ミニチュア・ダックスフンドのその他に関する相談

回答受付終了
2021年02月24日まで
ペットロスをどう乗り越えるか
ペットロスをどう乗り越えるか

ペットロスをどう乗り越えるか

相談番号 6,436 / view 901

アイリココさん

回答数
4

昨日2月9日に愛犬のミニチュアダックス16才が
虹の橋を渡りました。
心臓肥大の持病に加え腎臓と膵炎の多臓器不全で
した。
最後はキュンキュン鳴いたので、抱っこしてやると眠るように逝きました。
本日火葬も終えましたが、いいおっさんながらボロボロ涙が止まりません。
皆さんは愛するペットの死をどう乗り越えられましたか。

みんなが選んだグッドアンサー

Good
4

ひめねーさんさん

2021年02月11日

こんにちは。
ペットというよりは家族、生活のパートナーですものね。
ウチにはラブラドールレトリーバーが2頭(ウチでは2人なんて言ってました)
いました。1頭は13歳で、もう1頭はその1年後に息を引き取りました。
病状や診断内容を言い出したら長くなるのでやめておきます。

さて、その後
「もう犬はいいや。死に別れるときがつらい。
 それに、この2人を思い出として大切にしよう。」
と誓っていましたが、その後の生活が寂しくて寂しくて。
何もする気がおきず、写真や動画を見ながら涙、そしてまた涙。
典型的なペットロスですよね。
家族で話し合ってその2か月後に新しいワンちゃんを迎えました。
新しいワンちゃんを迎えることについてかなり悩みました。
すぐに次のワンちゃんなんて、2人にかわいそうだってね。
しかし、「心から愛情を注いだのだからそれでいいのではないか。
新しく迎えるワンちゃんにも同じように愛情を注げばいいじゃないか。」
そう考えて、今、また楽しい生活を送らせてもらっています。
あの世に旅立ったラブ2人。
この子たちから教わったことが今に生きています。
この子たちから教わったことがたくさんあるからこそ
今のワンちゃんに役立ってることが限りなくあります。
でも、オモチャにしろ、ドッグランに行く回数にしろ
ドライブにしろ今のワンちゃんのほうがラブ2人よりも
はるかに多いかな。
「あぁ、あの子たちにもこんなことしてあげればよかった。
もっとこんなふうに遊んであげればよかった」
いつも思います。
家中に写真は飾っていますし、2人の遺骨はペンダントにして身に付けています。
私ももう50代なので老い先は長くはありませんが、
こんな生活を続けて行くつもりです。
ペットとの別れ悲しみ。
私には乗り越えることは無理ですね。
私の場合は乗り越えようとせず、
心のなかと家中のたくさんの写真と遺骨ペンダントにラブ2人。
家のなかにワンちゃんがまた2人(大型犬2人です)。
合計4人に囲まれてます。




コメント: アイリココさん(相談者)

2021年02月11日

ひめねーさんさん
コメントありがとうございます。
我が家もミニチュアダックスを2頭
おりました。
最初の一頭は4年前に、2頭目が先日
亡くなりました。
多頭飼いの楽しさを教えてくれたのも
この子達でした。
家族とも先に行った子と仲良く遊んで
いるのだろうと話をしています。
2人の子の遺骨はまだリビングに置いた
ままです。
最後を看取ることはとてもとても悲しい
ことですが、近い将来また新しい子を
迎えることができればいいなと思います。
いまは、亡くなった子の冥福を静かに
祈ってやろうと思います。

みんなの回答

  • 灰色の猫さん

    2021年02月10日

    Good
    3

    お気持ちよくわかります。
    また、愛犬を亡くしたばかりで、こちらにこのような投稿を
    されていることも、お気持ちを強く持ちたいゆえだとお察します。

    私も一昨年、17年半一緒に暮らした♀ニャンを腎不全で亡くしました。
    15歳頃から腎臓が悪くなってきているとわかっていたのですが、
    また、年齢から後数年で亡くなってしまうんだろうな・・・と自覚は
    していたのですが、いざ、急にご飯を食べなくなって、2週間ほどで
    亡くなってしまうと、もうあたふたしているばかりでした。

    その2週間は朝も夜も、これなら食べてくれるかもしれないと
    ちくわを刻んでみたり、鶏肉を刻んで蒸してみたり、それまで
    その子が食べたこともないような物を一生懸命与えてみたり、
    病院も変えてみたりと、アッという間に過ぎてしまいました。

    近隣の火葬場(ペット葬儀屋)でも、ずっと涙が止まりませんでした。

    その子が亡くなってみると、それまで忙しく世話をしてた自分の生活に
    ぽっかり穴があき、することがなくなり、気持ちの持って行き場が
    なくなって、なんとなく保護猫サイトを見たり・・・
    行き場を探している保護猫を行政の機関に問い合わせてみたり・・・
    何をしたいということもなく、そんな事をして心を埋めるしかありませんでした。

    結果、今いるサビ姉妹と縁があり、こちらのサイトでもらってきました。

    もちろん、亡くなった子の写真(編集して可愛いアングルの写真ばかり
    集めています)を飾っていますし、今もその子程かわいい子はいない
    とも思いますが(本当に人なつっこくて抱っこ大好きで可愛い子でした)
    過去ばかり振り返り、思い出に涙していても、もっと辛いだけです。

    私はそのようにして、次に愛情を注ぐ子たちをお迎えしました。
    亡くなったばかりで、すぐに次の子をお迎えするなんて、不謹慎だと
    考える方もいらっしゃると思いますが、私は過去の子にこだわって
    沈んでいることを亡くなった子が喜ぶとは思えないです。

    今いる子どの子も大事にするように、亡くなった子も今いる子も
    大事に思っていることに変わりない、それでいいと思っています。

    逆に、今いるサビ姉妹を「その子たちならいいよ」、と先の子が
    許可してくれたのかな・・・とも思っています。


    私の場合ですが、ご参考になればと思います。

    コメント: アイリココさん(相談者)

    2021年02月11日

    灰色の猫さん、コメントありがとうございます。
    我が家には5歳になる猫(元ノラさん)♂がおります。この子もワンが居なくなったことを察したのか、落ち着かない様子で
    ソワソワしています。
    心の中のぽっかりと空いた隙間を埋めるには時間が必要ですが、少しずつ日常を取り戻して行ければと思います。

  • きらりYさん

    2021年02月18日

    Good
    4

    私もまさにアイリココさんと同じ状態です。
    15歳半のニャンを亡くしました50代です。

    先月、ほんの一週間前まで元気いっぱいだったコがほぼ突然腎不全を起こし、一週間後に旅立ってしまいました。
    たった一週間です。
    もちろん高齢なのでいつでもと覚悟はしていましたが、
    余りにも急すぎて、本当に急過ぎて
    情けないことに仕事も出来なくなり、しばらく休職を受け入れて頂き、
    今、心療内科で投薬を受けるほどとなってしまっています。

    本当に耐えられませんよね.....
    辛すぎて辛すぎて、
    もっと抱きしめていたらよかった
    甘えて来たのにあしらってしまった
    自分を責める日々が続きました。

    そして明日でやっと3週間です。
    長く、短く、でも薬のおかげも借りて、なんとか立てるようになりました。

    そして私がこちらに今いる理由

    この突然行き場を失った有り余る溢れ出るこの愛情

    どんな泣いてもあのコは戻ってはこれない
    ならば愛を求めているコをお迎えして注ぎまくってあげたい
    あのコも『お友達だぁ♪』と喜んでくれるコと出会えればと
    こちらへ参りました。

    早いかもしれません。薄情だと言われるかもしれません。
    でも生きて愛を待っているコがいるのならば
    こんなにダダ洩れしている愛があんまりにも勿体無い

    そう思って運命の糸を探そうとお邪魔している次第です。

    泣けるのなら
    いくらでも泣きづけてもいいと思うのです。
    泣けてしまうのなら
    泣きやむ必要はないと思うのです。
    愛情を新たに注げるコに出会えたとしても
    私は多分ずっと思い出して泣いて笑って
    写真に話しかけるでしょう。

    愛は、減りません。消えません。
    どんどん増えていくだけです。

    空のあのコも
    新たなこれから出会うコも
    変わらぬ宝物。同じ家族。そう思っていきます。

    とりとめのない話ですみません。
    一緒に心に抱きしめていきましょう






    コメント: アイリココさん(相談者)

    2021年02月20日

    きらりYさん
    コメントありがとうございます。
    動物と生活するからには別れは避けて
    通ることのできない事ですよね。
    ワンを2匹看取りましたが、どの子も
    家族に抱かれて逝ったことが救いに
    なっています。
    次の子を迎えることは決して薄情な
    事ではないと思いますよ。
    良い縁がある事をお祈りします。

  • フーネコさん

    2021年02月20日

    Good
    2

    私も今まさにそんな状態です
    2日前に猫を亡くしました 10歳になったばかりでいっぱい検査しても病名も分からず
    ラグドールで10キロあった体重が半分以下になりました
    夫と2人暮らしの中で 癒してくれました
    明日荼毘にふします 今はまだベッドに横たわってます
    家の中全てがあの子のにおい、足跡が残っている
    大きい身体にした私が悪いのか まだ10歳なのに
    苦しいだろう横たわるあの子の耳元でじきに帰るから待っててと声かけて
    帰るとすぐ目を見開いて口をいっぱい開けて歯も見せてひと声鳴いて逝きました
    待っててくれて遅くなってごめんねと夫も私も泣きました
    いつも待っててくれて、怒るとやさしく甘噛みする子でした
    味付け海苔が好きでどんなにそっと蓋を開けてもどこからでもとんできた
    二階に上がると絶対ついてくる ぬき足差し足でもドドドドと走って先に上がってる
    あなたは生まれ変わって人間になりよ、大きいイケメンになれるよと話しかけました
    猫がなくなる時飼い主の不幸を全部持てるだけ持っていくと聞きましたが 楽しい思い出だけ持っていけばいいよと言いました ああ、この家にひとりでいるとあの子ばかり思い出されてつらいです
    猫を知らない人にはたかが猫ですが 私もこれからどうしていいか
    回答というより共有させていただきたくて申し訳ないです

    回答(#14051)添付写真

    コメント: アイリココさん(相談者)

    2021年02月20日

    フーネコさん
    コメントありがとうございます。
    愛猫を亡くされたとのこと、心中お察し
    します。
    最後は飼い主さんのお帰りを待ってから
    逝ったとのこと、親孝行でしたね。

    辛い時には悲しみに浸ることも大切だと
    思います。
    今の辛い気持ちを吐き出す事も気持ちを
    整理する大切なプロセスなんだと思って
    日々生活しています。






この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる