トイ・プードルのしつけに関する相談

回答受付終了
2019年06月06日まで
困っています

困っています

相談番号 5,161 / view 597

さじょさん

回答数
3

私の母ですが一度飼っているトイプードルに噛まれて指が1本バイキンが入り手術で切ることになるほどの凶暴な犬です。今は落ちついてたのですが、今回トイプードルも糖尿病になり、毎日注射をしないといけなくなりました。
朝と夜の二回ですが、かなり凶暴なので噛み付いてきます。
毎日母がしてるのですが、母も病気であまり動けない状態です。
毎日噛まれるのでグローブをつけたりして頑張ってるのですが、毎日辛いと言ってました。
さらに、飼っている犬はトイレを絶対家でしない犬で外で必ずするそうで、散歩の前に注射をして行くそうですが、散歩の前に注射されるのをわかっているので行きたがりません。
ですが、一応つれてってるそうですが、本当に嫌がる日は散歩にいかないそうで、トイレができないので家で朝起きたらいっぱいおしっこがあるそうです。
どうすれば噛まないようになるのか。
注射のたびに凄いキレているのでどうしたらいいのか相談したいと思います。

そのトイプードルは、11歳です。
お願いします。

みんなが選んだグッドアンサー

Good
2

B..さん

2019年05月23日

初めまして^ ^
数年ドッグトレーナーとして働いていたものです。
噛むわんちゃんに毎日注射となると飼い主様の負担がかなり大きいですね…
そしてわんちゃん自身もかなりのストレスだと思います。

11歳という年齢からしつけという面では改善が難しそうですが、噛むという行動を出さないように回避する方法はあると思います。
まず注射→お散歩の毎日のルーティンを変えることは出来ますか?
毎日同じ流れで犬が次に起こることを予測するとその出来事にとても敏感になってしまいます。
注射は決まった時間に打たなければいけないと思うので、
お散歩のタイミングを変え、できればお散歩でなるべくエネルギーを発散させることで敏感になっている部分が少しゆるむと思います。
あとは注射のあとにわんちゃんが喜ぶことをしてあげるのとです。
糖尿病だと食べ物は限られてきてしまいますので、おもちゃなど好きなものを見つけてあげてください。

飼っているトイプードルの子は昔から攻撃的だったのでしょうか?
なにかきっかけがあれば解決の糸口が見つかるかもしれません。

コメント: さじょさん(相談者)

2019年05月24日

回答ありがとうございます。
母に伝えておきました。
みなさんが考えている以上に注射するため抱き抱えるど歯をむきだして今まで見たことないくらい怖いと思いました。
私も母と相談してみます

コメント: B..さん(回答者)

2019年05月26日

わたしも経験あるので噛まれることに恐怖を感じ触れるのをためらってしまうこともあると思いますが、注射の時だけわんちゃんの体に触れるということだけは避けた方がいいです。
触られた時点で注射と(嫌なことをされる)関連づけられてしまい噛むという行動を引き出してしまいます。
今はおそらくわんちゃんも飼い主さんもお互い警戒し合ってる関係なので、普段から穏やかに声をかけてあげて優しく撫でてあげるなどコミュニケーションを取るようにして関係性の修復を心がけたほうが良さそうですね!
実際の様子を見てはないのでお力になれるか分かりませんが、参考までに、、、

みんなの回答

  • のんべ~さん

    2019年05月24日

    Good
    1

    保護犬で虐待をされていた犬ですか!?
    仔犬から家族として暮らしていた犬ですか?

    マズルカバー(しつけ用口輪)を付け注射が良いと思います。
    マズルカバーを付ける時も2人で付ける様にいてはどうでしょう。
    手を変え品を変えてでしょうね!
    シリコンで出来た物など色々あるので探して下さい!
    トイレは90×60センチ位のサークルに入れ、シートを引き詰めて寝るしかないと思います。


    保護犬なら噛みつく事もあるが、仔犬から育てて噛み犬ですか!?
    しつけもしないで可愛いだけで育てた結果!
    もう11歳なのであと数年で虹の橋へ向かうのでは?

    コメント: さじょさん(相談者)

    2019年05月24日

    ペットショップにて飼ったトイプードルです。
    とくに叩いたりとかもしなかったので、お母さんは凄く可愛がっていましたが、いつのまにかわがままになってしまいました。
    回答ありがとうございます。

  • Lunapyonさん

    2019年05月24日

    Good
    0

    口輪---好きではないですが、この文面から受け取れるかぎりの状態では選択肢の一つでもいいと思います
    ただ 口輪→注射 と覚えますので同じ事とは思いますが

    トイレも注射のタイミングの先の方のおっしゃる案と同意見です
    まだまだ対策はできます

    嫌な事があれば噛もうとするのは犬の本能です
    でも反射行動で咄嗟にしてしまっても、手加減はできるし、そもそも寸止めできますよ

    何かがあったのかと思います
    ばい菌ウンヌンは、傷のケアが良くなかっただけのように思いますので犬を責めないでください

    お母さまがされているとの事
    あなたが同居しているのかは判りませんが、お近くもしくは同居されているのであれば手伝って2人がかりで行うべきかと思います

    本気でいやがるトイプーをご病気であまり動けないお母さまお一人で押さえられるものではありませんから

    コメント: さじょさん(相談者)

    2019年05月24日

    回答ありがとうございます。
    今母とは別で暮らしてるのでたまにしかいかないですが、注射をしているところをみてトイプードルが怖すぎて私はなにもできませんでした。
    私も手伝うよう努力します。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社