サイトの使い方に関する相談

回答受付終了
2021年07月17日まで
個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて

相談番号 6,627 / view 709

いづもさん

回答数
5

近年どの団体さんやボランティアさんも、里親さんに個人情報の提供を求めるのが当たり前になっているかと思います。
猫のためにもある程度は仕方がないことだとは理解していますが、提供した個人情報をどのように扱い保護しているのかというのはほとんど知らされません。
また団体さんボランティアさん側の情報はほとんど明かされませんよね?
これに不安や不平等感を感じ保護猫を諦めてペットショップを利用する方は多くいると感じています。
参考になるようみなさんがどのように情報管理をしているのか教えていただけると幸いです。

回答してくださった方ありがとうございます。期限内いっぱいまでまだまだ受け付けております。よろしくお願いします

個人には法整備が進み保護団体さんのPマーク取得が義務化されればお互い平等なのではと考えています。

みんなが選んだグッドアンサー

Good
4

灰色の猫さん

2021年07月05日

ごめんなさい、皆さんの意見に便乗してしまうようですが、
また、私は保護して里親探しをする側ではなく、里親の立場ですが

最初の回答の方の「ペットのおうち内だけでのやり取りであれば、やり取りのログが残りトラブルの際にも役立つと思うのですが、マイルールを押し付ける愛護団体の多さに些か辟易しています。」
ホントにその通りなんです、私が常々思っていること、
よく言ってくださいました!

このサイトはこのコーナーやブログなど、保護する側の方の利用が
多いので、あまりこういうことを書くと敵視されてしまうのですが・・・

保護団体または活動者って、こういっては失礼かもしれませんが、
自分の生活費のために毎日何時間も労働する必要がなく、たくさんの
時間を好きなように使える方、言い過ぎかもしれませんが、趣味の
延長で活動されている人が多いように感じています。
私のように、若い時からずっと働いてきて、世の中の常識やしきたり
厳しさに揉まれて、ちょっとずつですが社会に育てられ、良識を身に
付けてきた人間とは、違うタイプの、「謙虚さ」や「相手に対する
配慮」その辺があやふやな、自分の視野が世界のすべてだと思っている
傾向がある人たちのように、私はずっと感じています。

実際、保護団体・活動者さま側では
「虐待する恐れがある」とか「独身男性はダメ」とか、あれはダメ
これをしろ、と、制限や注文を付けて、まるで企業の採用面接のような
態度で里親希望者を吟味していらっしゃいますが、私たち里親の
立場からは、保護団体・活動者さまのやり方に疑問を持ったり、
え?は?と思うことがたくさんあって、保護団体・活動者さまを
注意深く選んでいるのが実状だと思いますが、ご存じないのでしょう。

そういう保護団体・活動者さまが里親の「人権」をキチンと守っている
のか、ちょっと私も疑問に思っています。

(私がうちで使わなくなったキャットフードなどを寄付している近所の
保護団体の保護猫カフェは、私の名前も訊かないし、寄付申し込み用紙
など渡されたこともなく、こういう良心的な団体もあることは知っています)

ちょっとご質問の意図と離れてしまいますが、保護団体・活動者から
でなくても、一般の方が保護した子の里親募集もありますから、
そういう募集も留意してください。
私もペットのおうちで保護猫をもらおうと思って登録したのですが
保護団体・活動者さまの横暴な態度にイヤ気がさして、
一般の方からの募集で里親になりました。
今では、うちの子になってもうすぐ2年です。譲渡主さんとも(強制や
義務ではなく、自然に)インスタでつながっています。

長文失礼致しました・・・


コメント: 灰色の猫さん(回答者)

2021年07月06日

追記:

私は先に述べました保護活動団体・個人が、動物は大事にするが
人間は大事にしないとさえも思えないんです。

自分の活動ありき、「やってます」「知ってます」を
裏付けるだけのために行動しているようにしか思えないです。

結局は自分の「活動しています」アリバイのために
他人も動物も使っているだけに思えてならないんです。

(毒食わば皿まで、全部思っていること書いちゃいました)

コメント: 灰色の猫さん(回答者)

2021年07月10日

追記を拝見しました。

Pマークは「事業者」すなわちビジネス単体対象の
ものではないですか。
保護団体は通常「ボランティア」であったり
「NPO」です。
(中には営利目的の保護活動団体もいますが)

私はそれ以前に、動物保護は誰でもできるが
里親募集は一定の研修を受け、行政から認可を受けて
登録した者しかできない制度を作るのが良いと思っています。

現状は、趣味で好き嫌い本位で活動されている方が多く
様々なトラブルが起こっています。
活動者の横暴からのトラブルもありますし、活動者が無知で
準備・認識不足ゆえのトラブルもあります。

誰でもできるのがボランティアです。そうではなく、
きちんと知識も自覚も責任感もある人を資格者として
制限するべきだと思っています。
でないと、私たち里親が泣き寝入りをしたり、動物が
気まぐれにあっちやったりこっちやったりされて
不幸になるだけだと思っています。

再度の投稿・長文失礼いたしました。

みんなの回答

  • にゃんこの合宿所

    2021年07月05日

    Good
    3

    回答が付かないようですので・・・

    団体に属さず個人で細々と猫ボラをしております。

    >提供した個人情報をどのように扱い保護しているのかというのはほとんど知らされません。

    私の場合、お互いに住所・氏名・電話番号のみを交換します。
    譲渡が完了した後は、署名頂いた誓約書と当該猫の情報をファイリングし、家族の目にも触れないよう自分だけが分かる場所で保管しています。


    >また団体さんボランティアさん側の情報はほとんど明かされませんよね?

    団体の場合は団体としての情報なので、対応した個人の情報は知らされないのでしょうね。
    せいぜい名前と連絡先位でしょうか。


    団体やボラによっては勤務先の開示、源泉徴収票や所得証明を要求する所もあるようですが、私自身、そこまで要求する所から譲受しようとは思いません。

    また、ペットのおうちで里親募集しているにも関わらず、応募は団体の応募フォームから応募するよう要求する団体が多い事に疑問を感じている一人です。

    ペットのおうち内だけでのやり取りであれば、やり取りのログが残りトラブルの際にも役立つと思うのですが、マイルールを押し付ける愛護団体の多さに些か辟易しています。

  • 遊ぶさん

    2021年07月05日

    Good
    1

    にゃんこの合宿所さんのプロフィールが一番納得できる。
    というよりもお手本にしたい、してほしいレベル。

    ねこじるしでも、いずもさんと同じ質問したら

    ・猫の幸せを考えれば我慢できる
    ・そんな暇はないわよ
    ・自分が納得できる応募を探す
    ・問題提起して何の意味があるの

    そんな感じの返答でした。
    猫の幸せもありますが、その前に自分の家を守ることを考えます。

    個人情報の取り扱いはそれぞれのプロフィールにのせて
    宣誓供述書を求めたいですね。
    悪用されたら被害を受けるのは自分だけではすまないんですから。

  • Love animalsさん

    2021年07月06日

    Good
    1

    こんばんは。

    私は怪我をして急遽、手術、入院になった時に、某保護団体の方に愛猫を預かっていただきました。
    実際に預かってくださったのは、某動物病院でしたが、愛猫を受け取りに来てくださった方が、「私たち団体がいつも使っている動物病院だから無料で預かってくれた」と言っていたので、受け取りにきてくれた方とその団体の代表者に、お礼を送りました。
    猫を受け取りにきてくれた方に2つ送り、「好きな方をとって、残りを代表者に渡してください」と手紙を添えました。

    その後、送り先の方からは「ありがとうございます。助かります」と、お礼を言われたのですが、代表者の方からは「受け取りました」という連絡も受け取っていません。
    私が「もしかして、気に入らなかったのでは?」と、品物を送った方にラインで送ったところ、「そんなことはない。ありがとうございました。」と返ってきました。

    この話を友人たちにしたところ「もしかしたら、実際に受け取っていないのかも?」と言われました。
    こんなことなら、実際に預かってくれた動物病院の方に送るべきだったと今でも思います。
    代表者は、猫を受け取りに来てくださった方へ連絡をしただけでした。

    また、猫を受け取りにきてくれた方も、言葉の端々に、「あんた」とか、人を馬鹿にしたような言葉遣いをする人で、すごく気分が悪かったです。
    犬は別の動物病院であずかってもらっていたのですが、私の連絡先をしっていながら、勝手に狂犬病注射をし、便検査や注射までしていました。
    その後、別の動物預かり施設に移動され、2箇所で合計10泊11日でしたが、請求額は、なんと11万円超えでした。
    当初の話では、1泊4,400円の筈でした。

    お金だけなら我慢をしましたが、人を馬鹿にしたような口の利き方で気分が悪かったので、お二人には、今後は関わり合いたくないので、プレゼントした物の修理は受けたまらないことも伝えました。

    犬猫の保護は素晴らしい活動ですが、私自身が小学生の頃から犬を2頭保護して飼っていましたし、先に出て来た愛猫も私自身が保護した猫です。野良猫になっていた猫に十分な医療を受けさせて、ガリガリで毛玉だらけだった猫を美猫に戻しました。私は保護して2ヶ月で、ノミダニで全身蕁麻疹になり、アナフィラキシーになる寸前でした。
    同じ志を持っている人に対してまで、失礼な口の利き方をする犬猫の保護活動者は私は好きになれません。
    私自身が、家族が放置している、ご近所の高齢者や知的障害者がまともな生活ができるように、高齢援護係や福祉事務所に相談して最善の方法をとってもらえるようにしているボランティア活動者です。
    犬猫に対しては優しくても、人間には無神経な事を言い、優しくない犬猫の保護団体や保護活動者は信用していません。

    それから、ペットのおうちを利用して里親募集するなら、ペットのおうちのフォームを利用するのがマナーだと思います。

  • わしゅうさん

    2021年07月12日

    Good
    1

    個人情報の要求については、大手の団体さんが要求しているものを「常識」とみなして、小さい団体や個人ボランティアさんも同じようにやっているという印象をうけます。 
    それに個々のマイルールを追加したアレンジを加えているのは、「常識レベルから少し審査厳しめにしただけ」のつもりなのかもしれません。


    審査を厳しくすることで、良い里親をより分けようとする目的はわかりますが、資産・年齢・家族構成を確認して、まるで婚活サイトの審査のようです。
    もちろんペットの環境を維持するために必要資金があるかは大切ですが、それを理由に本来なら不要な情報まで集めて審査する必要はないと思います。



    Pマークの話題がでていたので、

    今の会社でPマークの関連業務の担当したことがありますが、ぶっちゃけPマーク持っていてもあまり意味はありません。
    「個人情報の記録を適切に残しているか」しか、審査の対象になりません。
    内部の誰かがデータを持ち出したとしても、流出情報を使用した証拠がなく、手元に必要な書類がそろっていれば、審査では指摘受けません。
    審査についても、書類がそろっていれば「承認日が一致していない」、「書類のタイトルが違う」、「この資料は句読点の書き方がマニュアルと一致してない」とか、個人情報保護よりも、ドキュメントの内容審査に重点が置かれます。

    そして、そんなPマークですが、取得するのに数十万円、2年に1度の再審査に30万円程度かかります。
    そんな資格を、維持できるのは、よほどの資金がある団体だけになります。



    まとまりのない長文で失礼しました。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる