雑種のその他に関する相談

回答受付終了
2022年06月10日まで
警戒心の強い仔猫について

警戒心の強い仔猫について

相談番号 7,063 / view 478

necosukiJJさん

回答数
4

保護猫の譲渡で今月初めにウチに来た4ヶ月ぐらいの仔猫なのですが、涙が出るのとワクチン未接種状態での譲渡だったため病院に連れて行こうとしたところ、全力で暴れて噛まれてしまい、傷が酷かったため治療優先にして猫の病院は断念しました。
元々かなり怖がりで警戒心が非常に強いようなのですが、それ以降ますます警戒を強めてしまいました。

正直、あれほど暴れる猫を今後病院に連れて行くのにキャリーバッグ(洗濯ネット)に移すことはもちろん、爪切りも嫌がるため、触ることもできない状態では日頃のお手入れすらできる自信をなくしてしまっています。
大きくなったらなおさら手に負えなくなりそうで、まだ子猫の現状でも逃げて暴れまわる中で捕獲すること自体に怖さを感じてしまっており、何とかうまく捕獲できたとしても、その後また警戒して威嚇からを今後長い年月繰り返すかもしれないと考えると、気分が落ち込んでしまう状況です。

どうするのが一番いいのか、アドバイス有ればお伺いしたいです。

みんなが選んだグッドアンサー

Good
4

まさみぃ

2022年05月27日

大変でしたね、傷は大丈夫ですか?


今どのようにしてるのか書かれていないので分かりませんが、まだまだ大丈夫です。
できればケージに入れて、強制的に人と接しなければいけない状況を作る方が近道です。
運動不足を懸念されるかもですが、どのみち警戒心の強い子は遊んだりせずじっと何かの陰に隠れて出てこないです。
家庭内野良になってしまうと、更に2か月後不妊手術で病院に連れて行かなくてはいけない時にもっと大変になってしまいます。
ケージの中に入れて、ご飯とトイレ以外は手を出さず、お互いの存在に慣れてもらいましょう。

ここは安心できるところ、この人は大丈夫な人、と認識してもらえる日は来ます。

病院に行くということは、確かに何度やってもイヤなことでしかなく、その都度警戒されるとは思います。
が、今は信頼関係ができてない状態での警戒。
信頼関係ができてからだと、そこまで長引いたりすることはないと思いますよ。

うちも毎回病院に行くたびみんなキャリーで大合唱だし、帰ってきたら不機嫌ですけど、ごめんねちゅーるで仲直りですww

爪切りができない、というのはよくあります。
病院で定期的にしてもらってもいいし、コツが分かれば洗濯ネットでできますし。
うちは洗濯ネットを一蹴りで破ってしまう子がいるので、寝てる隙に2本ずつくらい1週間かけて切りますww

最初が大変だと仲良くなれる気がしない、と思われてるのでしょうね。
所詮相手は子猫です、今のままが続くわけではなくそれなりに慣れてくれますよ。

まずはイヤなことは済ませましょう。
それから信頼関係を築いていけばいいので。

ハードタイプの横開きキャリーをお持ちであれば、それを開けて置いておいてください。
捕獲の際、それに逃げ込めるようにして。
手で抱き上げてというのは慣れてる子でないと難しいです。

個人で保護活動してますが、びょんびょん飛んで逃げる子を毎度捕まえてワクチン等行ってます。
そのせいで慣れない、ということはありません。

心折れずに頑張ってみてください。

コメント: necosukiJJさん(相談者)

2022年05月28日

ご丁寧な回答、ありがとうございます。

ウチに来たときからケージで、1週間ほどして部屋を探検させたりしはじめていたのですが、病院断念の一件からは今のところケージにいてもらっています。

ひとまず、洗濯ネットとキャリーバッグに入れられるようになれるよう頑張ります。

信頼関係がゆくゆく強まることを楽しみにして、うまく付き合っていければと思います。

保護活動されているんですね。
自分が今こういう状況になり、ますます保護活動されている方々は凄いなと実感しています。

コメント: まさみぃ(回答者)

2022年05月30日

我が家には7か月でうちに来たとき、超ビビリで絶対触らせてくれなかったメスがいます。
変化が見られだしたのは、1年半経ったころですね。

ご飯の時以外絶対寄ってこなくて、手を出すとするっと逃げてしまってしっぽ以外ほとんど触れなかったような子でした。

ワクチンの時は横開きキャリーに追い詰めて逃げ込んだところを閉めて連れて行きました。
爪切りもできないので、ワクチンの時にここぞとばかりにやりましたね。

丸2年経過した今、超絶人懐こい子になりましたよ。
来客などはダメですけど、眠い時やご飯の時、甘えたい時など、グルグルすり寄って来てちょっとなら抱っこもできます。

その間、手術も連れて行きましたしワクチンも行ったし、保護っ子から寄生虫が見つかった時は往診してもらって無理やり駆虫剤飲ませたし、嫌なこといっぱいしました。
が、そんなことくらいで信頼関係は揺るぎませんよ。
直後は「イヤなことされた!!」とシャーシャー言いますけど、翌日はケロっとしてご飯!ご飯!と寄ってきます。

慣れるまで2年w我が家では今のところ最長記録ですww

みんなの回答

  • 灰色の猫さん

    2022年05月27日

    Good
    3

    今ペットブームで、それも可愛い子猫に癒されることを夢見て子猫や、また他の小動物を飼う方がどんどん増えています。

    でも、こちらのご相談コーナーを見て思うことは、動物のことがわからない、動物と仲良くなれない、動物を飼うのに向いていない・・・という方が本当に多いと感じます。
    私は「動物オンチ」と呼んでいます。歌がとっても好きだけど、下手な人がいますよね、上手に歌えないんです・・・
    努力でうまくなれるならいいけれど、歌の歌い方がわかってないとやっぱりダメです。

    ご質問の内容から、

    「大きくなったらなおさら手に負えなくなりそうで、まだ子猫の現状でも逃げて暴れまわる中で捕獲すること自体に怖さを感じてしまっており、何とかうまく捕獲できたとしても、その後また警戒して威嚇からを今後長い年月繰り返すかもしれないと考えると、気分が落ち込んでしまう状況です」

    とのことですから、飼うのはやめた方がいいと私は思います。
    まだ4ヶ月とのことですから、他に里親さんがみつかる可能性は大ですので、今からその子のためにも、もっと本気で親身になって、「絶対に私がこの子を何とかするんだ!」と思われる動物好きの方に譲渡された方がいいと思います。
    先は10年15年20年と長いですから。

    猫の4ヶ月とかって、人間の3~4歳程度ですよ。
    また、ニャンちゃんは保護猫とのことですから、外で動物嫌いの人間にイヤな事されたりして、今、人間が嫌いになっているんでしょうし、自己保身として当然です。

    このような事を書くと、「質問者の方が悩んで質問しているのに批判ばかりして質問者のためにならない」と逆批判する方がいらっしゃるのですが、やっぱり私は人間のために動物がいるとは思えませんし、動物の事を本気で考える人間にその子がもらわれていった方が、人間のためでなく動物のためになると思うのでこのような回答をさせていただきました。

    コメント: necosukiJJさん(相談者)

    2022年05月28日

    回答ありがとうございます。

    そうですね、元は野良で保護された子なので警戒心が強いのは事情もあるかもしれないし、猫もそれぞれで怖がりも個性だとは思います。

    近々、キャリーバッグに入れるコツなどを改めて保護主さんに教えていただくことになりましたが、この子を飼うことそのものについてもしっかり考えてみます。

    コメント: 灰色の猫さん(回答者)

    2022年05月29日

    -- このコメントは削除されました --

    コメント: 灰色の猫さん(回答者)

    2022年05月29日

    「猫もそれぞれで怖がりも個性だと・・・」
    とか、初めから感じていましたが、自分は悪くない、この猫が悪いと言わんばかりの文章です。

    あなたは何らの理由でその子を自分ちの子に選んだのでしょうが、そのニャンちゃんはあなたを飼い主として選んでいない事をお忘れなく。

  • 羽根井さん

    2022年05月27日

    Good
    3

    いずれは態度が軟化し慣れてくるのでそんなに心配しなくて大丈夫です。
    まさみぃ様がおっしゃるように最初はケージの方が捕まえやすいですし、慣れやすいですよ。
    ケージに抵抗があるなら一部屋を猫に提供するのも良いです。
    うちは野良猫を迎えてナデナデ好きになるまでに2年ほどかかりましたが、2年ずっと最初の頃のままではなくスリスリしてくれるようになったり、挨拶が出来るようになったり少しずつ距離が縮まっていきました。
    全くの別猫のようになるので最初の頃が懐かしくなるときもあります。
    今のその子との生活に少しの楽しみを見つけて過ごすと落ち込むことも少なくなりますよ。
    まだまだ子猫なのでうちの子よりは早く仲良くなれるのではないかと思いますので、猫に負の感情が伝わらないように落ち込むのはやめて淡々と世話をしてやるべきことはやるスタンスの方が良いですよ。

    コメント: necosukiJJさん(相談者)

    2022年05月28日

    回答ありがとうございます。

    おっしゃる通り、負の感情は猫にも伝わるでしょうから、淡々とできるお世話を続けて、ちょっとした楽しみを見つけて増やしていきたいと思います。

    距離が縮まる日を楽しみにしながら、頑張ります。

  • 芝生ふさふささん

    2022年05月27日

    Good
    4

    「病院に行こうとした時」ということなので、つまり普段の生活の中ではそこまで暴れる子ではないということですよね。

    でしたら、診療に関しては往診をしている獣医さんにお願いするのはどうでしょうか。
    単にキャリーや車が苦手なだけなら多分往診で解決すると思います。
    ただ、この場合もピンポンが鳴るとどこかに隠れてしまうので、できればケージを買っておくと良いかなと。
    キャリーはダメでもケージに数時間程度なら入ってくれる子は多いです。

    そちらの地域にも往診できる獣医さんがいるかはわからないのですが、私が住んでいる地域には往診専門の獣医さんがおられます。
    ワクチン接種や点滴など大掛かりな機器が必要ではない治療をかなり幅広くお願いできました。
    私の場合は老猫の晩年に、車に乗せるとけいれんを起こすようになってしまったためにお願いしたのですが、膀胱炎や目の治療などをしていただきました。

    治療費に加えて往診料もかかるので少し割高ですが、そのうち家の環境に慣れてくればキャリーに入ってくれるようになるんじゃないかなとも思いますし。

    猫さんとの関係についてですが、何か月か一緒にいれば必ずお互いの距離感がつかめてきます。
    ごはんをきちんとあげれていれば、少なくとも「この人はごはんくれる人だ!」と思ってもらえるから、威嚇もおさまりますよ。そのうち。

    共に暮らせる自信を失いかけてしまうのは、私も新しい猫を迎えるたびにいつも思います。
    私は譲渡会ではなく偶然庭などで保護した子ばかりなのですが、いつも偶然だから常に突然新生活が始まるんですね。
    何の準備もないから大変です。
    かと言って放っておけないですし。
    だからお気持ちはわかりますよ。
    私も最初は大変でした。
    だって猫ってみんな個性的で、みんな行動パターンが違うんですよね(笑)
    前の子がこうだったから次もこうだろう…は通じないことが多い…
    それが可愛いところでもあるんですが。

    きっと良い思い出になりますよ。
    私も、10年以上前に亡くなった子ですが、その子につけられたひっかき傷がまだ腕に残ってて見るたびに思い出しますよ(笑)

    とりあえず今は、猫さんと触れ合う時は長袖長ズボン+軍手をつけるといいんじゃないかなと。
    傷のほうお大事にしてください。

    コメント: 芝生ふさふささん(回答者)

    2022年05月28日

    追記失礼します。
    >大きくなったらなおさら手に負えなくなりそうで

    とのことですが、私が今育てている子猫も、昨年生後1か月弱で保護した時は噛み癖がすごくて、大人になったら手を食いちぎられるんじゃないかと不安になったことがあるんですが
    猫とは大変賢いもので、徐々に手加減を覚えていきます。
    今も噛み癖はなおりきってはいないんですが、ケガするかしないかギリギリの加減で噛むようになりましたよ。
    子猫時代は私の手はいつもズタボロで大変でしたが、今は噛まれはするけど大したことないです。

    きっと大丈夫です。
    気長に構えてあげてください。
    (と、私もオロオロして相談するとそう言っていただいて安心できたので、その言葉を今度は私のほうから贈らせてください)

    コメント: necosukiJJさん(相談者)

    2022年05月28日

    回答ありがとうございます。

    怖がった顔をすると可哀想に思えてしまいますが、避妊手術もしないといけないのでひとまずは私が連れて行けるようにならないととは思っています。
    でも、簡単な治療などなら往診の獣医さんという方法もあるんですね、探してみます。

    今の距離感の遠さがいい思い出になる日が来るのを楽しみにしながら軍手と長袖長ズボンで頑張ります。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる