能登猫救出大作戦 決行中
  • 保護活動
  • 2020年07月09日 | view 175
  • Ribbon Bookmark

野良ちゃんがこっそり二階で産んだ子猫達

近所の猫好きの方から
声をかけられ、
大きなお家で一人暮らしのおばあちゃんのお家の
二階で子猫が2匹見つかったけど、
母猫もしばらく来てないようで、
見に来て欲しい!!と。
そのおばあちゃんは
目があまり見えず、足も不自由で
大きなお家だけれど、一階のリビングで生活をしているので二階にいる子猫達のお世話は出来ず、
困っていました。
しばらくして、二階の応接間にある荷物の隙間から
子猫が出てきたり、ちがうところこらも子猫の鳴き声がして結局は5匹。
ミルクを飲ませたり、
目やにで目が塞がっている子が三匹いたので
病院へ行って薬をもらって
きれいに処置。
保健所に連れて行く!と
おばあちゃんの知り合いの方が言っていたようですが、
おばあちゃんは
保健所に連れて行ったら殺されてしまう!と言って
しばらく、家に置いておいてくれる事になったので、
その間、授乳や目の処置などのお世話と並行に
子猫を受け入れてくれる方を探します。
生後まだ10日も経っていないかな…

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

なごねこめいと(保護活動者) なごねこめいと(保護活動者)

なごねこめいと

ユーザーID:767292

保護活動者(法人)・愛知県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる