ベンガルのその他に関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
里親に出すべきが悩んでいます

里親に出すべきが悩んでいます

相談番号 7,685 / view 672

みこちこさん

回答数
2

現在、3歳になるベンガルを飼っています。
親の介護のため、今月半ばに猫と共に実家に帰る予定でしたが、直前になって、実家の先住猫が猫白血病ウイルスと猫エイズに感染しているかもしれないと言われました。
加えて外耳炎も患っているようで、しばらく我が家の猫を隔離することになりそうです。
ワクチンを打っているとはいえ、接触はするので、感染リスクがあると思うと心配です。

猫のためを思うと、このまま一緒に暮らしていたほうがいいのか、それとも病気のリスクを減らせるよう里親に出したほうがいいのか悩んでいます。
皆様のご意見をお聞きしたいです。

相談者が選んだベストアンサー

Good
0

potechさん

2023年12月07日

はじめまして。色々と大変な状況下で沢山の事を背負われる質問者様のご苦労をお察しいたします。

まずは一緒に生活する方向でのお話をさせていただきますが
質問者様のベンガルちゃんは、ご実家で生活しはじめても少しの間は隔離で、他の実家の子との接触は避けた方がいいと思います。広めの上下運動できる猫ケージ等で生活するか
先住の子らが、ベンガルちゃんのいる部屋に入って来れないようにして生活をはじめるのが良いと思います。
感染症の面でも、猫たちの関係性を築くのにも慣れるまでは必ず別で距離をとる事が大切かと思います( ¨̮ )

再来週よりもっと早く実家の猫ちゃんを検査しに行くのは難しそうですか??できれば、早めに検査して、結果がわかってから里親の件は考えても良いのではないかと思いました。

ちなみに、猫白血病は、5種ワクチン接種してなければ万が一実家の子が持ってたらうつります。3種混合ワクチンじゃ予防できません。
(それか3種混合しかうってなかった場合、追加で白血病単独のワクチンを打つ手もありますよ!( ¨̮ ))
猫エイズは、少し前までエイズのワクチンありましたが、今は需要がなく、製造されてないかもしれません( ; ; )
猫ちゃん同士が喧嘩しなければ、エイズはうつることはあまりないのですが、やはり心配ですししっかり検査はまず早めにして結果知っておいた方がいいかと思います( ›‹ )✩.*˚
何かしらの病気が見つかったとしても、
別室で生活する等の工夫で一緒に住む方法もあると思いますが、あまりに質問者様の負担になるようでしたら、里親の方向も検討してもいいかもしれないですね。
質問者様もご無理なさらず、ご自愛ください。

コメント: みこちこさん(相談者)

2023年12月08日

ありがとうございます。突然だったので少しパニックになっていました。

検査に関しては外耳炎の治療が優先のため、それが治り次第になるそうです。仕事や動物病院の予約状況から最短でも再来週になるとのことで、検査結果が分かるまで別室に隔離という形になります。

ワクチンは3種しか打っていなかったので、帰省前に単体ワクチンを打つよう病院を予約することにしました。

アドバイスありがとうございました。

コメント: みこちこさん(相談者)

2023年12月08日

-- このコメントは削除されました --

みんなの回答

  • yy.kawagoeさん

    2023年12月06日

    Good
    0

    お悩みお察しします。まず、先住猫さんは感染しているかもしれないとのことですが、動物病院で診断されたのでしょうか。病院であれば、感染している場合でも、他のペットへの感染のリスクの程度、予防するための方法など助言をもらえるのではないでしょうか。また獣医さんは何でも診てくれますが、実は専門があるようです。納得できる説明をしてもらえない場合は別の病院も訪ねてみることをお勧めしたいと思います。飼い主さんとペットさんにとって少しでもよい方法が見つかることをお祈りします。

    コメント: みこちこさん(相談者)

    2023年12月06日

    ありがとうございます。実際診察をしてもらったわけではないですが、元野良なので可能性が高いです。
    病院には再来週に検査してもらう予定らしいですが、実家に戻るのはその前になるので、不安です。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる