンコの様子を見ながら、どうふるまうべきか学んでいます。群れのボスをフォローしてきた子ですから、ヒトがリードしてあげるなら、うまくいきます。

室内にいても、観葉植物のように動きがないかもしれないけれど、愛情と忍耐の積み重ねで、素敵すぎるパートナーになれる子たちだということ、知っていただけたらなと思います。

倉敷市保健所には、年間おおよそ300頭前後の野犬が収容されます。野犬だって家庭犬になれるんですよ。是非、この子達のこと、知っていただけたらと願っています。

#倉敷市保健所 #野犬譲渡 #成犬野犬 #犬型観葉植物 #teamKAR #KAR応援団 

追記
情報更新!(5/22)
ポップちゃん、ずっとの家族決定です。
本当にありがとうございました。

この投稿へのコメント1

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

繋(倉敷市保健所犬ボランティア)(保護活動者) 繋(倉敷市保健所犬ボランティア)(保護活動者)

繋(倉敷市保健所犬ボランティア)

ユーザーID:140925

保護活動者(非法人)・岡山県

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

  • Edward Edward

    Edward ♂

    雑種

    64繋(倉敷市保健所犬ボラン...

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる