能登猫救出大作戦 決行中
  • 保護活動
  • 2015年03月08日 | view 910
  • Ribbon Bookmark

野良兎の誇りと道 .・

y7y7 さん
y7y7 さん

8年前に小学校で保護されたアンズ。

当時は旅の疲れか華奢な身体をしており、性格は、本当にとても大人しい男の子。


当時四年生の次女が彼に惹かれた理由は、彼女が感じる直感。


それを私も信じました。
何故なら彼は来るべくして私達の元に舞い降りた天使なのだから。


そう感じて止まない日々も8年を越え、
今は18羽を統括する長老となり、
一番相性の良い孫息子と仲良く暮らしています。


沢山の遺伝子が天使と成り代わり、我が家にいるウサギ達もアンズ同様私達の宝物。


ありがとうね、アンズ★


貴方に出逢えて幸せよ。(o^^o) たまらなくね。

.

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

y7y7 さん y7y7 さん

y7y7 さん

ユーザーID:192651

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

関連記事

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる