全般のその他に関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
猫とお婆ちゃん

猫とお婆ちゃん

相談番号 7,732 / view 385

ウォルターオブライエンさん

回答数
2

家で猫を飼い始めてもうすぐ4年目になりそうですが、家族とお婆ちゃんと住んでおり
そのお婆ちゃんがよく忘れっぽいと言うか、外に出る時玄関のドアを閉めたり閉めるのを忘れたりして、その時に猫が外に出たりしてしまいます
でも毎日とかではないし出ても家の近くまでで済んでるのですが、お年寄りだから仕方ないと思いつつもついきつく当たってしまったりして申し訳なく思っています
中々接し方がわからないので、どうすればいいでしょうか?

相談者が選んだベストアンサー

Good
4

りりん♪さん

2024年02月15日

こんにちは。
お年寄りが忘れっぽいのは仕方ないことだと思います。
お婆さまへの接し方より、猫ちゃんへの環境を変えてあげられないでしょうか?
2階があれば、そこだけを猫ちゃんの居住スペースとしたり、広めの日当たりの良い部屋を与えるとかはいかがですか?
我が家にも忘れっぽい姑がおり、基本はそのようにしています。もちろん、猫の安全を確保できる時には1階にも行かせます。
ご参考までに。

コメント: ウォルターオブライエンさん(相談者)

2024年02月17日

素早い回答ありがとうございます!いつも2階で寝てたりするのでそういう風にしようと思います
一応お婆ちゃんも出て行くときは出られんよと言ってくれたりもします

みんなの回答

  • yy.kawagoeさん

    2024年02月16日

    Good
    1

    私も猫ちゃんの環境の見直しに賛成します。ドアの開閉による脱走防止としては、ドアまたはその手前に柵をつける方法があり、ホームセンターなどで入手できます。脱走防止は元々うっかりミスを前提にした二重の構えとして考慮されるものです。皆さんが安心して暮らせる方法を見つけられることをお祈りします。

    コメント: ウォルターオブライエンさん(相談者)

    2024年02月17日

    ありがとうございます!柵も検討してみようと思います

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する
  • 回答ランキング

    − 猫のその他編 −

  • 羽根井

    羽根井

注目の相談

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる