能登猫救出大作戦 決行中

キジトラの飼育方法に関する相談

回答受付終了
2024年05月06日まで
先住猫のストレスについて

先住猫のストレスについて

相談番号 7,765 / view 293

気弱なキジトラさん

回答数
2

キジトラ 2歳 オス のストレスについてご相談です。生後4ヵ月から一緒に暮らしています。

1ヶ月前に保護猫 アメショー メス 2歳を迎えました。先住猫は威嚇も全くしませんでしたが、迎えて4日目に嘔吐、食欲不振となったので、部屋を分けて生活させています。日に少しずつ(日に2時間程度)対面させて様子を見ていたのですが、3週間目には同じ部屋で寛ぐ姿も見られるようになりました。この間も先住猫の威嚇はありません。新入り猫の行動を監視している感はありました。
4週間目に入った先週から、先住猫がまた嘔吐、食欲不振で、ベッド下に隠れるようになってしまいました。新入り猫には会わせないようにしていますが、4日経っても状況が変わりません。
動物病院で検査してもらいましたが、異常は見られませんでした。

今後の飼育方法で悩んでいます。先住猫の回復を待って、再度ケージ越しの対面、数時間からの対面に戻すのが良いのか、日に2時間対面していたスタイルを変えない方が良いのか、それとも何か違った方法が良いのか。ご意見伺いたいです。
よろしくお願いします。

みんなが選んだグッドアンサー

Good
0

yy.kawagoeさん

2024年04月23日

こんにちは
先住猫さんは自分の領分への侵入者へのストレスで臆病になってしまっているようですね。新入りと仲良くなる方法は猫にとっても人にとって試行錯誤の部分があると思いますが、気になるところだけ列挙してみます。
○威嚇の有無を気にされていますが、この先住猫さんは外にださず内に悩みを溜め込むタイプのようです。威嚇しないことが受け入れのサインにはならないですね。
○対面の時間を調節されていますが、最終的に2匹が仲良く遊んだり並んでまったりするこちを想定されていますか?
 現在のご様子だと、先住猫が自分の生活を取り戻せるところをまず目指した方がいいかもしれませんね。後住猫さんの様子はわからないのですが。
○自分のトイレを侵入者に使われたりするのは大きなストレスなので、別々にできるように増やす。猫の数➕1がお勧めのようです。爪研ぎ、休憩所や食事場所も別に。
○ネコタワーや壁のステップは他の猫を気にしないで遊びや休憩に便利。
○対面はいきなり一緒にするのでなく、段階的に距離を縮める方法もあります。
しきりを介して2匹のお皿の距離を離しておいて、相手の気配だけ感じてご飯は食べられる状態から出発。
何日かかけてお皿の距離を縮めて猫が近づけるようになったら、しきりなしへ。

先住猫さんが自信と元気を取り戻すために、飼い主さんがしっかり遊んであげるのもいいかもしれません。
それぞれが自分の生活を確保したところで、飼い主さんとのおもちゃ遊びなどのきっかけで最終的には猫も仲良しになるかもしれませんね。
どれか一つでもご参考になれば幸いです。

みんなの回答

  • ふーもこさん

    2024年05月03日

    Good
    0

    初めまして、5月1日に大切にしていた六才のマンチカンが急性骨随性白血病でこの世をさりました
    去年の暮れに衰弱した野良猫を保護し、先住猫とは2月くらいから徐々に対面させていきました、うちの子は新入にたいして威嚇がひどく今まで聞いたことのないような鳴き声で怒っていましたので、相談者様の猫とはタイプが違うかもしれませんが、本来臆病な子でとても優しい子でした、それでも少しずつ会わせていくうちに一定の距離に近づかなければ威嚇もせず、じっーと観察したりふて寝したり我関せずと行った様子でほっとしていた矢先、だんだんクローゼットの奥に隠れるようになりご飯を全然食べなくなってしまいました。
    4月に病院を受診すると白血病でした、ウイルス性ではなく他の猫に感染はせず自分で発症する珍しいケースだと言われました
    お医者さんには原因はわからないから自分を責めないでくださいと
    言われました、今となってはわからずじまいですが、、、
    時間が経てば食欲もそのうち戻るだろうとストレスを甘く見ていたのだと思います。
    あの時野良猫を保護していなければ、対面をもっと慎重に進めていたら今もうちの子は元気でいられたんじゃないかと思うと悔やんでも悔やみきれません、後で後悔してももうどうにもなりません、どうか先住猫さんにストレスがかからないよう細心の注意を払ってあげてください

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる