ジャック・ラッセル・テリアの飼育方法に関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
トイレトレーニング、食糞
トイレトレーニング、食糞

トイレトレーニング、食糞

相談番号 5,832 / view 312

てーんきちさん

回答数
3

3ヵ月のワンちゃんです。お家に来て10日ほどです。ケージと、追加で柵をつけました。
トイレトレーニングのため、ケージで過ごすことがほとんどです。たまに柵の方に出して遊んでいます。昨日から、トイレの上にあるウンチはすぐに食べてしまいます。トイレから外れたウンチは食べません。トイレが汚れるのが嫌なのでしょうか?仕事で留守にする時間があるため、不安です。
トイレの配置などがおかしいのでしょうか。ただ、留守中はケージにいてほしいので、トイレもケージの中です。。

相談者が選んだベストアンサー

Good
1

fkfkmkrさん

2020年03月26日

こんにちは

写真を拝見すると、トイレが犬のくつろぎ場所と近いかなと感じました。
一般的に、犬は自分のくつろぐスペースが汚れるのを嫌うのでトイレはできれば離した方が良いです。
せっかく柵で覆っていますので、柵をケージと同じ位の高さにして、ケージと反対側にトイレを設置して、柵の中で自由にしてあげてみてはどうでしょうか。
お留守番時間が長いということですから、狭い中退屈して身近にある糞で遊ぶ(=食糞)ことに繋がってしまっているのかもしれません。
どんどん成長していきますから、ケージ内だと運動も足りないような気がします。

また、ご飯の量は足りてますか。
成長期なのでご飯が足りなくてエネルギー源として食べてしまうことがありますので成長に合わせて量を都度見直してあげてください。

それから、食糞を習慣化させないために、食糞をした際に大騒ぎはしないでください。
「あらあらあら」みたいに声をかけてもいけませんし、慌てて糞を取り上げようとするのもNGです。食糞すると構ってくれると学習してしまいます。
叱るのもダメです。排泄そのものがいけないのかと排泄を我慢したり、糞を隠すためにより食糞に拍車がかかります。
糞を片付ける時はそれとなく静かに行ってください。

ちなみに、子犬が食糞することはごく自然な行為です。赤ちゃんの時は母犬がお尻を舐めたり糞を食べてもらってキレイにしてもらっていましたので、異常な行為ではないのです。
飼い主の人間にとっては不愉快に感じる行為なのでやめて欲しいなあとは思うでしょうが、健康に害はありませんので急いで辞めさせなければと焦ったり心配する必要はありませんので、おおらかな気持ちで接してあげてください。

コメント: てーんきちさん(相談者)

2020年03月27日

こんなにご丁寧に教えて頂いて、ありがとうございます‼️
早速やってみました!柵の方にトイレを置きました。今日は上手にトイレをしてます!びっくりです♪

コメント: てーんきちさん(相談者)

2020年03月27日

あと、ご飯の量は、飼い始めた時は50gだったのですが、体重測ってみると90gの量が必要で、、
少しずつ増やしています。いまやっと70gです!

みんなの回答

  • すじょさん

    2020年03月26日

    Good
    1

    食糞はパピーにはよくあります。心配ないです。
    口が臭くなって、最初はビックリしますよね!
    糞には、まだ仔犬なので吸収されてない栄養がありますし、
    敵に見つからないよう、匂いを残さない為等
    まだ犬が野生の時期のなごりとも言われています。

    食事後すぐトイレに連れて行き、排泄確認(おしっこやうんち)
    排泄したらすぐに糞を処分。

    また栄養価の高い ゴート(ヤギのミルク)などを食事に足して
    様子を見るのも良いと思います。

    私は犬のお産をした事がありますが、母犬の口の匂いって
    仔犬の糞やトイレを促すため、とても糞の匂いがします(笑
    まだママから離れたばかりなので 恋しいのかな。

    似ている匂いに 牛の蹄があります。
    仔犬はそれに鼻を入れては舐めたり噛んだりして遊びますよ。
    歯の入れ替わりの時期に入るので、これからも使えると思います。
    よかったらペットショップやネットでも売っているので
    お試しください。

    トイレのトレーニングはケージの中じゃなくても出来ますよ!

    まだパピーなのでトイレの回数も多いです。
    食べ盛りなので、お腹いっぱい食べて、トイレをして
    たくさんおもちゃで遊んだら、ぐっすり寝てしまいます。

    人間の赤ちゃんと同じですね。可愛い時期なので いっぱい遊んであげてください。

    コメント: てーんきちさん(相談者)

    2020年03月27日

    ありがとうございます!
    ペットは初めてで、ましてワンちゃんの事は無知だったので、お話を読んで驚いてます。そして涙が出ちゃいました。てんきちのママはどんなママだったのかな?と胸があつくなりました。
    てんきちのママになれるよう、がんばります!!ありがとうございました。

  • Lunapyonさん

    2020年03月27日

    Good
    1

    はじめまして

    まだ様子見とチビちゃんなので大丈夫なようですが・・・周りの柵は軽く飛び越えますよ^^

    ちなみに同じケージを使っています。
    3.6kgのかなりスマートなトイプー、2.6kgの短足胴長タイプのトイプーの2頭飼いです。
    壁面と家具を利用して、3面のみをL字に配置し天井は無しにしています。
    うちは留守中、分離不安から悪癖でいろいろ食い破るので危険でケージ留守番で仕方なくこのスペース内にレギュラー×2相当サイズのトイレコーナー + ハードクレート×2 です。
    フリーでのトイトレをしていたので入り口すぐにトイレ、その横にトイレ向きではない向でクレート2つです(伝わりますか?)

    本来巣穴から離れた場所に排せつをします。なので巣穴でモゾモゾとしかうごけない赤ちゃんの排泄物は母親が口にして衛生と外敵から見つかるリスクを回避します。
    なのでこの習性を利用して本来寛ぎスペースとトイレは離すのがベストです。
    我が家は特性上離せなかったので、せめて臭いが少しでも軽減する様に空調を含め空気の流れなども考慮してこの配置です。

    そしてベットは室内に別にあります。フリーの時はそこでくつろいだり好きなところで過ごしていますが、我が家はこどももおりますのでやはり避けたくなったり花火など怖い事があったりするとケージ内のクレートに潜っています。(子供がギャーッと騒いだ時も)
    ケージ内は絶対に手を出さないルールが守られている事、上から物も落ちて来ない薄暗くて狭くて落ち着く場所です。

    ちなにみうちの3.6kgの仔がジャンプ力が高い方だとは思いますが、踏ん張るスペースがあればこのケージも飛び越えます。もちろん助走をつければ軽々です。
    ケージを飛び越えてはダメだと判っているので天井なしにしているので、大人は跨いで掃除をします。

    我が家は2才になるチビが食糞がありなかなかで・・・今だにたまにします^^;
    このくさい口でペロペロはさすがに勘弁してほしいと思ってしますよね。
    あえてフリーの時、即片づけずに観注意したりもしましたし、唐辛子などをふりかけてイヤな体験を企てた事もありましたが・・・100%にはまだ至っていません。
    観ていると、した後は他へ行くものの、あれまだあるの?としばらくじぃ~と見ているなぁと思わず吹き出しを想像するに、どうしようまだある・・・消そうなかぁ(=食べる)ダメだよね・・・でも気になるぅぅぅ って顔しています^^

    3.6kgの仔はキレイ好きなので、チッコ跡を踏むのもイヤなので食糞直後のチビが近寄るのもイヤな顔をします。

    イロイロです。

    一番のベストはしたら即慌てず冷静に淡々と片づける。普通に。表情も動き方もましてや目線を合わせるなんて事もせず淡々と。
    もっと大きくなったら食べてはダメな事を教えてもいいかもしれませんが、今はとにかく掃除で食べても怒らないに徹しましょう。
    トイレをトイレでしたら叱られると誤解するとそれこそ大変です。

    人の子もトイトレ期は失敗のあったりおねしょがあったり年単位で覚悟が必要です。
    ワンちゃんの方が基本的には短いですよ(うちのチビのように例外もありますけどネ)

    長文失礼いたしました。

    コメント: てーんきちさん(相談者)

    2020年03月27日

    ありがとうございます!とても参考になります!2度だけ飛び越えたことがあるんです!その時の驚いた顔がとても可愛かったです♪♪
    早速柵の高さを倍にしました。

    そうですよね、3歳の次男もまだ寝るときはオムツでした、、
    てんきちも赤ちゃんでしたね。すっかり忘れかけてしまい、コメントをいただき、「てんきちも産まれたばかりの可愛い可愛い赤ちゃんなんだ」と改めて気がつきました。本当にありがとうございます!

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社