• 保護活動
  • 2019年12月03日 | view 1,663
  • 7
  • 0
  • 2
  • Ribbon Bookmark

倉敷っ子、野犬の室内飼育について

倉敷市保健所の野犬譲渡については、基本的に脱走対策と人との生活への馴れの促進のために、室内飼育スタートでという御約束があります。将来的にお外での飼育も視野に入れることは可能ですが、譲渡してしばらく(個体差と環境によっていつまでとは言えませんが)室内でお願いしています。
「小型室内犬じゃないのに、室内でですか?」
「ちょっとイメージできなくて・・」
譲渡会にお見えになったご家族とお話していて、色々お声を聞いたので、我が家の室内飼育についてご説明、ご紹介してみたいと思います。
我が家の愛犬Edわんこ(Edward)も、倉敷市保健所出身の野犬です。体重13キロちょとの中型犬ですが、お散歩、お出かけ以外は、リビングで過ごしています。
また、ボランティア活動として我が家にレスキューしたり、短期お泊り保育にやってくる野犬の子たちも、同じくリビングで過ごしてもらいます。
愛犬Edはすっかり私たちになれ、呼び戻しもきくので、室内ではフリーですが、そのほかの子たちは、脱走対策の為、チェーン係留でお世話します。幸い、倉敷市保健所では、首輪つけと係留エリアでのチェーン係留を経験させ、ならしてきていますから、全く問題なく、むしろ、係留し自分の居場所を決めてあげるなら、落ち着いて静かに過ごせます。リードやワイヤーは暇に任せてカミカミして切断されることがあるので、チェーンと係留アンカーという錘にて係留しています。里親様には、アンカーの代わりによくホームセンターなどで販売している漬物石を利用頂いています。もちろんお部屋にフックを取り付けられることも可能ですが、アンカーや漬物石ですと、係留場所の移動も簡単です。
成犬ではない子犬、成犬でもカミカミが好きな子などは、私の留守中、色々なものを破壊して誤飲があっては危険ですので、ケージにて管理することもあります。
最初の写真は、たまたま我が家に元野犬4頭集合していた時のものですが、愛犬Edだけフリー、そのほかの子たちは、係留やケージで過ごしています。野犬は群れのルールが入っている子が多く、無駄なケンカはしません。(ケンカすると、命にかかわることもありますから。)相性もありますが、我が家ではEdを立てられる子しかリビングに入れませんから、ボスの私、私が留守中はEdがほかの野犬たちを見守っています。トラブルはなく過ごせます。また、野犬は、お山で人から身を隠して息をひそめて生きてきましたので、吠えることがほぼありません。トイレは自分の生活スペースではしないので、馴れてくるとお散歩だけ、そうでなくても、日に1回か2回、係留エリアのちょっと遠くにシートを敷いておくとそこで済ませるようになります。保健所内ではシートを使いませんが、係留エリアの前のグレーチングあたりで済ませますし、お散歩練習できる子は極力お散歩まで待っています。ですから、我が家では、居場所(ベッド、ソファ、クッションなど)を定めてあげると、びっくりしてのおもらし以外、そこを汚すことはありません。つまり、近所迷惑になりがちな吠えがなく、トイレの失敗がなく、室内飼育しやすいのです。
2枚目の写真は、手前がEd、奥が預かりっ子ですが、ご飯の前はランチョンマットを敷いて座らせ、それからというルールにしています。ご飯をマットに載せても「良し」というまで待てるようにリードしています。野犬は群れのリーダーに従って生きてきたので、リーダーと認めた犬(人)についていくと落ち着きます。
3枚目の写真は、我が家のご近所でのお散歩の様子ですが、この子たち、全頭お山生まれ、つまり元野犬です。お散歩仲間で一緒に歩き、こうして要所要所で合図に従って並び、座って、ちょっとだけおやつを順番にいただきます。手前の3頭は倉敷市保健所出身です。みんな室内飼育ですが、奥のふわふわ毛並みのリリーちゃんは22-23㌔クラスです。でも、吠えることもないし、トイレの失敗もないし、他の犬とのトラブルもないし、躾もしっかり入っていて、「犬は大きさじゃなくて、躾」とよく言われています。
スライドショーをどうぞhttps://www.youtube.com/watch?v=GI8cjw2HUHk
保健所で係留されている野犬たちは、まだまだダイヤモンドの原石。人を怖がって、なかなか目を合わせてくれないし、尻尾も上がらないけれど、この子たちが家庭に入っていつしか素敵なパートナーになるまで、ステップアップを楽しんでいただけたらなと思っています。
そして、室内飼育、抜け毛のことはありますが、吠えない、トイレの失敗のないこの子たちは、私たちにとって決してストレスがかかる子たちではないこと、理解いただけたらと思っています。

いくつか、動画をご紹介します。

愛犬Ed、お散歩催促?!(静かに催促します‥笑)
https://www.youtube.com/watch?v=a2V4dS7hZN8

愛犬Edのお散歩の様子、ハンドラーによく従います。
https://www.youtube.com/watch?v=Up-b2Sldg_g

倉敷っ子、野犬を時々預かってEdとお散歩練習をすることがあります。
こちらは、マルコ君改めレイ君の様子、引きがないとお散歩が楽です。
https://www.youtube.com/watch?v=hzi3nHTzd3g

#室内飼育 #倉敷市保健所 #野犬 #teamKAR



この投稿へのコメント2

  • ぽこりんさんへ

    コメントありがとうございます。
    12キロ弱のわんこでも、9キロの係留アンカーを引っ張って移動できます。
    我が家では9キロを二枚、つまり18キロのアンカーを利用していますが、1頭でも中型犬なら引っ張って移動可能です。ただ、走って逃げることはできないので、脱走対策になります。
    ホームセンターなどで購入可能な漬物石も引っ張って歩行するでしょうが、繋がれているという感覚になれているこは、それだけで良い意味あきらめ落ち着きますので、対策になると思っています。
    是非、上手に活用してみて下さいませ。

  • 繋さん、はじめまして。

    室内での係留方法、漬物石、ですか!勉強になりました。
    我が家のわんころは、室内フリーですが、掃除をしたい時に台所のテーブルの脚につけてまして、絡まるなぁ・・・って思っていたのです。
    参考になりました。ありがとうございます。

    by
    ぽりこさん
    ぽりこさん 2019.12.04
会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

繋(倉敷市保健所犬ボランティア)(保護活動者) 繋(倉敷市保健所犬ボランティア)(保護活動者)

繋(倉敷市保健所犬ボランティア)

ユーザーID:140925

保護活動者(非法人)・岡山県

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

  • Edward Edward

    Edward ♂

    雑種

    62繋(倉敷市保健所犬ボラン...

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる