トイ・プードルの日常に関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
子犬が心配で気持ちが落ち込みます。

子犬が心配で気持ちが落ち込みます。

相談番号 6,884 / view 912

mana1024さん

回答数
4

年末に生後2ヶ月のトイプードルを
お迎えしました。
なかなかご飯を食べない子で
手がかかりますが
とても元気な男の子です。
2人の子供たちも責任感を持ってお世話を
してくれています。
子犬もとてもかわいいです。

でも、私は起きてもいない事を
想像しては心配や不安が募り
気持ちが落ち込んでしまいます。

今も寝ていますが
起きた時に元気がなかったらどうしよう
吐いたらどうしよう
誤飲したらどうしようと
気が休まらず
この年末年始は
ご飯が喉を通らず過ごしました。
子供たちの手前、笑っていますし
子犬はとてもかわいいのですが
不安の方が大きくて
泣きそうになります。
お世話は苦ではないです。
気持ちがついていきません。
そんな風に感じていた方はいますか?
乗り越えるしかないのは
わかっていますが
小さくても元気な子犬を前に
情けなくて仕方ありません。

皆様、暖かいコメントを
本当にありがとうございました。

子犬は少しずつご飯を食べるようになり体重も増えてきています。
まだまだ悩みごとはたくさんで
暑いかな、寒いかなと心配をし
心身共に疲れ、どこか地に足がついていないような毎日ではあります。
すぐには私もどっしり構えられる飼い主にはなれないと思います。
いつかこの子と笑ってじゃれ合う日が来るのか楽しみよりも
正直不安です。

でもこちらで相談して
1人ではないと思えました。
本当にありがとうございました。

皆さんベストアンサーに
したいのですが
最初にコメントをしてくださった方に
させていただき
とりあえず締めさせて頂きます。

ありがとうございます。

相談者が選んだベストアンサー

Good
4

羽根井さん

2022年01月06日

私はエイズキャリアの猫を迎えたときに異常に心配になり、あれもこれもストレスなんじゃないか発症したらどうしようと不安になり
過剰に反応していました。
その時に家族からそんなに心配してストレスを抱えていたら動物に伝わってしまう。逆にストレスだよ。と言ってもらえて我にかえりました。
家族として迎えた大事な存在ですし、はじめてなら色々と心配なことがあると思いますがご家族がドーンと構えていないとそれを察してビクビクした子になったり、ストレスを感じるかも知れません。
心配事に関しては対策として元気がないときすぐに病院へ行けるように病院をあらかじめ探しておいたり、嘔吐は子犬にはよくあることなのかを調べたり、子犬のときに気をつけなければならないことや子犬の時期にしておいた方が良い事を調べて知識をつけていればある程度は安心できるのではないでしょうか。
あまり心配しすぎずに子犬がこれから楽しく健やかでいられるように家族で考えていくことが大切だと思いますよ。

コメント: mana1024さん(相談者)

2022年01月06日

ありがとうございます。
確かに私の不安は
伝わってしまいますよね。
いつも不安な顔で見てしまいます。
イザというときのために
病院なども調べたり
子犬について勉強したりしてはいますが
実際はあくび一つ寝返り一つしただけで
ドキドキしてしまうような自分がおります。
心配し過ぎず…おっしゃる通りですね。
どうもありがとうございます。

みんなの回答

  • 子犬の命を預かっているのですから
    当然の心配だと思います。

    母犬はつきっきりで子犬を育てます。
    与えるべきものをしっかり与え
    穏やかな命の育みを最優先に。

    子犬は幼い人間の子供と同じで
    好奇心の赴くままに動きますし
    なんでも口に入れてしまいますから
    お子さんのオモチャやボタン、電池、ひも・・・
    生活環境にある
    あらゆるものに気をつけてあげて下さい。

    とはいえ、ケージに入れっぱなしではなく
    動ける範囲を簡易サークルで囲い
    何もない状態をキープするのも一つかと思います。

    100均のワイヤーネットの上下を
    インシュロックで10枚ほど繋げば
    自立型のサークルが出来ますので
    試されてみて下さい。

    時々、オモチャや部屋を一切片付けず
    都合が悪くなると犬ばかりをケージに片付けて
    生活されている方がいますが
    しまうべきはモノです。
    犬は家族ですから
    生活のルールをしっかり教え
    穏やかに暮らせるよう導いてあげて下さい。

    子犬と遊ぶ時
    何かをくわえさせて
    ひっぱりっこばかりしていると
    口で遊ぶこと
    口で主張することを覚えます。

    犬同士であれば
    加減もし合いますが
    相手がおもちゃや人間ですと
    過度に興奮させすぎることも
    あり誤飲や誤食につながりますので
    お気をつけ下さい。

    外での適度なボール遊びや
    足並みを合わせたゆっくりしたお散歩などで
    しっかり活動し
    室内ではゆっくり眠れるよう環境を整え
    穏やかに暮らすということを基本に
    様々判断されたらと思います。

    散歩や食事の時間は
    きっちり決めなくても大丈夫です。

    ご心配の食いつきの悪さは
    小型犬にはよくあることです。

    単純にエネルギー過多で食欲がない場合もありますし
    精神的な不安定さから
    食欲が落ちている場合もありますので
    おおらかな気持ちで、その子の安全に必要な
    良し悪しをはっきり伝え
    適度な運動と十分な睡眠を確保してあげて下さい。

    犬の全体的な雰囲気を日々観察していると
    少しの体調の変化にも気が付きやすくなります。

    犬が寝ているときは
    基本そっとしておくこと。
    寝ている姿は可愛いですが
    ゆっくり撫でる程度にして
    起こさないようにしてあげて下さい。
    人間の欲求のままにやたらに弄り回すと
    体力が落ちていき、全体的なバランスが崩れる
    きっかけになりますので
    くれぐれもご注意下さい。

    子犬を見るたびに
    育てる母犬の偉大さを感じます。

    初めてのことばかりで
    気が休まらないとは思いますが
    子犬はあっという間に大きくなりますから
    ゆったりした気持ちで
    寄り添ってあげて下さい。

    どんな経緯で子犬を迎えられたにせよ
    manaさんのお家を選んできたコです。

    その縁を信じて
    その成長を温かく
    見守っていただけたらと思います。

    伝えたいことがあり過ぎて
    取り留めがなくてすみません。

    せっかくの子犬との暮らしです。
    悩みすぎることなく
    かけがえのない時間を
    楽しんでお過ごし下さい。

    コメント: mana1024さん(相談者)

    2022年01月06日

    ありがとうございます。
    読みながら涙が出てきました。
    サークルの件、
    少食の件、遊びの件など
    いただいたアドバイスは
    参考にさせていただきます。

    そうですね。
    私はこの子との生活を
    まったく楽しめなくて苦しくて
    おかしいのかと思っていました。
    先ほどもベッドを噛んでしまったので
    今ベッドを外していますが
    寒くないか心配で気が気ではありません。。

    確かに母犬は全精力を使って育てるわけですから
    私は母犬のようには出来ないけれど
    心配しながらもきちんと
    育てていかなくてはいけませんね。

    おおらかな気持ちが実は
    子育てでも持てなかったので
    自分の性格も関係しているのかとは
    思いますので
    きっとこれからも悩み、不安になり
    泣きそうになることが
    たくさんあると思います。
    でも振り返れば
    この小さい時期はあっという間なのでしょうか。。

    本当にありがとうございます。

    2022年01月06日

    ご返信ありがとうございます

    2022年01月06日

    幼齢期の子犬が
    色々なものを噛んでしまうことは
    よくあることですし
    コミュニケーションがうまく取れないうちは
    やめさせるのも難しいかと思います。

    怖いのは
    異物を「飲み込んでしまう」ことなので
    球体の小さいものや
    紐状のものなどは特に気をつけて下さい。
    ベッドのようなものであれば
    破壊しきれないとは思いますが
    齧り壊されたぬいぐるみなどは
    中の綿が怖いので
    廃棄してあげて下さい。

    歯固めではないですが
    硬い齧るためのおもちゃが
    使えるようになれば
    それだけは齧っていいものとして
    集中させることが
    出来るようになるかと思います。

    色々書くと余計混乱しますよね。
    身近な犬飼いさんたちとのおしゃべりは
    良い息抜きになるかと思いますが
    もし、どなたもいないようでしたら
    一人で抱え込み過ぎず
    団体ホームページから
    お気軽にご連絡下さいませ☺️

    ネットの情報は
    玉石混合ですので
    あまり鵜呑みにされ過ぎないよう
    お気を付けくださいね。

    2022年01月06日

    動物相手のことですから
    思い通りにはいきません。
    完璧に行かずとも
    失敗ばかりでも
    最善を尽くされれば十分かと思います。

    焦らず怒らず諦めず
    子犬のありのままを受け止めながら
    明るく泣き笑いしながら
    犬育て頑張って下さいね。

    コメント: mana1024さん(相談者)

    2022年01月06日

    ありがとうございます。
    ご飯を食べ、排泄をし
    眠っている子犬は本当にかわいいです。
    でも、おっしゃる通り
    誤飲が怖すぎて
    目が離せず、常に焦っており
    夜眠れないだけでなく
    不安で今日は1日食事がとれませんでした。

    わんちゃんを飼っているお友達はいますが、ネガティブなことばかり言ってしまいそうです。
    みんなこんな風にわんちゃんを育ててきたのですね。

    ご親切にありがとうございます。
    HP拝見いたします。

  • まきぷーるさん

    2022年01月08日

    Good
    3

    お気持ちわかります。
    私も猫を飼って一年半になりますが、未だに不安で一挙一動見守ってます。
    仔猫の、ときはどこかに入って出て来れないのではないかとか、お留守番のとき何かあったらどうしようとか…。
    子供を育てるのと同じで、かわいい時期をアタフタ過ごしてしまいました。
    今も、あれこれ悩み気持ちが沈むことも多々あります。
    もっと気軽にと言われますが、性格上そうも行きません。

    しかし、猫本人を抱きしめたり遊んだりすると癒やされます。
    私が成長しないといけないのかなと思いますが…。
    同じ気持ちの人がいて少しホッとしました。
    アドバイスにはなれませんが、ゆっくり慣れていきましょう。

    コメント: mana1024さん(相談者)

    2022年01月08日

    ありがとうございます。

    子猫ちゃんと過ごし一年半ですか。
    それでも心配は尽きないのですね。
    毎日お疲れ様です。

    確かに子育ても小さい頃は
    ハラハラドキドキ
    過ぎてしまえばあっという間でした。

    でも今は1分1秒がとても長く
    せめて体つきだけでも
    しっかりしてこないかなと
    不安な日々です。
    子犬は本当にかわいく
    お世話することは苦ではないのですが気持ちがついていかず
    苦しいです。

    こんな弱い私の心に寄り添っていただき
    本当にありがとうございます。
    頑張ります。


  • mojachunさん

    2022年01月09日

    Good
    2

    私も初めて犬飼った時は、相談者様のように心配で毎日不安でした。

    色々調べたり気をつけても、何度かひやっとすることもありました。だから気持ちがすごくわかります。

    飼っていて一番気をつけたのは“誤飲”です。
    一度鞄を放置して寝てしまい、鞄を犬がいたずらし、鞄の中の頭痛薬を食べてしまう(未遂)ということがありました。
    それから、“低い位置に物を置かない”を徹底しました。そしてインテリアや収納なども犬との生活仕様に失敗しながら少しずつ変化していきました。

    お子さまの年齢がわかりませんが、
    お子さまにも小さいおもちゃ、食べ物など、犬にとって危険なものを教えることが大切だと思います。

    また、相談者様の不安が和らぐまで
    目の届かないときは、子犬の行動範囲を決めるなど(狭い所に閉じ込めるのではなくサークルや、部屋を仕切るなど)してみるといいかと思います。



    私は飼いたての頃は、
    心配しすぎて、小さいことで騒いで、病院に何度も通ったので(笑)その時に色々教えて頂いたりしました。
    信頼出来る先生を見つけるのも安心に繋がるかもしれません。

    またお子さまがまだ小さい場合、
    子犬を必要以上に興奮させてしまうことも考えられます。
    沢山の睡眠も必要なので静かに休める場所があるといいかもしれません。



    相談者様は、子犬ちゃんをすごく大事にされていることが伝わってきます。
    お子さまと同じで育てていく上で気を付ける事もありますが、まずは沢山の愛情だと思います。

    心配や不安をただ抱き続けるのではなく
    心配や危険な事柄を避ける為の対策を
    ご家族で話し合って皆が理解することが一番かと思います。

    これから沢山の楽しい時間を過ごしてください。

    コメント: mana1024さん(相談者)

    2022年01月09日

    ありがとうございます。

    皆さん同じように苦労され
    また工夫されているのですね。
    物の置き方なども
    気をつけていきます。

    娘たちは15歳と18歳です。
    ありがたいことに
    私の心配症のことも
    見抜いていて
    子犬のお世話はきちんとし
    見守ってくれています。

    子犬はご飯の心配はありますが
    すこし遊ぶと良く眠る子です。

    私は子育てをしている中でも
    子供が熱を出すと
    心配で眠れなかったことを
    思い出し
    これからいつまで
    心配ばかりして過ごすのかと思うと
    1日1日が長く感じられ
    途方に暮れております。

    でもおっしゃるとおり
    楽しい時間を過ごせるように
    頑張って参りたいと思います。

    ありがとうございました。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる