• NEW
  • 保護活動
  • 2019年11月09日 | view 51
  • 0
  • 0
  • 0
  • Ribbon Bookmark

台風19号で調整池に沈んだ猫たち

台風19号で、被害に合われた方、お見舞い申し上げます。

私たちの住む市の利根川の河川敷は、二重堤防になっており、その堤防と堤防の間が、広大な田んぼと畑になっています。
そこは、以前から、捨て猫捨て犬が多く、今は、捨て犬はなくなったけれど・・
猫たちがいつの間にか繁殖をしてしまう場所です。
過酷な環境でもあり、猫たちは長くは生きられない場所のようです。
でも、せめて、不幸な子たちが増えないようにと、その場所の10匹の不妊手術を、9月に行ったばかりでした。

まさか、こんなに大きな台風が来るとは思わず、そこが調整池、という場所であることは、考えてもいませんでした。
その、猫たちの住まいが、水深3Mと思われるほどの水底に沈んでしまったのです。
利根川の堤防に上がることしか、助かる道はないと思われます。
仲間と毎日、探しに行きました。
水が引いた後、絶望的と思われた猫たち、どうやって生き延びたのか、1匹、2匹・・
今は、4匹は帰ってきました。でも、残りの6匹は、いまだ帰ってきません。

少し離れた場所でも、4匹中、3匹は帰ってきていません。
でも、今まで見かけなかった子も2匹出てきたり・・

早く帰ってきて欲しい・・・
祈っています・・
そして、この場所に、絶対に猫を捨てないで欲しいと叫びたい・・

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

hananeko(保護活動者) hananeko(保護活動者)

hananeko

ユーザーID:438049

保護活動者(非法人)・千葉県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社