能登猫救出大作戦 決行中
  • 保護活動
  • 2018年08月03日 | view 494
  • Ribbon Bookmark

世の中には信じられない人も

2018.08.03

5月以降、これ以上無いくらいに忙しくなってしまった。
「外でえさをやっていた猫がいるが、自分が引っ越ししなくてはならなくなった。どうにかできないか」という相談を受けて。

その子、その人が引っ越していなくなった後も、大雨の中、家の前にうずくまっていたそうで。
放っておけなくなって、保護。
でも、私にはシュアーシャー、カッ!て爪を出して引っ掻いてくる。
何度も流血。

で、その頼んだ茨城人は、最初こそ手術費や医療費を負担してくれたものの、その後
なぜかエラく横柄になってきて、あげくトンズラ。

人に頼み事しておいて、なぜ偉そうにできるのか、私には理解不可能だった。
少しは費用出してもらえたからよかったかもしれないけど、
結局、自分で何もしない人だった。

その子は、その後、とある信頼できる人が引き取ってくれた。
感謝です。

そんなこんなで、TNRもやっとこさやる感じ。
猛暑にも負けました。
とほほ。

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

S's Nyan-Min ...(保護活動者) S'sNyan-MinCafe(保護活動者)

S's Nyan-Min ...

ユーザーID:409722

保護活動者(非法人)・千葉県

このメンバーのペットログ

おすすめの記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる