能登猫救出大作戦 決行中

トイ・プードルの日常に関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
突然怯える仕草をするようになった

突然怯える仕草をするようになった

相談番号 7,758 / view 313

モナベナさん

回答数
1

引き取って2年半ほどになる元繁殖犬の女の子が、1週間くらい前から怯える仕草をするようになりました。
うちに来て最初の頃は逃げ回って触れるのも難しかったのですが、1ヶ月ほどで私に懐き、この2年半ほどで家族全員にかなり懐いてくれていると思います。
呼べば膝に乗るし、遊びに誘ってくることもあるし、おやつが欲しい時はアピールしてきます。撫でてほしいアピールも頻繁にあります。
でも1週間くらい前から、おもちゃを投げる時の手元や、揺れているタオル、ボール以外のオモチャなどを怖がるようになりました。
今日はついに、手を上に上げただけで尻尾と背中を丸めて逃げる姿勢を取っていました。そのあとも呼べば来ますが、しばらくは警戒が解かれていないように感じます。
毎日怖いと思う対象が増えているような気がします。あまりに突然だったので、脳に異常があるのではないかと病院に行きましたが、特に異常は見られず至って健康と診断されました。
健康なのは喜ばしいことですが、怯える姿を見ていると心配でたまりません。
タオルを怖がるのでトリミングに連れて行くのも不安です。
何らかのトラウマが原因だとしたら、どう対処してあげれば良いのでしょうか。
ご参考までに、最近の出来事を書いておきます。
3ヶ月ほど前に、背中の腫瘍を調べるため手術をしました。日帰りだったので朝に預けて夜に帰宅、麻酔でぼんやりしていましたが、翌日にはいつも通りの様子でした。
3週間ほど前に自宅でお風呂に入れました。シャワーヘッドにタオルを巻いて、水圧が強くなりすぎないよう気をつけながら洗いました。嫌がる様子はありましたが、それも1週間ほど前まではいつも通りの様子でした。
ご回答いただければ幸いです。

相談者が選んだベストアンサー

Good
1

yy.kawagoeさん

2024年04月11日

子犬から育てるのに比べて、過去にどんな辛い経験をしたかわからない保護犬への向き合い方は簡単ではないですね。
文章から飼い主様は健康で闊達に遊べる犬を目指して健康管理にも手を抜かないご様子と感じました。
ワンちゃんの心が弱っている場合、新しい経験自体が負担で不安を呼び起こすことも十分考えられます。不安の原因を特定することも難しいかもしれません。ワンちゃんにとってどんな生活が適切なのか心の体力という点から考えられると、どうなるでしょうか。また、医療も体や心に負担ということもありますね。
ワンちゃんが受け入れてくれる範囲の遊び方、お世話の仕方などを毎日繰り返して行くことで、楽しいこと、安心なことの貯金をワンちゃんのペースで貯めて、ワンちゃんの心が落ち着いて来るのを待つ方法も考えられるかと思います。時間がかかるかもしれませんが、寄り添ってあげることでワンちゃんと飼い主様双方にとっての幸せを見つけることが、保護犬のお世話のl醍醐味ということもあるかもしれません。感想のみにて失礼致します。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる